起業への熱情が引き寄せた、サイバーエージェントとの縁

今回は、キーエンスからサイバーエージェントへと転職したプロセスを見ていきます。※サイバーエージェントのグループ企業で、日本最大級のクチコミ数を誇るウエディング情報サイトを運営する「ウエディングパーク」。キーエンス出身の敏腕営業が飛び込んだネットビジネスの最先端で、時代の寵児・藤田晋氏とかかわりながら育てたサイトは、これまで何度も危機を乗り越えながら、現在の地位を獲得しました。本連載は、書籍『僕が社長であり続けた、ただ一つの理由』から一部を抜粋し、熱血社長による、ウエディングパーク立ち上げの道のりを紹介します。

「勝ち癖」を知ったキーエンス時代だったが…

キーエンスでは、僕は実際に「勝ち」を体感することになります。やるべきことをきちんとやっていれば、必ず勝てる。そんな思考回路も得ることができたのでした。勝ち癖を知った、と言い換えてもいいと思います。

 

入社後、まず驚いたのは、徹底的に準備をさせられたことです。アポイントに行く前には、どんなお客さまのところに行き、何を話して、どう着地するのかを、事前に先輩とロールプレイングします。これが、何度も繰り返し行われるのです。

 

また、移動時間や訪問についても細かな指摘を受けました。僕は滋賀県の営業担当でしたが、アポイントを取るときに、どう取れば効率的なのかを常に問われました。「その取り方は無駄だ」とよく言われました。移動の仕方も、「その道はやめたほうがいい」などとアドバイスされる。無駄を省く訓練を、外出報告のたびにされるのです。

 

しかも、こうしたことが細かく指標化され、ランキング化される。「勝手にやっておいて」ではなく、きちんと丁寧に指導が行われ、誰がやっても結果が出るように、という上司の教育ポリシーがありました。だから、僕自身も1年目からレベルを上げやすかったのだと思います。

 

ウエディングパークでは、マネジメント層の部下に対する細かなケアやフィードバックが「ベンチャーらしくない」と言われることがあるのですが、これはひとえにキーエンスでの経験によるものです。

 

そして、僕がたまたま配属された新大阪の営業所の所属グループは、僕が入社した年、日本一になります。僕自身も、新人の中で全国2位の成績を残すことができ、2年目には営業の西日本代表としても表彰を受けました。

 

チームが結果を出し、そこに自分も一人の営業として貢献できたことは、大きな成功体験でした。仕事をする喜び、結果を出す喜び、勝っていく面白さ、成功して見る景色の素晴らしさを知ることができました。

 

また、成果には会社も報いてくれます。出した結果を、年齢に関係なく評価してくれました。これも心地良いことでした。結果を出せば評価され、会社をつくっていける、動かしていける、ということが分かったのも、このときのことです。

 

しかし、入社3年目となった2000年、僕の心は揺らぐことになります。この年はいわゆるインターネットバブルの年。理系だったけれど営業も向いているな、と自信を深めていましたが、社長になって経営したい、という夢に変わりはありませんでした。

 

相変わらず、家に帰っては、経営者の本を読んだりしていましたから、いつになったら次のステップに進むことができるのか、分からずに悶々としていたのです。キーエンス社内では、社員の間で起業しよう、などという雰囲気はまったくありませんでした。

たまたま書店で見つけた書籍『ビットバレーの鼓動』

そんなときに、メディアがインターネットベンチャーを次々に取り上げ始めたのです。僕と年齢もほとんど変わらない起業家たちが、インターネットという新しい産業で社長になり、世の中に対してインパクトを与え始めているという事実を知って、もうじっとしてはいられませんでした。

 

なんといっても、みんな僕と同様に若かった。古い産業よりも、新しい産業のほうが、若い人が出てくる意味があると思いました。その意味でも、インターネットには強く興味が湧きました。

 

しかし、当時の僕はインターネットといっても、メールくらいしかやっていませんでした。まだダイヤルアップ回線を使っている時代。後にインターネットがどうなっていくのか、まったく分かりませんでした。ただ、これだけ起業家にスポットが当たり、活躍しているとなれば、僕が飛び込んでもなんとかなるのではないか、と思ったのです。

 

当時、僕がいたのは大阪。インターネットで大きな盛り上がりを見せていたのは、東京。だから、リアルを知りませんでした。ただ、大変なことが起きるのではないか、という期待は大きかったのです。

 

そんなとき、たまたま書店で見つけたのが、書籍『ビットバレーの鼓動』でした。ベンチャー系の経営者が30人近く登場していたのですが、心に引っかかった社長が一人いました。それが、サイバーエージェントの藤田晋社長でした。

 

藤田社長は僕の二つ年上になります。同世代という共感もあったのかもしれませんが、藤田社長が出ていたページが僕はとても気になりました。文章を読んでいて、人柄に惹かれるな、と直感で思ったのです。

 

それをきっかけに藤田社長のウェブサイトのページを見にいくと、ベンチャー起業日誌というブログのようなものを藤田社長が書いていました。それを読んでも本の印象と変わりがない。リアルな社長としての人柄が出ていました。僕は藤田社長の考え方にも共感できました。

サイバーエージェントから届いた返信メール

今では人材紹介会社など、転職には便利な時代になっていますが、当時はそういう会社があるということすら知らず、僕が起こしたアクションは、サイバーエージェントのコーポレートサイトの問い合わせフォームに入力することでした。

 

買ったばかりのNECのデスクトップパソコン「PC98」を使って、これは本当に届くのかな、東京とつながっているのかな、などと思いながら「日紫喜といいます」と文章を入力して問い合わせをしたことを今でも覚えています。

 

そうすると、2週間後くらいに返事が来ました。反応がないので半分諦めていたら、サイバーエージェントの人事部からメールの返信が来たのです。「ご連絡ありがとうございます。大阪に営業所があるので、一度来られますか?」と。それが、1回目の面接になりました。

 

僕はサイバーエージェントについても詳しく知りませんでした。というより、調べてもよく分からなかったのです。当時、サイバーエージェントは赤字でしたが、赤字という情報もよく分かっていませんでした。

 

ですから、完全な直感だったのです。藤田社長に魅力を感じるので、良いのではないか、と。それだけです。経営については知識がないし、インターネットもよく分からなかったので、この人のもとで社長業を学ぼうと思ったのです。

 

年齢が近いほうが、やっぱり共感もできると思いました。この人にできて、どうして自分にできないのか、ということも分かりやすいと思いました。会社は当時、100名ほどの規模でしたし、これなら絶対に近くで社長が見られるだろう、と。

 

もう一つ、大阪でずっと営業をやっていましたから、渋谷で仕事をしたら東京についても分かるだろうと思いました。東京にいて、年齢が近い社長で、インターネットという新しい産業ということで、サイバーエージェントは僕にぴったりだったのです。

 

結局、僕の転職活動はこの1社だけとなりました。転職活動というか、問い合わせをしただけだったのですが。実のところ僕は、サイバーエージェントの正式な人材募集に応募したわけではないのです。言ってみれば、道場破りのようなものでした。今思えば、よく採用してくれたと思います。

 

僕はこの2000年、24歳で結婚したばかりでした。サイバーエージェントに転職を決めたのは、結婚した数カ月後のことです。

 

僕がいずれは社長になりたいと思っていたことや、インターネットに興味を持ち、いろいろ調べていたことは妻も知っていました。ありがたかったのは、妻の寛大さです。

 

二人とも東京にはまったく土地勘がなく、日帰りで行って住む場所だけ決めてこよう、と新幹線で行ったのを覚えています。その日に帰りたいので、と不動産屋に飛び込み、3軒ほど紹介してもらってマンションも決めて帰りました。

 

考えてみたら、妻だけが応援してくれたのでした。僕はそれをチャンスと捉えて、ならば行こう、と決めました。給料は大幅に下がりましたが、若かったんだと思います。だから、夫婦二人ともワクワクするほうに賭けたのだと思います。

 

実際には、入社してみると当時のサイバーエージェントは創業期ならではの大変な状況でした。しかし、自分で決めたことでしたので、「これで良かったんだという結論を自分でつくっていくしかない」という覚悟は持っていました。そして、僕はサイバーエージェントに入社しました。社員番号は148番でした。

 

 

日紫喜 誠吾

株式会社ウエディングパーク 代表取締役社長

 

株式会社ウエディングパーク 代表取締役社長

1976年生まれ。
1998年に同志社大学工学部エネルギー機械工学科を卒業後、(株)キーエンスに入社。その後、将来の起業を目指して急成長のネット業界へ転職を決意し、2000年に(株)サイバーエージェントに入社。インターネット広告代理事業のマネージャー、局長を経て、2004年にサイバーエージェントの100%子会社として設立された(株)ウエディングパークへ出向。2005年に代表取締役に就任し、現在に至る。

著者紹介

連載キーエンスのスゴ腕営業がサイバーエージェントで「ウエディング情報ビジネス」の社長になった理由

僕が社長であり続けた、ただ一つの理由 ウエディング業界に革命を起こした信念の物語

僕が社長であり続けた、ただ一つの理由 ウエディング業界に革命を起こした信念の物語

日紫喜 誠吾

幻冬舎メディアコンサルティング

ウエディング業界の常識を変えた革命児の揺るぎない「信念」とは? 誰もが「失敗する」と笑ったビジネスでなぜ成功することができたのか。 20年続くあるベンチャー企業の軌跡。 役員・従業員の大量離職、 事業の方向転換…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧