海外でもアプリ決済が可能に?ソフトバンクら、新事業に着手

ソフトバンクは、日本IBMと米ブロックチェーン企業TBCASoftらと提携し、2020年までに首都圏で「キャリア間決済システム」の導入を目指すと発表した。

「キャリア間決済システム」を20年にも首都圏で導入

23日、ソフトバンクは、日本IBMと通信事業者向けブロックチェーンを開発するTBCASoftとの戦略的な提携を発表した。ブロックチェーン技術を活用して、通信事業者やユーザへの革新的なサービスの提供を行う。

 

まずは、2020年度内に首都圏でキャリア間決済システムの導入を目指すという。

 

ソフトバンクとTBCASoftらは、2017年9月に通信事業者向けブロックチェーンコンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group(以下CBSG)」を設立しており、同コンソーシアムを通じてこれらの取り組みを行っていくという。

 

TBCASoftは技術とソリューション、ソフトバンクは通信事業者の知見、IBM社はブロックチェーン技術や技術に関するノウハウを相互に提供する。

 

◆モバイル決済アプリが海外でも利用可能に

 

CBSGより、初の実用化が期待されるのが、今回のキャリア間決済システム(CCPS)だ。このシステムが実用化されることによって、スマホのユーザは、海外でもモバイル決済アプリを使って現地で買い物ができるようになるという。

 

海外でクレジットカードなどを利用すると、一般的に1~2%ほどの事務手数料がかかるが、そういった手数料のないキャリア間決済システムは、海外旅行やビジネスの際、有力な選択肢になると考えられる。

 

CCPSにはTBCASoftの開発する通信事業者向けブロックチェーン技術が使われており、TBCASoftはそのブロックチェーン基盤にIBM Blockchain Platformを使用している。

 

すでに今年の2月には、同じくコンソーシアムに加入する台湾の通信事業者FarEasToneとソフトバンクとの間で行われた実験が成功裏に終わっていた。

 

実験では、台湾の小売店でソフトバンクのネットワークを介して商品を購入する、あるいはその反対が行われ、無事にクロスボーダー、クロスキャリア決済に成功している。

 

IBMは、オープンソースのブロックチェーンプロジェクト「Hyperledger」の創立メンバーだ。IBMクラウドサービス上で、ブロックチェーン基盤や企業のブロックチェーン導入を支援するサービスなどを提供しており、ブロックチェーン事業に積極的に取り組んでいる企業のひとつだ。

 

ソフトバンクは、今回のTBCASoftを含めた複数のブロックチェーン企業に投資を行っているほか、ソフトバンクグループ傘下のヤフーは、暗号資産取引所TAOTAOを運営するZコーポレーションを設立している。

 

※本記事は、2019年10月23日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧