子どもに説明できる?世の中に「株式会社」が多いのはなぜ?

お金と世の中のしくみを知ることは、これからの時代を生き抜く力を身につけることです。本連載では、親子で学ぶ絵本『池上彰のはじめてのお金の教科書』より一部を抜粋し、お金をかしこく、上手に使うための正しい知識をわかりやすく解説します。

お金をかせぐ秘訣は「人が喜ぶこと」をすること

 

◆人が喜ぶことをすると自分ももうかる

 

お金をかせぐには、いろいろな方法があります。会社員になることも、会社をつくることも、後でお話ししますが株を買うことだって、お金をかせぐ手段です。でもさいしょにおぼえておいてほしいのは、「人が喜ぶことをすると、自分ももうかる」ということです。

 

たとえばパン屋さん。おいしいパンをつくれば、それだけたくさんのお客さんが買ってくれて、お店は繁盛します。朝からパンを買いにくる人のために、早起きしてパンをつくるのは大変かもしれません。でも、そうやって「人が喜ぶもの」をつくるために一生懸命になるほど、世の中もよくなっていくし、自分だってもうかります。

 

会社をつくるときも、やっぱり「人が喜ぶこと」をすることが大切です。すると会社は大きくなり、またもうかる。その会社で働く人も増えて、みんなが喜ぶというわけです。

 

◆悪いことをしてもうかるのは一瞬だけ

 

逆にいうと、誰かをダマしてもうけようとしても、そうはいきません。昔、エイブラハム・リンカーンというアメリカの大統領が、こんなことをいいました。

 

「少しの人なら、ずっとダマし続けられる。たくさんの人も、少しのあいだならダマすことができる。でもたくさんの人を、ずっとダマし続けることはできない」。

 

私も、そのとおりだと思います。テレビで「大金をダマしとった」といって逮捕される人のニュースが流れることがあるでしょう。悪いことをしてもうかるのはほんの一瞬だけ。長くかせぎ続けているのは、みんなが喜ぶことを続けている人や会社だということを、忘れないでくださいね。

 

★もっと知りたい!
「世の中のしくみ」のはなし
 

世の中は分業といって、自分は得意なものや好きなものをつくる、ほかのものは人につくってもらうというしくみで動いています。お金を通じて、お互いにつくったものを交換するわけです。ですから、だれも欲しがらないものをつくっても交換してもらえず、お金もかせぐことができません。

株式会社のおかげで、世の中は大きく発展してきた

 

◆危険は小さく、もうけは大きいしくみだから

 

「株式会社」という名前がついた会社がたくさんあることを知っていますか。みんなのお父さんやお母さんが働いている会社も「〇〇株式会社」が多いんじゃないかな。株式会社とは「みんなから少しずつお金を集めてつくった」会社のことをいいます。会社の仕事がうまくいってお金がもうかったら、さいしょにお金を出してくれた人みんなで、もうけを分け合います。 

 

この株式会社のしくみがとてもいいのは、みんなが少しずつお金を出し合っているので、もし会社の経営がうまくいかず倒産することになっても、損をするのはさいしょにみんながそれぞれ出した少しのお金だけですむということです。自分1人だけで会社をつくり、1人だけで経営をしていたら、会社が倒産したとき、自分だけが大変な損をしてしまうでしょう。

 

◆株式会社があるから社会が発展してきた

 

もう1つ、大切なことがあります。

 

1人ひとりが出すお金は少なくても、たくさんの人がお金を出し合えば、それだけ多くのお金が集まるということです。貯金がない人も、みんなからお金を集められれば会社をはじめられますし、とてもお金のかかる大きな仕事にも、怖がらずにどんどんチャレンジできるようになります。その会社が失敗したって、損が小さくてすむのなら、また新しい会社をつくることができるかもしれません。こうして株式会社のおかげで、世の中は大きく発展してきました。

 

★もっと知りたい!
「世界初の株式会社」のはなし
 

世界初の株式会社は、ヨーロッパからアジアに香辛料を買いにいくためにつくられた「東インド会社」です。当時は船に乗って長い旅をする必要がありました。しかし船が途中で沈んでしまったら大変な損になります。そこで、みんながお金を出し合って会社をつくる方法が考え出されたのです。

 

→ 勝ち組富裕層が「幻冬舎ゴールドオンライン・メルマガ」で情報収集しているワケ

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

1950年生まれ。ジャーナリスト。名城大学教授、東京工業大学特命教授、東京大学客員教授、愛知学院大学特任教授。立教大学、信州大学、日本大学などでも講義を担当。
慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道記者として松江放送局、呉通信部を経て、報道局社会部へ。記者として警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当し、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などに携わる。首都圏向けニュース番組のキャスターを5年間務めた後、94年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年に独立。
『知らないと損する 池上彰のお金の学校』(朝日新聞出版)、『14歳からのお金の話』(マガジンハウス)など、著書多数。

著者紹介

連載親子で学ぶ!お金をかしこく使うための特別授業~『池上彰のはじめてのお金の教科書』より

本連載は、2018年9月5日に刊行された書籍『池上彰のはじめてのお金の教科書』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

池上彰のはじめてのお金の教科書

池上彰のはじめてのお金の教科書

著:池上 彰
絵:ふじわらかずえ

幻冬舎

お金と世の中のしくみを知ることは、これからの時代を生き抜く力を身につけることです。 池上彰の親子で学ぶ絵本が登場! 「物事をわかりやすく説明する」スペシャリストが、学校では教えてくれない、お金をかしこく、上手…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧