ヤマト運輸、ネッツトヨタでわかる「顧客第一」の本質的な誤解

「顧客第一」をとりあえず掲げながらも、利益を追い続ける会社…身に覚えのある会社員、そして耳が痛い経営者も多いのではないでしょうか。相反する理念を追求したいのなら、まずは成功例から学ぶ必要があります。本記事では、SMC税理士法人・関根威代表社員理事長が、ヤマト運輸やネッツトヨタ南国の事例をもとに、「顧客第一」を掲げる会社の問題点を指摘します。

表面的な「顧客第一」を掲げる会社は多いが…

最近、顧客第一を掲げる会社を非常に多く見かけるようになりましたが、本当にお客さまを第一としてる会社に、私はあまりお目にかかったことがありません。私の顧問先である年商40億ほどの会社もそうでした。

 

会議室に入ると立派な「経営理念」が掲げてあって、一番目に「顧客第一」と書いてある。初めてその会社の経営会議に出席して驚いたのは、経営理念の一番目が顧客第一なのに、4時間ぐらいの経営会議でお客さまの「お」の字も出てきませんでした。

 

やっていることといえば、予算必達、経費削減、ほとんどが社員の尻たたきで、お客さまに向けたサービスの改善案など何一つ出てきませんでした。一言で言えば、自分の会社の業績に興味はあるけど、お客さまにはまったく興味がない、といったところでしょう。こういう会社は顧客第一を語ってはいけない。

 

クロネコヤマトの宅急便創業者の小倉昌男さんは、創業当初、トラックの事故が多いことに悩まされました。そこで「安全第一」の周知徹底を図りましたが、それでも事故はまったく減らなかった。小倉昌男さんは、悩んだ末に「安全第一、営業第二」と決めたそうです。とにかく安全が第一だ、営業は二の次でいいとやったわけです。そうしたら、事故は激減したそうです。

 

安全を徹底するために、営業の優先順位を落としたわけです。「第二」を決めたら、第一が光ったということです。さすが小倉昌男さんです。

 

賢い方ならもうおわかりだと思いますが、「顧客第一」なら我々が定義すべき第二は何でしょうか。

 

第二は、「会社の都合」ですね。我々が徹底的に努力して、苦労して、手間をかけてお客さまへの効果を追求し続ける、我々が第二になってお客さまの満足を追求し続ける、これが本当の顧客第一です。自社の目先の業績は二の次にしなければいけない。

ネッツトヨタは「ストッキング」で満足度アップ?

トヨタ系ディーラーでお客さま満足度12年連続日本一、第2位を驚異的な差で引き離した自動車ディーラー、ネッツトヨタ南国では、来店したお客さまに喜んでいただくために、ショールームの女子トイレに「ご自由にどうぞ」とストッキングを置くことにしました。

 

「顧客第一」のかたちは様々
「顧客第一」のかたちは様々

 

ところが、一人2コも3コも持っていかれてしまって、あっという間になくなってしまったそうです。たいていの会社は、会社の都合が第一ですからここでサービスをあきらめるわけですが、ネッツトヨタ南国は社員全員で考えに考えて、ストッキングを一つひとつ丁寧に包装して「お困りの際はどうぞお使いください」とそれぞれに手書きのメッセージをつけることにしました。すると、2コも3コも持っていく人がいなくなったそうです。

 

ネッツトヨタ南国のこのようなエピソードはたくさんありますが、この会社の会議の視点はすべて「お客さまから見てどうか」であり、ここに我々が想像もつかないような時間とコストが投入されています。

 

まず会社の都合を棚上げにしておいて、お客さまの期待を超えるサービスを行い、次に不可能と思われるような会社の都合を全員が知恵を絞って可能にしていくというプロセスです。

 

お客さま第一なら、お客さまが本当に大切なら、その大切なお客様に満足いただけるように、こちら側の都合を一切無視していかなければならない。

 

お客さまの満足を満たすために、今度はこういうサービスを追加していこう、お客さまに不満があるなら1年かけてこの製品を何が何でも改良していこう、必要ならプロジェクトチームを組んで徹底的にやる、そのぐらいやらなければお客さまは満足しません。

 

先の例で挙げた、現在年商40億の会社は、徹底したお客さまアンケートを始めました。「未来創造会議」なる名称の会議を通して、お客さまの満足度を徹底して上げていこうとしています。

 

参加幹部の発言数は以前の3倍になり、今までほとんど発言しなかった幹部社員も生き生きと自分の意見を発表しています。「言い訳をする」会議から、「自分たちの存在価値を確かめる」会議に変わりました。考え方、価値観が共有される瞬間です。

 

「一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすること」

スティーブン・R・コヴィー

 

あなたの会社では、大切なお客さまの満足を満たすために1日、1週間、1カ月のうちどれだけ時間を使っていますか?

 

一番大切なことに、一番時間をかけることです。

SMC税理士法人 代表社員理事長

1990年、明治大学経営学部卒業。同年民間上場企業入社、システムコンサルティングに7年間従事。中小企業に3年間勤務後、税理士法人せきね総合会計事務所(現SMC税理士法人)入社。現在、関与先数社の会計参与(役員)に就任。2007年から経営計画書を中心とした「せきね式未来社長塾」を開催。2012年12月に経営革新等支援機関としての認定を受ける。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

低成長時代に業績を伸ばす 社長の条件

低成長時代に業績を伸ばす 社長の条件

関根 威

幻冬舎メディアコンサルティング

バブル崩壊以降、日本経済は長期的な低迷を続けています。いまや日本企業の75%が法人税を払っていないのが現状です。このような低成長時代には、経営者は何を心がければいいのでしょうか――。 本書では、外部コンサルタント…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧