月次データを読み解く~新型コロナで飲食店の二極化が進む公算

帝国データバンクから、外食事業を展開する上場企業66社の月次データをまとめ、分析を加えた興味深いレポートが公表されています。新型コロナウイルスで外食チェーンはどこでも厳しいと思いがちですが、健闘しているところもあるようです。どのような店舗でしょうか。

居酒屋業態やインバウンドを取り込んでいた業態が苦戦

新型コロナウイルスの感染拡大で、外食産業の事業環境に変化がみられます。

 

帝国データバンクではこのほど、外食事業を展開している上場企業(または上場グループ中核企業)のうち、ホームページなどで月次売上高をリリースしている66社について、2月分の既存店実績と全店実績を集計し、レポートを公表しています。

 

居酒屋は新型コロナウイルスの影響で、厳しい事業環境になっている。
居酒屋は新型コロナウイルスの影響で、厳しい事業環境になっている。

 

集計対象66社のうち、2月分の既存店実績が前年同月を上回ったのは 31社(同47.0%)となり、一方で下回ったのは35社(構成比53.0%)と過半数を超えました。全店実績では、前年同月を上回ったのは45社(同68.2%)、下回ったのは 21社(同31.8%)となりました[図表1]。

 

【出典】帝国データバンク
[図表1]外食事業を展開している上場企業の2月分の既存店実績
【出典】帝国データバンク

 

帝国データバンクでは、同じ外食事業のなかでも、居酒屋業態やインバウンドを取り込んでいた業態が苦戦する一方、ファミリー層向けやテイクアウトが可能な業態は、前年同月の実績を上回る傾向があるようだと分析しています[図表2]。

 

外食事業を展開している上場企業の2月分の全店実績 【出典】帝国データバンク
[図表2]外食事業を展開している上場企業の2月分の全店実績
【出典】帝国データバンク

 

なお、今年の2月はうるう年で前年よりも営業日数が1日多かったほか、天皇誕生日や日取りの関係で前年よりも土日祝日の合計日数が2日多かったため、前年同月よりも高めの数値が出ています。それでも、35社は既存店が前年同月を下回っており、新型コロナウイルスの影響は大きかったといえるでしょう。

3月以降は月次データが悪化する企業が増える可能性

このように、2月は意外にも既存店ベースで47.0%が前年実績を上回っていますが、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が本格化したのは3月に入ってからです。つまり、3月分や4月分のデータは、前年同月の実績を下回る企業がさらに増加することが予想されます。

 

一段と厳しい状況に追い込まれそうなのは、やはり居酒屋業態でしょう。夜間に外食する人が少なくなっており、新宿や渋谷のような繁華街では、目に見えて夜の時間帯に人通りが減っています。

 

居酒屋チェーンの中には、運営する店舗を臨時に休業するところも出てきました。鳥貴族と串カツ田中は4月2日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛要請などを受け、直営店全店を4日から12日まで臨時休業すると発表しています。

 

また、東京都の小池百合子知事は3月30日、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している。ナイトクラブやバーなどへの入店を当面、控えてほしい」と発言しました。複数の報道では、歌舞伎町で働く人に感染者が増えているとのことです。歌舞伎町だけでなく、銀座や六本木のナイトクラブやバーでは、やはり臨時に休業するところが増えています。

 

もともと、昨年秋の消費税増税時に「テイクアウトは8%(軽減税率適用)、イートインは10%(軽減税率不適用)」とされ、店内飲食を主力とする企業には逆風が吹いていました。それが新型コロナの影響で、逆風が暴風となっている印象です。

 

反対に、テイクアウトや宅配を展開するところは追い風となっています。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と書かれた黒いバッグ(リュック)の配達員を、東京都内では至る所で見かけます。その数は日に日に増えている印象です。こちらはむしろ、新型コロナによる騒動が大きくなるほど、業績を伸ばすと予測されます。

 

飲食を営む会社の中で、二極化はさらに進みそうです。

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載投資初心者でもわかる金融マーケットや経済の話

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧