株主が一番えらくなる?株式会社をつくる「株」のすごいしくみ

お金と世の中のしくみを知ることは、これからの時代を生き抜く力を身につけることです。本連載では、親子で学ぶ絵本『池上彰のはじめてのお金の教科書』より一部を抜粋し、お金をかしこく、上手に使うための正しい知識をわかりやすく解説します。本記事では、株式会社つくる「株」のしくみについて解説します。

株主がいなければ「株式会社」はつくれない

 

◆お金を出すと「株」がもらえる

 

株式会社をつくるためにお金を出した人のことを「株主」といいます。株主には「株」という書類が発行されます。

 

株主がいなければ株式会社はつくれないのですから、「株主が一番えらい」といってもいいでしょう。会社にとって大事なことは、株主に相談しながら決めなければいけません。そのため、1年に1回「株主総会」が開かれて、株主が集まることになっています。株主総会では、会社の経営をまかせる取締役をえらんだり、クビにしたりすることもできます。会社の社長も、取締役の中からえらばれます。

 

◆株は買ったり売ったりできるもの

 

会社がもうかると、株主はもうけの一部を分けてもらえます。そのお金を「配当」といいます。仕事ごとがうまくいき、もうかっている会社の株は配当も多くなります。すると、たくさんの人が株を欲しがり、「私にその株を売ってください」という人もあらわれます。そこで自分が買った株を、また別の人に高く売 ってもうけようとする人も出てきます。こうして株を売ったり買ったりする場所ができました。それを「株式市場」といいます。

 

野菜や魚など、ほかの商品と同じように、株の値段(株価)も毎日変わります。もうかっている会社の株ほど欲しがる人が多いので、「需要と供給」の関係によって、株価は高くなります。逆に、もうかっていない会社の株を欲しがる人は少なく、「だれかに売ってしまいたい」と考える人が多くなるため、株価は下がります。

 

★もっと知りたい!
「証券会社」のはなし

 

じっさいに、株を売ったり買ったりするときは「証券会社」を通じておこないます。証券会社は、株式市場と株主のあいだを取りもち、手数料をもらうという仕事をしています。また証券会社も、自分たちで株を売買して、お金を増やしているのです。

株に投資をすると、「配当金」を受け取れることも

 

◆投資は大きくもうかるかもしれないけど……

 

株を買うということは、株を発行している会社のためにお金を出すということです。これを「投資」といいます。株に投資をすると、お金もうけのチャンスが2つあります。1つは、会社がもうかったときに受けとれる配当金です。もう1つは、買った値段よりも値上がりした株を、株式市場で売ったときに受けとれるお金です。

 

こうして大きくもうかるチャンスがあるかわりに、株が値下がりするおそれや、配当金が出ないこともあるのが、投資の特徴です。その会社が倒産すれば、株は紙切れ同然となって、投資したお金はもどってきません。このように、お金を損したり、ゼロになったりする危険のことを「リスク」といいます。

 

◆貯蓄は安心、だけどお金はあまり増えない

 

銀行にお金を預けることでお金を増やす方法もあります。これを「貯蓄」といいます。貯蓄したお金は、銀行の責任でほかの会社に貸し出されていますが、もし、その会社がつぶれたとしても、貯蓄した人のお金が減ることはありません。ですから、貯蓄にはほとんどリスクがない、ということになります。そのかわり、お金が増えるチャンスは、わずかに受けとれる利息だけです。

 

自分が持っているお金を増やしたいとき、この「リスク」の考え方がとても大切になります。貯蓄はリスクが小さく、受けとれるお金も少ない。投資はリスクが大きく、成功すれば受けとれるお金も多くなる。リスクのちがいが、貯蓄と投資のちがいです。

 

★もっと知りたい!
「リスク」のはなし
 

リスクが少なく受けとれるお金も少ないことを「ローリスク・ローリターン」、リスクが大きく受けとれるお金も多いことを「ハイリスク・ハイリターン」といいます。「株式会社」は、損をする危険を小さく、もうけは大きくするしくみですから「ローリスク・ハイリターン」といえるでしょう。

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

1950年生まれ。ジャーナリスト。名城大学教授、東京工業大学特命教授、東京大学客員教授、愛知学院大学特任教授。立教大学、信州大学、日本大学などでも講義を担当。
慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道記者として松江放送局、呉通信部を経て、報道局社会部へ。記者として警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当し、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などに携わる。首都圏向けニュース番組のキャスターを5年間務めた後、94年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年に独立。
『知らないと損する 池上彰のお金の学校』(朝日新聞出版)、『14歳からのお金の話』(マガジンハウス)など、著書多数。

著者紹介

連載親子で学ぶ!お金をかしこく使うための特別授業~『池上彰のはじめてのお金の教科書』より

本連載は、2018年9月5日に刊行された書籍『池上彰のはじめてのお金の教科書』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

池上彰のはじめてのお金の教科書

池上彰のはじめてのお金の教科書

著:池上 彰
絵:ふじわらかずえ

幻冬舎

お金と世の中のしくみを知ることは、これからの時代を生き抜く力を身につけることです。 池上彰の親子で学ぶ絵本が登場! 「物事をわかりやすく説明する」スペシャリストが、学校では教えてくれない、お金をかしこく、上手…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧