実際のサンプルを公開!ゼロからわかる「資金繰り表」作成法

「来月以降の資金繰り表を作成して、今月中に提出してくださいね!」金融機関からこんなことをいわれた経験はないでしょうか? しかし、作り方もわからないし、見方もわからない。そもそも資金繰り表って何なの?という方も多いはずです。そこで本記事では、資金繰り表についてゼロから解説します。

「いつ」「いくら」お金が必要なのか分かるようになる

◆資金繰り表って何?

 

資金繰り表とは、一定の期間に会社に入ってくるお金と会社から出て行くお金を、時期・項目・金額などの観点から分類して集計したものです。

 

資金繰り表を作成すれば、「いつ」「どこから」「いくら」のお金が入ってきて、「いつ」「どこへ」「いくら」のお金が出て行くのかを、把握することができます。その結果、いつになれば、いくらお金に余裕ができるのか、いつになれば、いくらお金が足りなくなるのかを知ることができるのです。

 

資金繰り表には、過去の資金繰りを集計した「実績資金繰り表」と、今後の資金繰りを集計した「予定資金繰り表」があります。また、一般的には月単位で作成する「月次資金繰り表」と、日単位で作成する「日次資金繰り表」の2つの種類があります。

 

資金繰りにある程度余裕があり、毎月の支払いが問題なくできているというような場合には、月次資金繰り表をつくれば十分ですし、資金繰りに余裕がなく、月のなかで手元のお金に余裕がない日があるような場合には、日次資金繰り表もつくるとよいでしょう。

 

◆資金繰り表はなぜ必要?

 

資金繰り表はなぜ必要なのでしょうか。「黒字倒産」という言葉を聞いたことはありませんか。会社の業績は黒字で利益が出ているのに、お金が足りないために倒産してしまうことを黒字倒産といいます。

 

逆に、会社の業績が赤字で利益が出ていなくても、手元にお金さえあれば、倒産をすることはほぼありません。黒字倒産をしないためには、資金繰り表の作成は必要不可欠です。資金繰り表を作成し、いつお金が不足するかを予測できていれば、金融機関からの借入を行ったり、取引先への支払いを調整したりして、最悪の事態を回避することも可能です。

 

◆利益が出ているのにお金が足りないってどういうこと?

 

あなたが会社を経営していると考えてみてください。8月1日から8月31日の1ヵ月間で100万円の仕入れを行い、150万円の諸経費を支払って、300万円の売上げを上げたとします。1ヵ月間の損益計算書上の利益計算は以下のとおりです。

 

[図表1]
[図表1]

 

このように50万円の利益が出ています。それでは、お金の流れはどうなっているでしょうか。同じ300万円の売上げ、100万円の仕入れ、150万円の諸経費、50万円の利益でも、次の3つのパターンすべてで、お金の流れは異なります。

 

(1)売上げを現金回収、仕入れを現金払い、諸経費を現金払いした場合

8月1日から8月31日の1ヵ月間の、資金繰り表上の現金収支計算は以下のとおりです。

[図表2]
[図表2]

⇒(損益計算書上の利益)=(資金繰り表上の現金収支)となります。

 

(2)売上げを現金回収、仕入れを掛払い(9月20日支払い)、諸経費を現金払いした場合

8月1日から8月31日の1ヵ月間の、資金繰り表上の現金収支計算は以下のとおりです。

[図表3]
[図表3]

⇒(損益計算書上の利益)<(資金繰り表上の現金収支)となります。

 

(3)売上げを掛回収(9月20日回収)、仕入れを現金払い、諸経費を現金払いした場合

8月1日から8月31日の1ヵ月間の、資金繰り表上の現金収支計算は以下のとおりです。

[図表3]
[図表4]

⇒(損益計算書上の利益)>(資金繰り表上の現金収支)となります。

 

(3)のパターンが先程お話した「黒字倒産」の状態になります。損益計算書上の利益は出ているものの、回収・入金のタイミングよりも、支払い・出金のタイミングが先にやってくるために、手元の資金がショートしてしまう状態です。

さっそく「資金繰り表」を作ってみよう!

[図表5]資金繰り表見本

 

◆資金繰り表の作り方

 

① 営業収入

現金での売上げ、売掛金の回収、手形の期日回収など、営業活動でのお金の入金をそれぞれ記入します。

② 営業支出

現金での仕入れ、買掛金の支払い、人件費の支払い、家賃の支払い、諸経費の支払い、税金の支払い、手形の期日決済など、営業活動でのお金の出金をそれぞれ記入します。

③ 営業資金収支過不足

営業活動に直接関係するお金の出入りの差引きを記入します。(営業収入)-(営業支出)と一致します。

 

④ 財務等収入

借入金の入金、手形の割引、定期預金や定期積金の引出しなど、営業活動とは直接関係のないお金の入金をそれぞれ記入します。

⑤ 財務等支出

借入金の返済、定期預金や定期積金の預入れなど、営業活動とは直接関係のないお金の出金をそれぞれ記入します。

⑥ 財務等資金収支過不足

営業活動と直接関係のないお金の出入りの差引きを記入します。(財務等収入)-(財務等支出)と一致します。

 

⑦ 収入合計

営業収入と財務等収入の合計、つまり会社全体の収入の合計を記入します。

⑧ 支出合計

営業支出と財務等支出の合計、つまり会社全体の支出の合計を記入します。

⑨ 総合資金収支過不足

会社全体のお金の出入りの差引きを記入します。

前月繰越⇒前月から繰り越された現金預金の残高を記入します。

次月繰越⇒翌月に繰り越す現金預金の残高を記入します。

(前月繰越)+(総合資金収支過不足)と一致します。

 

◆資金繰り表活用のために

 

資金繰り表には一般的に、月単位で作成する月次資金繰り表と、日単位で作成する日次資金繰り表の2つの種類があります。

 

また、それぞれに過去の資金繰りを集計した実績資金繰り表と、今後の資金繰りを集計した予定資金繰り表がありますが、会社経営にとってより重要なのは「予定資金繰り表」です。予定資金繰り表の「次月繰り越し」がマイナスにならないように、常に収支の管理をしていきましょう。

 

収支の改善には様々な方法がありますが、代表的なものは以下のとおりです。ただし、取引先との取引条件の変更は、与信の悪化や信用の低下につながる恐れがありますので、安易に行わないようにしてください。

 

●収入の改善

・売上げの計画を見直す

・掛取引を現金取引に変更する

・売掛金の回収を早める

・手形での売掛金回収を、現金回収に変更する

 

支出の改善

・経費の計画を見直す

・現金取引を掛取引に変更する

・買掛金の支払いを遅らせる

・仕入れや経費の現金支払いを、手形支払いに変更する

 

 

ひかりアドバイザーグループ

ひかり税理士法人 

 

ひかり税理士法人 代表社員
 公認会計士・税理士

1956年 京都市生まれ
1979年 同志社大学経済学部卒業
1985年 公認会計士・税理士登録

ひかりアドバイザーグループ 最高経営責任者
ひかり監査法人 代表社員
京都市 監査委員
京都家庭裁判所 家事調停委員
立命館大学大学院法学研究科 非常勤講師

ひかり税理士法人

著者紹介


 

先行き不透明な経営環境、加速度を増す少子高齢化、
人工知能(AI)がもたらす第二の産業革命。
こうしたキーワードで語られる混沌とした経済社会を企業が首尾良く生き抜くためには、
的確な経営意思決定と適切な資産防衛ノウハウが不可欠です。

一方、迅速な意思決定と卓越したノウハウを実践するためには、
豊富な知識と経験を有する専門家集団によって提供される
「最適解」によってサポートされる必要があります。
私たちは、各種の課題解決にタイムリーに対応することによって、
有為な「最適解」を提供することをミッションとしています。
私たちは、このミッションを完遂するために知と技の錬磨を通じて最強のプロ集団を目指しています。

ひかり税理士法人の役職員の合言葉は、「人間、一生勉強」。
弛みのない不断の努力は、先行きを明るく照らし出す「ひかり」でありたいとの願いそのものなのです。

著者紹介

連載税務、会計、経営…税理士が教える「混沌社会」を生き抜くための資産防衛ノウハウ

本記事は、『ひかり税理士法人』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧