税制優遇中の今がチャンス?「出資持分なし医療法人」への移行

平成29年10月1日より新・認定医療法人制度がスタートし、「出資持分なし医療法人」への移行が容易になりました。しかし、一度持分なし医療法人に移行してしまうと、以降持分あり医療法人には戻れませんので、メリットとデメリットを十分理解する必要があります。

出資持分なし医療法人への移行、メリットとデメリット

平成29年10月1日より新・認定医療法人制度がスタートしました。従来、持分なし医療法人へ移行する場合、厳しい要件をクリアしなければ、医療法人に贈与税が課税されていました。非課税にするためには「役員数」「役員の親族要件」等、ハードルの高い要件をクリアする必要があり、移行が進まない要因ともなっていました。

 

この改正で、ネックになっていた「役員数」「役員の親族要件」が除外され、以前に比べ、持分なし医療法人への移行はしやすくなったといわれています。そこで本記事では、持分なし医療法人への移行のメリット・デメリットや、認定医療法人の認定要件について述べていきます。

 

一度、持分なし医療法人に移行してしまうと、以降、持分あり医療法人には戻れませんので、持分なし医療法人への移行に関しては、メリット・デメリットについてよく理解した上で意思決定を行う必要があります。

 

【持分なし医療法人のメリット】

●出資持分についての相続税が課されなくなる

●出資者から払戻請求を受けることがなくなる

●出資持分についての不安がなくなるため、経営の安定的な継続が図れる

 

 【持分なし医療法人のデメリット】

●出資持分払戻請求権がなくなるため、剰余金があっても、請求できない

●残余財産分配請求権がなくなるため、解散時の残余財産は、国等に帰属してしまう

認定要件は細かく定められているため事前のチェックを

この改正で、従来の贈与税の非課税基準から要件の一部が除外され、新たな認定要件が一部追加となりました[図表]。

 

[図表]認定医療法人の認定要件の新旧比較(参考)

 

認定要件である運営に関する要件のなかから、ピックアップして確認してみましょう。

※要件の一部かつ大まかな説明です。詳しくは厚生労働省「持分の定めのない医療法人への移行計画の認定申請について」をご覧ください

 

その1:役員に対する報酬等が不当に高額なものとならないような支給基準を定めていること

 

理事等に対する報酬等の支給の基準においては、理事等の勤務形態に応じた報酬等の区分及びその額の算定方法、並びに支給の方法及び形態に関する事項を定めておくことが必要です。具体的な報酬等の制限額としては、特定医療法人と同等の要件が求められているため、3,600万円が上限になります。

 

その2:法人関係者に対し、特別の利益を与えないこと

 

社員・理事・監事等が、下記のいずれかの行為を行い、その行為が社会通念上不相当と認められる場合には、特別の利益が与えられているものと判断されることになります。

 

●当該医療法人の所有する財産を居住、担保その他の私事に利用すること

●当該医療法人の余裕金をこれらの者の行う別事業に運用すること

●当該医療法人の他の従業員に比し有利な条件で、金銭の貸付を受けること

●当該医療法人の所有する財産を無償又は著しく低い価額の対価で譲渡すること

●金銭その他の財産を過大な利息又は賃貸料で貸し付けること

 

 その3:社会保険診療報酬にかかる収入金額等の合計額が全収入金額の80%を超えること

 

社会保険診療報酬には、以下の収入金額を含みます。

 

●健康増進事業のうち健康診査に係る収入金額

●定期予防接種・臨時予防接種及び任意の予防接種のうち厚生労働大臣が定める予防接種に係る収入金額

●助産(社会保険診療・健康増進事業に係るものを除く)に係る収入金額(50万円を限度)

●介護保険法の規定に基づく保険給付に係る収入金額

 

 その4:医業収入が医業費用の150%以内であること

 

医療診療により収入する金額(社会保険診療による収入額・労災保険に係る診療収入・自費診療に係る診療収入)が、医師、看護師等の給与、医療の提供に要する費用等患者のために直接必要な経費の額に100分の150を乗じて得た額の範囲内であることが必要です。

 

◆まとめ◆

持分なし医療法人の移行に関しては、将来のビジョンを見据えた上で慎重な判断が必要になります。さらに、認定を受けるためには様々な要件をクリアし、その要件を6年継続して満たす必要がありますので、医療関係者の十分な理解も必要になります。

 

3年間限定(平成29年10月1日~平成32年9月30日)の認定制度で、税制優遇措置や低利の融資などを受けらます。持分なし医療法人への移行は、今がチャンスです。ぜひこの機会に、医療法人の事業承継、相続対策についてご検討ください。

 

 

ひかりアドバイザーグループ

ひかり税理士法人 

 

ひかり税理士法人 代表社員
 公認会計士・税理士

1956年 京都市生まれ
1979年 同志社大学経済学部卒業
1985年 公認会計士・税理士登録

ひかりアドバイザーグループ 最高経営責任者
ひかり監査法人 代表社員
京都市 監査委員
京都家庭裁判所 家事調停委員
立命館大学大学院法学研究科 非常勤講師

ひかり税理士法人

著者紹介


 

先行き不透明な経営環境、加速度を増す少子高齢化、
人工知能(AI)がもたらす第二の産業革命。
こうしたキーワードで語られる混沌とした経済社会を企業が首尾良く生き抜くためには、
的確な経営意思決定と適切な資産防衛ノウハウが不可欠です。

一方、迅速な意思決定と卓越したノウハウを実践するためには、
豊富な知識と経験を有する専門家集団によって提供される
「最適解」によってサポートされる必要があります。
私たちは、各種の課題解決にタイムリーに対応することによって、
有為な「最適解」を提供することをミッションとしています。
私たちは、このミッションを完遂するために知と技の錬磨を通じて最強のプロ集団を目指しています。

ひかり税理士法人の役職員の合言葉は、「人間、一生勉強」。
弛みのない不断の努力は、先行きを明るく照らし出す「ひかり」でありたいとの願いそのものなのです。

著者紹介

連載税務、会計、経営…税理士が教える「混沌社会」を生き抜くための資産防衛ノウハウ

本記事は、『ひかり税理士法人』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧