資産運用 その他投資
連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight【第47回】

米国・イラン情勢で米国実質金利低下も、長期トレンドの範囲内

グローバル

マーケット情報

米国・イラン情勢で米国実質金利低下も、長期トレンドの範囲内

ピクテ投信投資顧問株式会社が、日々のマーケット情報を分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。

 

米軍によるイラク空爆によってイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が死亡したことをきっかけに、金融市場では年明けからリスク・オフの展開となった。この結果、米国の実質金利は一時マイナス圏まで低下したが、この現象はあくまで超長期的なトレンドの範囲内でしかない可能性がある。それは過去700年の歴史を見れば明らかなことだ。

米国の実質金利は一時マイナス圏まで低下

年明けの中東情勢悪化を背景に金融市場ではリスク・オフの展開となり、米国の実質金利(≒米国10年物価連動国債利回り)は1月3日から8日にかけて一時マイナス圏に突入する場面があった。

 

この10年で米国の実質金利がマイナス圏まで低下した局面は、欧州債務危機や米国債格下げをきっかけとした期間(2011年8月~2013年6月)のほか、一時的ではあるが2016年6月のEU離脱を問う英国国民投票後の約1ヶ月間、そして2019年8月の米中貿易戦争エスカレート時の約1ヶ月間だった(図表1)。

 

日次、期間:2007年末~2020年1月8日 ※米国実質金利は米国10年物価連動国債利回りを使用 出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成
[図表1]米国実質金利の推移 日次、期間:2007年末~2020年1月8日
※米国実質金利は米国10年物価連動国債利回りを使用
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成

 

このように米国の実質金利はリスク回避局面でマイナスになる傾向があるが、実は米国の実質金利は長期的に低下傾向にあり、さらに世界の実質金利も過去700年でゆるやかに低下しているのだ。

世界の実質金利は700年間も低下傾向にある

イェール大学教授のPaul Schmelzing氏は今年1月3日、主要各国の名目金利から物価上昇率を差し引いて合成した世界の実質金利が、過去700年でゆるやかに低下していたとイングランド銀行(BOE)のワーキングペーパーで指摘した。Schmelzing氏のデータによれば、1300年代~1400年代の世界の実質金利は概ね10%超だったが、直近の2018年は1%台まで低下した(図表2)。

 

年次、期間:1317年~2018年 ※点線は長期トレンドを示す 出所:BOE Staff Working Paper No.845のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
[図表2]世界実質金利の推移 年次、期間:1317年~2018年
※点線は長期トレンドを示す
出所:BOE Staff Working Paper No.845のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

 

世界的な実質金利の低下が超長期的なトレンドだとするならば、長期運用の考え方も根本から見直す必要があるだろう。

世界の実質金利が長期的に低位で推移するなら「高配当株」や「高成長株」に注目

一般的に、実質金利の低下は資金需要を高めることから、安全資産の現金からリスク資産の株式へ投資対象をシフトさせる誘引になる。超長期的に実質金利が低下するのであれば、長期運用の投資対象として株式が必然的に選好されることになるだろう。

 

さらに、所得格差の拡大や貯蓄率の増加(主に新興国)、人口減少(主に先進国)などによって自然利子率が低下し、それに伴い実質金利がゼロ又はマイナスになる状態が続けば、株式の中でも①公益株や不動産株のような利回りの高い「高配当株」や、②(割引率が低下することから)長期的な利益成長率が高い「高成長株」の投資妙味がより一層高まることになる。

 

あくまで長期目線の投資であり、数年単位では実質金利が上昇することもあるので注意が必要だが、長期運用を行っていくうえでは参考にして頂きたい投資戦略のひとつだ。

 

 

当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『東証市場区分見直し…「市場活性化」の可能性はどこまで?』を参照)。

 

(2020年1月9日)

 

 

田中 純平

ピクテ投信投資顧問株式会社

運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【8/11開催】後継者の納税負担まで考慮!社長の「自社株承継」の準備とその着手方法

 

【8/11開催】フィデリティ投信による「世界株式市場」の見通しとこれからの分散投資

 

【8/11開催】毎月のインカムゲインも狙える小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【8/12開催】どうなる?生前贈与の税制改正と生命保険活用<最新知識編>

 

【8/12開催】オルタナティブ投資の新潮流!「プライベート・アセット」投資とは

 

【8/12開催】個人でも取り組める「非上場企業」投資の進め方とは?

 

【8/13開催】手残り最大化を目指す!資産管理会社の「役員報酬」の決め方

 

【8/13開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

ピクテ・ジャパン株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとしてセミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ