名古屋・駅徒歩30分・ボロアパート「全員退去…」60歳の辛苦 (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は株式会社財産ドック著『税理士が教えてくれない不動産オーナーの相続対策』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再構成したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますので、予めご了承ください。

資産総額2億円。納税資金には困らないものの…

【ケース】Hさん・60歳

 

Hさんから「自分の場合の相続税をシミュレーションしてほしい」と相談を受けました。Hさんの資産総額は2億円ほどありましたが、諸々の控除をすることで最終的な相続税は数百万円程度と試算できました。

 

結果を伝えると、そこまでの高額でもないし、納税資金に困ることはないとの返答でした。ただ、ある土地について悩んでいるということを話してくれたのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

Hさんは名古屋市内に大きな土地を2カ所、道路を挟んで所有していました。一方には自宅と古いアパートが立っており、もう一方は月極駐車場です。両方で500坪くらいありましたが、特に後者の土地は広く、細長い形状をしていました。

 

Hさんとしては、アパートが老朽化し入居者も少なくなってきていることから、今いる入居者に出ていってもらって別の活用をしたいと考えていました。アパートの立地は最寄り駅まで徒歩で30分。周囲には倉庫などがたくさんあるような準工業地帯で、住宅もまばらという土地柄です。

 

新たな土地活用のアイデアとして、誰もが考えつくのはアパートをいくつか新築することでしょう。付き合いのある銀行の営業マンや建築業者からも、先日そのような提案があったとのことでした。しかし、これはリスクが高く、最適の方法とは思えませんでした。

 

駅からのアクセスが悪いため、入居者を安定的に確保することは難しいと思われたことや、アパートを新築するための投資額が億単位と大きくなることなどが主な理由でした。弊社としてはお勧めできないということを、その理由を含めてお話しすると、Hさんも「自分もそう思っていた」と同意してくれました。

 

そのうちに、Hさんの土地にドラッグストアを出店したいという業者が現れました。

貸地・借地・有効利用等の不動産に絡む相続対策に強みをもつ専門家集団。北海道から九州まで全国52 拠点の相談センターを展開する。税理士・弁護士・司法書士・測量士などの専門家集団によるチームコンサルティングで、不動産が絡む問題をワンストップで解決。税金対策にとどまらない不動産の特性を考慮した対策で、さまざまな不動産にかかわる問題を解決に導く。人間ドックと同じように財産も年に一度は健康診断が必要とのコンセプトから、地域の人たちの財産を守るためのアドバイスを行っている。(写真は代表の加藤豊氏)

財産ドック公式サイト https://www.zaisandoc.jp

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

税理士が教えてくれない不動産オーナーの相続対策

税理士が教えてくれない不動産オーナーの相続対策

株式会社財産ドック

幻冬舎メディアコンサルティング

今、相続税対策が活況を呈しています。平成27年の相続税改正によって相続税が増税され、多くの人が相続税対策に注目し、相続問題を税理士や弁護士などに相談することは、今や常識にもなっています。< しかし、土地や建物など…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧