強欲な義姉がぎゃふん「子どものいない夫婦」遺産相続の逆転劇

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、子どもがいない夫婦と義姉の間で起きた相続トラブルについて、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

義父の相続で見せた、2人の伯母の強欲な素顔

A子さんとBさんは、結婚して20年が経っていました。2人に子どもはいません。結婚当初は、自然と子どもはできるだろうと考えていたそうです。しかし結婚して数年経ち、なかなか子どもができないことから病院へ行ったところ、2人とも子どもができにくい体質であることがわかりました。

 

治療をすれば、妊娠の確率は高くなる――。医者にそう言われたあと、夫婦で今後のことを話し合いました。Bさんには、不妊治療を続けて精神的に疲弊した友人夫婦がいました。そのこともあり、無理に子どもを考えなくてもいい、という決断を2人で下したのでした。

 

このことがきっかけとなり、夫婦仲はさらに強くなり、20年の結婚生活は楽しい事ばかりだったとA子さんはいいます。

 

「ただ問題をあげるとすれば、親戚づきあいですね」とA子さん。問題というのは、Bさんの姉のことでした。Bさんは5人兄弟の末っ子。上に、2人の兄と、2人の姉がいました。そのなかで、2人の姉とBさんは、ほとんど付き合いがありませんでした。きっかけは、10年前におきた、義父の相続だったそうです。

 

義父が亡くなったとき、義母はすでに亡くなっていたので、相続人は5人の子どもたちでした。義父はビジネスを起こし、成功していたこともあり、遺産は、貯金や不動産を合わせて数億円になったと聞いています。そして義父が残した遺言には、晩年、なにかと面倒を見てくれたBさんに1,000万円ほど多く残し、あとは4人で平等に分割するように、と書かれていました。そこに待ったをかけたのが、2人の姉です。

 

義姉①「そんなの不公平よ! Bがそんなにもらえるなんて」

 

義姉②「Bには子どもがいないんだから、そんなにお金、必要ないじゃない!」

 

そのようなことを言って、遺産分割はなかなか進みませんでした。「大きなお金が絡むことだから、何か、問題は起こると思っていたけどね」と、当時を振り返るBさん。何よりも許せなかったのが、2人の姉が、A子さんとBさんの間に子どもがいないことを、まるで悪いことであるかのように言ったことでした。

 

最終的に、遺産分割は義父の遺言書の通りに行われましたが、これがきっかけとなり、Bさんと2人の姉とは疎遠になったのです。

 

「私も2人には頭にきました。子どものいないことを、散々なじられましたから。意地が汚いところもちょっと……」とA子さん。そんな二人に、突然、不幸が訪れます。Bさんが亡くなったのです。

Bさんの遺産を嗅ぎつけて!? 2人の義姉から連絡が

Bさんは半年前にがんと宣告され、闘病生活を送っていたのです。50歳を前にした若すぎる死でした。心づもりしていたので取り乱すことはなかったA子さんでしたが、生涯のパートナーとの別れは、想像以上に辛いものでした。しかし、そうは言っていられません。A子さんは確信していました。近いうちに、2人の義姉から連絡が来ると。

 

Bさんの葬儀が終わったある日のこと。A子さんの予想通り、2人の義姉から連絡がありました。そして週末に、A子さんの自宅に来ることになったのです。

 

義姉①「少しは落ち着いた?」

 

A子さん「すみません、葬儀の時はバタバタしていたので、ろくに話をすることもできずに」

 

義姉②「いいのよ。それよりも、話をしたかったの、A子さんと」

 

A子さん「わたしも、みなさんと、お話ししないと、と思っていました」

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

中学・高校とバンド活動に明け暮れる。大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人山田&パートナーズに正社員として入社する。

税理士法人山田&パートナーズでは相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算300件以上。また、三井住友銀行・静岡銀行・ゆうちょ銀行を中心に、全国の銀行で年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。

税理士の使命は、難解な法律や税金をできる限りわかりやすく伝えることだと考えている。平成29年1月に表参道相続専門税理士事務所を設立し、平成30年より法人化に伴い、円満相続税理士法人に商号を変更した。

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧