Please shxt down…!? 知ると恐い「カタカナ英語」の危険度

外国語はある一定の年齢を過ぎると、その後上達しなくなる「臨界期」というものがあると考えられています。それを迎える前の幼児期のうちに、しっかりと英語のネイティブスピーカーの発音に触れ、聞き取る力を鍛えるとともに、ネイティブスピーカーに近い発音を身につけることが大切です。それによって、正確な英語の聞き取りだけでなく、正確な情報伝達が可能になるからです。本記事では、幼児英語教育研究家の著者が、英語の正確な聞き取りと発音の重要性を解説します。

ヒアリング力は、言語にまつわるあらゆる力の土台

ヒアリング力は、「スピーキング」「ライティング」「リーディング」など、言語にまつわるあらゆる力の土台です。正しい発音を聞き取れるようになると、自然と英語を発するようになっていきます。それを裏付けるようなエピソードがあります。私は、娘がお腹の中にいるときから英語の歌を流しっぱなしにしていたり、気分転換で見る海外ドラマは英語で視聴していました。生まれてからは、私から英語で話しかけたりすることは特になく、夫は英語が苦手なので、家の中での会話はもっぱら日本語でした。

 

しかし、娘はCD付きの英語絵本や英語のテレビをよく見ていたので、ものや動物の名前は、最初から英語で覚えていました。英語も日本語も発語は遅いほうでしたが、15カ月のころ、娘が最初に口にした言葉は「Up」でした。「高い高い」を英語で「Up」というのを、どこかで耳にして覚えていたのです。

 

また、1歳半健診のとき、健診所の係の人が動物の絵を見せて「これは何?」と聞くと、娘の口から出てきたのは「dog」でした。娘にとってイヌは最初からdogだったのです。

 

絵や動画を見ながら大量の英語をインプットすると、いつしか頭の中で見たものとそれを表す音が結びつき、「イヌ=dog」と一語一語翻訳するのではなく、イヌのイメージがそのままdogという音として定着します。すると、自分が言葉を発するときにも、イヌを見ると反射的にdogと出てくるようになります。成長してから、単語集を見ながら一つずつ一生懸命覚えようとしても、なかなか身につきませんが、生まれる前から大量の英語に接していれば、半ば自動的に英語の言葉を発するようになるのです。

 

子どもの耳は1歳2カ月ころまでに母語を優先して聞き分けるようになりますが、聞いた音を自然に話す能力にも、年齢による限界があるとされています。外国語はある一定の年齢を過ぎると、その後上達しなくなる「臨界期」というものがあると考えられています。その能力は6〜15歳くらいまでと大きなばらつきがありますが、一定以上の年齢になると、聞いた外国語をそのまま同じ音で発音することができなくなるというのは確かなようです。

 

例えば、英語のCDを聞き、後について発音してみるという練習法がありますが、大人になってからその練習を始めた人は、「ネイティブと同じ発音で話せるようにはならない」と感じたことがあるのではないでしょうか。逆に、幼い子どもであれば特に意識しなくても、ネイティブそっくりのきれいな発音で話すことができるようになるのです。

 

「英語耳」をつくるのが早ければ早いほうがいいのと同じように、「英語口」をつくる場合にも、子どもが伝えたいことを言葉で発することができるようになる年齢に合わせ、早めに始めたほうがいいでしょう。まず英語耳をしっかりつくっておくこと。そして日々大量の英語に触れるような環境をつくっておくこと。そうすると、子どもは自らの力で自然に英語の言葉を口から出すようになります。

ネイティブの声を聞いて英語を身につけると…

ネイティブの声を聞いて英語を身につけると、子どもの発音も必然的にネイティブに近いものになります。大人になってから英語を身につけた人の中には、「多少発音が悪くても通じる」「ネイティブのように話す必要はない」という人もいます。確かにそれは事実ですが、ネイティブに近いきれいな発音で話す英語は、「相手にとってわかりやすい英語」となります。

 

今はインターネットで海外の講師と話をする「オンライン英会話レッスン」が盛んになり、ネイティブ講師と30分、1時間と、毎日でも容易に話をすることができるようになりました。しかし、そのように学習していても、20歳を過ぎた大人の日本人の発音は、なかなかネイティブに近いものにはなりません。有名な例として、「日本人はlとrの区別ができない」という話があります。よくlice(ノミ)とrice(米)の例が引き合いに出されますが、lとrの違いで、異なる意味になってしまうこともあるのです。

 

「そうはいっても自分の話は通じている」と思う人もいるかもしれませんが、英会話レッスンの講師や日本在住の外国人、日本企業と取引している外国人ビジネスパーソンは、「日本人の話す英語だから多少発音が違っていても仕方がない」と、細かいミスを指摘せず、lとrの間違いを見過ごしてしまっている可能性があります。実際は「今のはrainではなくlainという音になっていた」と、心の中で思っているかもしれません。

 

日本人は、sとsh、thの区別も苦手です。細かい違いのように思えるかもしれませんが、sとthを区別できないのは、日本語でいうと「シ」と「ツ」の区別ができないのと同じようなものです。think(考える)がsink(沈む)という音になってしまい、I think ...(私は…と思う)をI sink ...(私は…を沈める)と言ってしまっている場合、果たして聞いている相手はどう思うでしょうか。

 

sとshは日本語でいうと両方「ス」の音になってしまい、やはり区別できない人が多いようです。例えばsit(座る[sít])とshit(大便をする[ʃít])を混同し、Please sit down.(座ってください)をPlease shit down.などと言ったら、大変なことになってしまいます。また、[sí:]と発音するアルファベットのcやsee(見る)、sea(海)と、she([ʃíː]と発音)とはまったく別の音です。これは基本中の基本となる単語なので、必ず区別するようにしてください。昔はすべて[ʃíː]と発音する人が多かったのですが、最近は逆にすべて[si:]と発音する若者が増えています。

 

大人になってから正しい発音が身につかないのは、本人のせいばかりではないかもしれません。学校の日本人の先生は文法や読解の説明をすることに長けているかもしれませんが、バイリンガルでもないかぎり、その発音はやはりカタカナ英語に近いものです。また、教室ではネイティブのような発音をするとからかわれるので、あえてカタカナ風に話すという子どももいます。成長してから学校で正しい発音を身につけることは、あまり期待できません。

 

学校では発音を気にせずに勉強し、社会に出てからいざ外国人と会話をするとなると、やはり自分の発音が気になり、文法や話の内容に注意が行き届かなくなってしまうものです。子どものころに正確な発音を自然に身につけておけば、大人になってから会話で苦労をする心配がありません。

 

 

三幣 真理

幼児英語教育研究家

 

幼児英語教育研究家

ヒューストン生まれ。4歳で日本に帰国したのち、12歳でカナダへ。慶應義塾大学理工学部入学後、環境情報学部へ転籍。フランス語(第一外国語)、イタリア語(第二外国語)を学び、語学への理解を深める。卒業後は、日本アイ・ビー・エムシステムズ・エンジニアリング株式会社勤務、フリーランスで翻訳・通訳の仕事に携わるほか、日本の英語教育学者の第一人者である東京大学名誉教授の岡秀夫教授に師事。
現在は、敬愛大学でSkype英会話の講師を務めるほか、幼児英語教育研究家として子どもたちの英語教育に携わる。日本人男性との間にもうけた一女をバイリンガルに育て上げた。

http://life-produce.jp/

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

バイリンガルは 5歳までにつくられる

バイリンガルは 5歳までにつくられる

三幣 真理

幻冬舎メディアコンサルティング

グローバル化が叫ばれている昨今、世間では英語力が問われる風潮になりつつありますが、日本の英語力は依然として低いまま。 学校での英語教育も戦後間もない頃からのスタイルとほとんど変わらないのが現状です。 そのためか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧