いくらで買える?意外と知らない「指値注文」イマドキの使い方

※本記事は、2018年5月8日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

 

「指値(さしね)注文」の賢い使い方を、きちんと理解している方が意外と少ないので、今日はそこをしっかり解説します。

「指値注文」の意味を復習

株式を売買するときの注文の出し方は、いろいろあります。もっともよく使われるのが、指値注文と成行(なりゆき)注文です。この2つの注文方法を、しっかり理解して、適切に使い分けられるようにすることが大切です。

 

指値注文とは、「銘柄」「価格」「株数」を指定して、「買い」または「売り」の注文を出す方法です。たとえば、取引時間中、801円の株価がついている以下のA社株に対し、以下のような指値注文が入っているとします。

 

◆A社株の取引時間中の板情報

 

 

板(いた)情報とは、売買注文がどう入っているか示すものです。上記のA社では、801円に9,200株、802円に12,500株、803円に13,200株の売り指値注文が入っています。また、799円に2,300株、798円に5,200株、797円に8,400株の買い指値注文が入っています。

買い注文の入れ方:5つの戦略

買い注文の入れ方【1】下値に買い指値を入れる

 

上記の板状況でA社株を買おうとするとき、「797円で100株の買い」のように、現値よりも下に、買い指値を入れることもできます。

 

ただし、その場合は、株価が797円まで下がらないと、買えません。株価が797円まで下がっても、すぐに買えるわけではありません。先に入っている買い指値注文8,400株がすべて約定(やくじょう)した後、さらに797円で売り注文が入れば、その時、797円で買えます。

 

もっと早く買いたい時は、どうしたら良いでしょう?

 

買い注文の入れ方【2】先頭に買い指値を入れる

 

「800円で100株の買い」というように、今、見えている買い指値よりも上に買い指値を入れることもできます。こうすれば、800円以下の売り注文が入ったときに、最初に約定します。ただし、800円以下で売る注文が入らないと、買うことはできません。

 

すぐに買いたい場合は、どうしたら良いでしょう?

 

買い注文の入れ方【3】売り指値のあるところに買い指値する

 

「801円で100株の買い」というように、今、売り指値が入っているところに、買い指値することもできます。場にある指値注文が変わらなければ、801円で100株買えます。

 

ただし、一瞬先に、801円以上で9,200株以上買い注文が入ってしまうと、801円の売り指値はなくなるので、買うことはできません。その場合は、801円で100株の買い指値注文として、場に残ります。

 

より確実にすぐ買いたい場合は、どうしたら良いでしょう?

 

買い注文の入れ方【4】上値に買い指値を入れる

 

「803円で100株の買い」というように、上値に指値を入れることもできます。場にある指値注文が変わらなければ、801円で100株買えます。

 

「803円で買い指値したら、803円で買えてしまう」と勘違いしている人もいます。803円の買い指値注文とは、正確に言うと、「803円以下のもっとも有利な価格で買う」注文です。

 

801円に売り指値があれば、801円で買えます。801円に買い指値するのと、結果は同じです。

 

それでは、801円ではなく、あえて803円に買い指値する意味は何でしょう?それは、一瞬先に、801円や802円の売り指値を買われてしまった時でも、803円で買うことができるということです。

 

価格を指定しないで確実に買うには、どうしたら良いでしょう? その場合は、指値ではなく、成行で買い注文を入れます。

 

買い注文の入れ方【5】成行で買い注文を入れる

 

確実に100株買いたければ、指値ではなく、成行の買い注文を入れるべきです。成行で買いを出せば、その時点で場にでている指値売り注文のうち、一番安いものにヒットし、即座に買いが成立します。上記のA社で、板が変わらなければ、801円で100株買えます。

 

成行ならばほぼ確実に買うことができますが、まれに、成行買いが一時に大量に入り過ぎて、約定しないまま終わることもあります。

トンでもない高値の買いを避けるには、成行でなく、上値に指値した方が良い

今日中に、必ず買いたい銘柄には、成行で買いを入れるのが普通ですが、成行注文には、欠点もあります。高速取引が普及している今日、一瞬先に大量の成行買いが入って、板に出ている安値の売り物が全部取られてしまうこともあります。そうなると、一瞬後に入ったあなたの成行買い注文は、とんでもない高値で約定することになります。

 

以下のような板のときは、要注意です。

 

◆B社株の取引時間中の板情報

 

 

798円に1万2,600株もの買い注文が入っています。一方、売り指値は少ししか入っていません。下値の買い注文の一部が成行に変わると、見えている売り指値はすべて取られて、あっという間に、株価が急騰することもあります。

 

804円までならば買いたいが、それ以上、高値では買いたくないなら、成行ではなく、804円の指値で買いを入れるべきです。

 

運よく、板が変わらなければ、801円で買えます。801円の売り物が先に取られても、804円の売りが残っていれば、804円で買えます。

売り注文の入れ方:5つの戦略

考え方は、買い注文の入れ方と同じです。以下の5通りを、うまく使い分けましょう。

 

売り注文の入れ方【1】上値に売り指値を入れる

売り注文の入れ方【2】先頭に売り指値を入れる

売り注文の入れ方【3】買い指値のあるところに売り指値する

売り注文の入れ方【4】下値に売り指値を入れる

売り注文の入れ方【5】成行で売り注文を入れる

 

 

窪田 真之

楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト

 

※本記事は、2018年5月8日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

 

楽天証券の投資情報メディア。トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。

https://media.rakuten-sec.net/

著者紹介

連載楽天証券の投資情報メディア「トウシル」発 お金を守るための基礎講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧