韓国、新たに2通貨を「上場廃止」…暗号資産取引所

先週、韓国大手の暗号資産取引所Bithumbは、2つの暗号資産「SALT」と「AUTO」の上場を廃止していたことが分かった。先月の上場廃止を含めると、合計で5つの銘柄の上場廃止を行なったことになる。

韓国の暗号資産取引所「Bithumb」で新たに上場廃止

先週、韓国大手の暗号資産取引所Bithumbは、2つの暗号資産「SALT」と「AUTO」の上場を廃止していたことが分かった。先月の上場廃止を含めると、合計で5つの銘柄の上場廃止を行なったことになる。

 

今年8月にBithumbは公式で、現在上場されているすべての暗号資産の再評価を毎月行うとしており、同取引所の上場基準に満たさないと判断された暗号資産は、上場が廃止されることが決定していた。

 

上場廃止が決定された銘柄は、先週に廃止されたSALTとAUTOに加え、DACC、ROM、PSTがある。

 

同取引所の上場基準は公開されていないため、これら暗号資産の上場廃止の明確な理由は明らかになっていない。ただ株式市場などの伝統的金融では、取引高や時価総額、ボラティリティなどのパフォーマンスの低下により廃止されるのが一般的だ。

 

先日Bithumbにより発表された公式文書で、AUTOとSALTを「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に位置付けたことを伝えていた。

 

この「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に振り分けられた場合、その暗号資産には2ヵ月の期間が与えられ、その間にパフォーマンスの改善が見られない場合には上場の廃止が決定される。

 

現在は、そのリストに暗号資産OCNが追加されており、パフォーマンスに向上が見られない限りは、SALTやAUTOと同様の決定が下されることが予想される。

 

※本記事は、2019年12月17日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧