米ドル/円の「下放れ」は、今度こそ本物?それともダマシ!?

先週の米ドル/円は、一時104円割れ寸前まで急落となりました。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、「長期保ち合いブレーク」が影響していると述べています。今回は、今後の米ドル/円や、8月の為替の行方を考える上で注目すべきポイントをご紹介します。

「8/3~8/9のFX投資戦略」のポイント 

【ポイント】

・先週の米ドル/円は一時104円割れ寸前まで急落。やはり、長期三角保ち合いブレークの影響は大きかった可能性。

 

・ただ、この間米ドル安を主導してきたユーロ/米ドルはそろそろ反動が入りそう。米ドル/円もそれに連れて、保ち合いの下放れが「ダマシ」になるかが注目点。

 

保ち合いの下放れは「ダマシ」なのか…
チャートのブレークは「ダマシ」に終わるのか…

保ち合いブレーク後のパターン通り=先週

先週の米ドル/円は、一時104円割れ寸前まで一段安となりました(図表1参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2020年5月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

先々週、米ドル/円は106円を下回り、2015年から続いてきた長期三角保ち合いを「下放れ」したようになっていました(図表2参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX
【図表2】米ドル/円の月足チャート(2015年~) 出所:マネックストレーダーFX

 

このように、長期三角保ち合いをブレークしたケースは、今回の米ドル安方向だけでなく、米ドル高方向も含めて、今年これまで何度かありましたが、いずれもブレークした方向に一段と大きく動くところとなりました。以上から見ると、先週の米ドル/円急落も、今回も長期保ち合いブレークによる影響がやはり大きかったのではないでしょうか。

 

これまでの保ち合いブレークは、短期的に行き詰り、いわゆる「ダマシ」を繰り返してきました。今回もチャートのブレークも、直後のこのような活発な値動きの割には「ダマシ」に終わり、106円を回復し、保ち合い内に戻ってしまうのでしょうか。それとも、いよいよ100円割れといった米ドル一段安に向かうのでしょうか。

米ドル安リードしたユーロ/米ドルなどに調整の機運

先週金曜日、一気に104円割れ寸前まで急落した米ドル/円でしたが、その後一転して、一時106円まで急反発となりました。月末要因の米ドル買いの影響などが指摘されましたが、もう一つ、米ドル下落をリードした形となっていたユーロ/米ドルが急反落(米ドル高)となったことも影響しているのではないでしょうか。

 

6月末には1.12米ドル台だったユーロ/米ドルは、7月末には一時1.19米ドルまで一段高(米ドル一段安)となりました。こういったなか、CFTC統計の投機筋のユーロ・ポジションは、確認できる限りで、これまでの最高の買い越しとなりました(図表3参照)。

 

経験的には、ユーロの「買われ過ぎ」懸念が強くなっています。
 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
【図表3】CFTC統計の投機筋のユーロ・ポジション(2017年~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

また、ユーロ/米ドルの週足チャートは、先週までに6週連続陽線となりました(図表4参照)。以上から、米ドル安をリードした形となっていたユーロ高・米ドル安の動きがそろそろ一段落し、反動が入る可能性が注目されます。仮に、対ユーロで米ドル反発となった場合、それに米ドル/円も連れる可能性に注意すべきです。

 

出所:マネックストレーダーFX
【図表4】ユーロ/米ドルの週足チャート(2019年4月~) 出所:マネックストレーダーFX

米ドル/円と「米国株」の関係に注目!

最後に、株との関係について述べてみたいと思います。米ドル/円は、先週こそ急落したものの、過去一年ほどは、日米金利差では説明できない高水準での推移となってきました(図表5参照)。これは、「金利差をほとんど無視した米国株投資」が一因だった可能性がありそうです。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
【図表5】米ドル/円と日米金利差 (2019年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

米ドル/円と日米金利差のかい離が拡大したのは、昨年後半でした。金利差の割に下がらない米ドル/円を、その後しばらく説明できたのは、NYダウなど米国株でした(図表6参照)。いわゆるGAFAに代表される米グロース株人気に伴う米国株投資が、金利差からかい離した米ドル/円の上昇を支えたのです。

 

金利差からかい離した米ドル高は、対円だけの現象ではありませんでした。すでに述べたように、ユーロ/米ドルなどは最近にかけて大きくユーロ高・米ドル安が進み、金利差とのかい離が是正されてきました。「金利差とは無関係のGAFA人気」を受けた、米ドル買いの変化が一因だといえます。

 

ただ、そのなかで、ほとんど米ドル/円だけが金利差からかい離した米ドル高水準が続きました。先週にかけての米ドル/円急落は、「金利差からかい離したほとんど最後の米ドル高」是正の始まりといった見方もできます。それが米国株にどう影響するかは、8月の為替の行方を考える上でも注目されるのではないでしょうか。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
【図表6】米ドル/円とNYダウ (2019年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

 

吉田 恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧