「それなら、頑張ってみます」部下を前向きにさせる質問とは?

部下に目的意識をもたせるには、「自分が将来どうなりたいのか」をイメージさせることが大切です。元インテル株式会社(日本法人)執行役員・板越正彦氏の書籍『部下が自分で考えて動き出す 上司のすごいひと言』(かんき出版)より一部を抜粋し、「部下の本音を引き出す」質問術を紹介します。

本音や本心を表に出さないタイプの部下、田中君

【本記事のモデルケース】上司が手を焼く部下:田中君

入社3年目、20代後半の営業マン(法人営業)。仕事をキッチリこなし、上司の指示もきちんと聞く、どこの職場にもいるマジメなタイプ。ただ、与えられた以上の仕事を、自分で考えて行動することはない。プライベートを重視するタイプで、社会貢献に熱心。

能力が高いため、上司はより一層の成長を期待しているが、上司や先輩がちょっと厳しくしかるだけで、「そういうのは僕、苦手なんです」と全力で逃げてしまう。

 

◆部下の本音を引き出す

 

上司と部下は立場が違うため、どうしても目に見えない壁があります。部下の本音や本心を聞き出すのは簡単ではありませんが、質問&リスニングをしているうちに、ポロッと本音がこぼれることもあります。それはワクワクポイントを知るためのチャンス。本音で出てきた不満や要望にこそ、部下が自分で成長できるカギが隠れています。

「気が緩んでいるとき」に本音が出る

【シーン7】隠している本音を引き出すためのひと言「不安に思うこととかあるかな?」

 

上司これで面談は終わりだけれど、何か不安に思うこととかあるかな?①

 

部下「もし目標の数値を達成しなかったら、どうなるんですか?」

 

上司「大事な疑問だね。目標を達成できなかった場合の最大のリスクは何だろう?」

 

部下「やっぱり、給料がダウンするんじゃないかってことです」

 

上司「確かに、給料が下がったら生活に困るからね。ただ、私としては、田中君が成長するためにチャレンジしてほしいと思う。達成できなくても、私が責任は取るよ。それならどうかな?②

 

部下「それなら、頑張ってみます」

 

上司もし、うまくいかないことがあったら、すぐに報告してほしい。一緒に解決策を考えよう③

 

部下「ハイ、わかりました」

 

① 気が緩んでいるときに投げかける

 

面談のしめくくりで、「何か質問はあるかな?」と尋ねる上司は多いでしょう。その問いかけ方だと、質問がない人は「別にありません」と答えるしかありません。

 

私は「何か不安なことはある?」「何か言いにくい(言えない)ことはあるかな?」と尋ねていました。それも面談の最後のほうで。そうすると、部下も面談が終わったと気が緩んでいるので、本音がポロッと出ることが多かったのです。かつての人気ドラマ「刑事コロンボ」で主人公がよく使った手法ですね。面談ではない場でも、一通り会話をしてから最後にこの質問を投げかけると、「実は……」と部下も本音を打ち明けやすくなります。

 

なお、この問いかけは、本人が課題を「自分ごと」化しているかどうかの確認の意味もあります。課題を自分ごととして考えているから、不安が生まれるのです。

 

② 自分の言葉で目標を宣言してもらう

 

人は自分で決めたことには能動的に取り組むようになるので、ワクワクエンジンがかかりやすくなります。そのため、自分の言葉で「やります」「できます」と約束してもらうのが大事なのです。

 

目標を宣言してもらうには、「それならできるかな?」といった、イエス・ノーで答えるクローズドクエスチョンを投げかけます。必ずしもイエスばかりではなく、ノーと返されるケースもありますが、その場合も何に不満や不安を感じているのか聞き出せば、最終的に双方が納得する結論が出ます。

 

③ 自分がサポートすると伝える

 

部下が行動すると決めたときは、自分は常に見守っているとわかってもらえる言葉を伝えます。とくに若い世代は自己肯定感が低い人が多いので、「大丈夫だよ」と安心させるために、積極的に伝えましょう。

 

 質問&リスニングの効果

 

田中君のように自己肯定感が低い部下の場合、不安や疑問点があっても、「何か起きたときに言えばいいか」と伝えるのをやめてしまいがちです。そして、問題が大きくなったときに「実は……」と切り出すのがよくあるパターンです。

 

でも、不安や疑問点を抱えたままでは、ワクワクすることができません。言いづらいことでも相談しやすいというイメージを持ってもらうためにも、こういったやりとりで部下の本音に触れてみてください。

 

気が緩んだときに、本音の出る質問を
気が緩んだときに、本音の出る質問を

「時間がない」と逃げる相手に投げかけてほしい質問

【シーン8】ワクワクできない「本当の原因」に気づかせるひと言「もし、時間が無限にあったら、何をしたい?」

 

上司「僕としては、田中君にもっと新規開拓に力を入れてもらいたいんだ」

 

部下「僕もできるならそうしたいんですけれど、なかなか時間がなくて手が回らないんです」

 

上司「そうなんだ、忙しいんだね。話は変わるけど、もし時間が無限にあったら何をしたい?①

 

部下「時間が無限にあったら……そうですね、それなら新規開拓もできるし、既存の顧客のフォローもしっかりできます」

 

上司いいね、ほかには?②

 

部下「ずっとやりたかった部屋の掃除もできるし、録画したまま溜まっているドラマも観たいし、海外のボランティアもやりたいなあ。大学の先輩が中国の農村でボランティアをしていて、なんか輝いているんですよね」

 

上司「いろいろチャレンジしたいんだね。それをすべて実現したらどんな感じがするかな?」

 

部下「充実して輝いている感じです」

 

上司充実するためにはどうすればいい?③

 

部下「それは時間をつくるしかないと思いますけど……」

 

上司じゃあ、時間をつくるためにできることはあるかな?④

 

部下「うーん、今は書類仕事で時間を取られているから、もっと効率よくするとか……あと、いつも寝る前にダラダラとネットを見てしまうので、その時間をなくすとか」

 

上司「いいね。それをするために工夫できることは何かある?」

 

部下「僕は書類仕事が苦手で、いつもギリギリまで溜めてしまうので、それで余計に時間がかかってしまう気がします。なるべくこまめにやってみます」

 

上司「うまくいって充実したらいいね。さっそく試してみようか」

 

① 「もし~だったら」という仮定の問いで視野を広げる

 

おそらく、「時間がなくてできません」は〝部下の言い訳あるある”に入っている定番フレーズでしょう。私も上司だった時代に、よくこの言い訳を聞きました。

 

それに対しての上司の対応は、「時間の使い方が下手なだけだろ?」と責めるか、「時間がなくてもやるしかないんだよ!」と問答無用で押し付けるか、ではないでしょうか。

 

時間がないと逃げる相手に投げかけてほしいのが、「もし時間が無限にあったら何をする?」「時間がいくらでもあったらどうする?」という質問です。「もし~だったら」という問いは、思考を広げます。

 

上司の皆さんはよくわかっていると思いますが、本当は時間がないのではなく、ムダな時間が多いから時間が足りない、仕事の優先順位が決まっていないケースがほとんどです。それに気づいてもらうには、「時間がない」と一方向からしかとらえていなかった視点を、別の方向に向けさせるのです。

 

② さらに思考を広げる

 

部下がやりたいことを語り出したら、「ほかにあるかな?」と促して、どんどん話してもらいます。そうするとワクワクエンジンがかかりますし、部下が本心からやりたいと思っていることを聞き出せます。

 

③ キーワードを繰り返す

 

私はこのようなやりとりをしているとき、部下の言葉の使い方も注意して聞いています。

 

田中君のように「充実」という言葉を使ったなら、それをキーワードとして自分も何度も使います。毎回相手の言葉を復唱していたらおうむ返しになりますが、キーワードになる言葉を拾い上げて繰り返すと、「自分を理解してくれている」と感じてこちらの話に耳を傾けてくれるようになります。

 

④ 思考の枠を広げる質問で自分に欠けているところを考えさせる

 

現在の枠の中で目の前の仕事の問題点を見つけて、解決策を考えてもらうだけでは、部下の思考は狭いまま。そこで、枠や制約を外すと、本質的な問題に目を向けられるようになるのです。それから現状の問題点を考えてもらうという手順にすると、今までできないと止めていたのは自分自身なのだとわかります。

 

◆ 質問&リスニングの効果

 

仕事に優先順位をつける、すべての仕事に締め切りを設けるといった、時間をつくり出す方法はいくらでもあります。しかし、ここで大切なのは方法論を見つけることではなく、時間をつくり出せないのは自分がそう考えているからなのだ、ということに気づいてもらうことなのです。

 

 

板越 正彦

株式会社1on1エンゲージメント研究所 代表取締役

株式会社1on1エンゲージメント研究所 代表取締役


1960年生まれ。東京大学文学部心理学科卒業後、石油化学メーカーJSR、サンダーバード大学院MBA、国連UNESCO勤務を経て、94年よりインテルに21年間勤務。シリコンバレーでの勤務を含めて15以上の事業部を経験。インテル退職後、4年間で約6千人を対象にワークショップやマネジメントコーチングで成果を上げ、2019年に株式会社1o1エンゲージメント研究所を設立。現在は跡見学園女子大学・大学院、筑波大学大学院、東京医科歯科大学大学院などやベンチャー、企業、公共事業体向けに、自ら課題を発見し行動し続ける「自立型人材」の育成のための、研修やサービス(コミュニケーション・1on1・イノベーション・コーチングなど)を提供している。

著書に『上司のすごいひと言』(かんき出版)、『仕事が変わる「アゲる」質問』(きずな出版)、『相手との距離を縮めて、人を動かす「本音を引き出す聴き方・話し方』(KDP)、『ポータブル1on1ガイドブック』(KDP)がある。

著者紹介

連載元インテル執行役員が教える!部下が自分で考えて動き出す、「上司のすごいひと言」

部下が自分で考えて動き出す 上司のすごいひと言

部下が自分で考えて動き出す 上司のすごいひと言

板越 正彦

かんき出版

世界企業「インテル」で、クビ寸前から世界トップ0.5%に選抜された著者が、大逆転の原動力となった、部下を動かす『すごいひと言(キラーフレーズ)』を初公開!本書は『すごいひと言』を入り口に、上司が部下との「質問&ヒア…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧