ローカル感がスゴイ「東急世田谷線」…住む人を選ぶマニア路線

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえるだろう。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 今回取り上げるのは、東急世田谷線。

世田谷の閑静な住宅地を走る「東急世田谷線」

東京・世田谷の「三軒茶屋」と「下高井戸」を結ぶ東急世田谷線。路線距離はわずか5.0kmで、駅間の距離はすべて1km未満という短さである。都電荒川線(東京さくらトラム)とともに、東京に残る軌道線(一般道路上に敷設したレール上を走る電車)であるが、実際は、全線、専用軌道を走る。

 

その歴史は、さかのぼること1925年。玉川電気鉄道(1938年に東京横浜電鉄、現在の東急に合併)が、玉川線(「渋谷」~「二子玉川」)の支線として「三軒茶屋」~「世田谷駅」を開業させたのがはじまり。同年、「下高井戸」まで延伸し、全線開業した。1969年、国道246号下の地下鉄(現在の東急田園都市線の一部区間)建設計画等により玉川線は廃止されたが、全区間を専用軌道であり、道路交通の状況から代替交通の整備も難しかった世田谷線は廃止を免れ、今日に至る。

 

この路線を走るのは2両編成の電車で、全区間均一運賃の前払い制。「三軒茶屋」「上町(三軒茶屋方面のみ)」「下高井戸」から乗車する場合は駅の運賃箱、その他の駅は無人駅なので、車内にある運賃箱で精算を行う。

 

また世田谷線の名物といえば、環七通りと交差する「西太子堂」駅と「若林駅」の間にある「若林踏切」。電車が来ても環七の自動車交通を止めることはなく、信号が変わるまで電車が待たされるという、世田谷線ならではの光景を見ることができる。

 

若林踏切付近
若林踏切付近

 

そんなローカル感満載の世田谷線沿線の住み心地はどうだろうか。20~30代の一人暮らしの会社員が賃貸マンションに住むことを想定し、沿線の街をみていこう。

 

東急世田谷線は、「三軒茶屋」で東急田園都市線に、「山下」で小田急小田原線に、「下高井戸」で京王線に接続する。これらの乗換駅を利用し、「渋谷」や「新宿」にアクセスする。そこでまず平日通勤時間帯の「渋谷」と「新宿」への所要時間を見てみよう(図表1)

 

平日8時に駅を出発とした際、「渋谷」にアクセスするには、「三軒茶屋」~「宮の坂」間は「三軒茶屋」で東急田園都市線に乗り換え、「山下」~「下高井戸」間は「下高井戸」で京王線に乗り換え、「明大前」でさらに京王井の頭線に乗り換える方法が最も早い。

 

また「新宿」にアクセスするには、「下高井戸」「松原」は「下高井戸」乗換えの京王線利用、「山下」~「若林」間は「山下」乗換えの小田急小田原線利用、「西太子堂」「三軒茶屋」は「三軒茶屋」で東急田園都市線に「渋谷」でJR山手線に乗り換える方法が最も早かった。

 

次に各駅の平均家賃(駅から徒歩10分圏内/1K~1DK)を見ていこう(図表1)。世田谷の閑静な住宅地を走るため、条件内の立地では賃貸物件が少ない駅が散見された(平均家賃を示すには物件数が不十分な駅は、図表1でグレー地にしている)。

 

家賃相場の高い東急田園都市線沿線でもあり「渋谷」から2駅というロケーションの「三軒茶屋」は8.91万円と、平均家賃は高め。途中駅はおおむね6万~7万円台という駅が多く、「下高井戸」は6.33万円とリーズナブルだ。

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均給与/月は、20~24歳で23.01万円、25~29歳で26.01万円、30~34歳で29.34万円、35~39歳で32.22万円となっている。企業規模によって平均給与は異なるが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額は、20代であれば18~20万円、30代で22~24万円程度と考えられる。また、手取り月収の1/3以内を適正家賃と考えると、20代会社員の適正家賃は6万~6.7万円、30代会社員の適正家賃は7.4万~8.1万円となる。

 

これをもとに各駅の平均家賃を見ていくと、20代会社員であれば「下高井戸」よりの駅が対象となり、30代の会社員であれば「三軒茶屋」を除いた駅が適正家賃内となる。

 

世田谷線単体ではターミナル駅にダイレクトにアクセスできないが、乗り換えを活用すればどの駅からも30分前後で「渋谷」や「新宿」にアクセスできる。「できるだけ乗り換えなしで通勤したい」というこだわりがなければ、都心勤務の会社員にとって、居住を検討できる路線なのではないだろうか。

 

出所:平均家賃、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(3月16日時点)、各駅より徒歩10分圏内の物件を対象とする。物件数が少ない駅は数値に()をつけて表記。今回の調査期間内で対象物件がほぼない駅はーと表記している *1「三軒茶屋」乗換え東急田園都市線、「渋谷」乗換えJR山手線利用の場合 *2「山下」乗換え、「豪徳寺」より小田急小田原線利用の場合 *3「下高井戸」乗換え京王線、「明大前」乗換え京王井の頭線利用の場合
[図表1]東急世田谷線各駅の「新宿」「渋谷」までの所要時間と、駅周辺の平均家賃 出所:平均家賃、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(3月16日時点)、各駅より徒歩10分圏内の物件を対象とする。物件数が少ない駅は数値に()をつけて表記。今回の調査期間内で対象物件がほぼない駅はーと表記している
*1「三軒茶屋」乗換え東急田園都市線、「渋谷」乗換えJR山手線利用の場合
*2「山下」乗換え、「豪徳寺」より小田急小田原線利用の場合
*3「下高井戸」乗換え京王線、「明大前」乗換え京王井の頭線利用の場合

「ローカルな生活」を楽しめる人に適した路線

平日通勤時間帯の所要時間と各駅の平均家賃を見てきたが、 実際の暮らしはどうなるのであろうか。それぞれ見ていこう。

 

■三軒茶屋~宮の坂

「三軒茶屋」~「下高井戸」を平日日中時間帯、16分程度で結ぶ東急世田谷線。「三軒茶屋」はその起点となる駅で、東急田園都市線とも接続する。世田谷線の駅は、三軒茶屋の再開発で誕生した三軒茶屋のシンボル「キャロットタワー」内にある。駅の周辺には複数の商店街、大型スーパーがあるほか、多彩な飲食店が集積。世田谷区内でも賑やかなエリアで、生活利便性も高い。

 

東急世田谷線「三軒茶屋」駅付近
東急世田谷線「三軒茶屋」駅付近

 

「若林」駅には「若林中央商店会」、「松陰神社前」駅には「松陰神社通り松栄会商店街」、「上町」駅前には「上町銀座会」と、それぞれの駅前には商店街が形成され、地元ならではの店が点在。チェーン店はコンビニくらいしかないので、個店を積極的に使いなしていきたい。

 

そのようななか、沿線では比較的規模の大きな商店街を形成しているのが「世田谷」駅。100店以上で構成される「世田谷駅前商店街」には地元の個店のほか、深夜までやっているスーパーもあり、一人暮らしには便利なエリアだ。

 

■「上町」~「山下」

「三軒茶屋」から10分前後のエリア。「山下」は小田急小田原線の「豪徳寺」に接続するほか、「渋谷」に出るなら「下高井戸」経由のほうが早い場合が多い。駅周辺には「山下商店街」「豪徳寺商店街」が形成され、最寄り品は駅前でほぼ揃えることができる。

 

また世田谷線最大の見どころといえるのがこのエリア。豪徳寺は招き猫発祥の地といわれ、世田谷線でも「招き猫電車」が走っている。

 

招き猫電車
招き猫電車

 

■「松原」「下高井戸」

東急世田谷線の終点となるエリア。「下高井戸」は京王線と接続し、新宿方面へ1駅の「明大前」で京王井の頭線を利用すれば「渋谷」「吉祥寺」にもアクセスが容易。駅前には「下高井戸商店街」が形成され、昭和の薫りを色濃く残す「下高井戸市場」は、生鮮食品や総菜が手に入る地元でも人気のスポット。また「下高井戸シネマ」は、都内でも数が少なくなった旧作を中心に上映する名画座で、コアな映画ファンが集うことで知られている。

 

東急世田谷線は世田谷の閑静な住宅街を走る、地元住民のための生活路線だ。そのため、沿線には有名なスポットは少なめだ。しかし各駅前には地元に根差した商店街が形成され、住民の生活を支えている。

 

地域との関りはほどほどに、という人であれば、もっと交通利便性のいいところをおすすめする。しかし1人暮らしでも地域との絆を存分に楽しみたいという嗜好の人であれば、東急世田谷線は絶好の路線だといえるだろう。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!