「約2億円相当を凍結」わずか3時間前に公表し紛糾…暗号資産

シンガポールを拠点とする暗号資産取引所COSSが、突然ユーザ資金を凍結。利用者の間に混乱が広がっている。

「最大1ヵ月間のユーザ資金凍結」を突如発表

シンガポールを拠点とする暗号資産取引所COSSが、突然ユーザ資金を凍結。利用者に混乱を招いている。

 

発表は、約20万人のユーザの資金200万ドル(約2億円)相当を、最大1ヵ月間凍結対応(ロック)するというものだった。

 

COSS側のアナウンスによれば、今回の資金凍結は「プラットフォームをアップデートする目的」としているが、ユーザは1ヵ月間資金が動かせなくなることで、事態の悪化や機会損失を危惧している。

 

COSSは、「パニックになる必要はありません。誤ったメッセージや噂を信じないでください」とのメッセージを公開したが、アナウンスが資金凍結されるわずか3時間前だったことで、対応に遅れたユーザも多くいる模様だ。

 

なお、凍結理由とされる新しいプラットフォームでは、「超高速オーダーマッチングエンジン、高度なAPI、ビルトイン流動性ソリューションiOSおよびAndroidアプリケーション、証拠金取引」などが追加される予定だと説明している。

 

現時点で暗号資産の取引、引出し、入金が停止されており、その状態は、取引所がメンテナンスを行う今後3~4週間に渡って継続するとされている。

 

◆COSS広報担当者の説明

 

この件を巡り取材を行なった、暗号資産メディアDecryptによると、「数ヵ月前から事前通告すれば、ユーザが資金を大量に引き出してしまうのではないかと恐れていた」とCOSSの広報担当者が述べているという。

 

ユーザ離れを防ぎつつも、時代遅れのプラットフォームをより機能的なものにするというが、突如資金が凍結されたユーザ側は、被害にあったと言わざるを得ない状況だ。

 

COSSは、コストカットのため、技術チームをインドにアウトソーシング。競合取引所が「ミラー化されたオーダーブッキング」などの複雑な機能を標準として提供するなかで、COSSのシステムは更新されておらず、2019年には、取引所を流れる金額は、3月の1日あたり約1300万ドル(約14億円)から、最近の1日あたり約100万ドル(約1億円)に減少していたという。

 

※本記事は、2019年1月9日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧