▲トップへ戻る
親族内承継を考える経営者必見!「特例事業承継税制」の概要

前回は、中小企業経営者に早期引退をお勧めする理由を取り上げました。今回は、特例事業承継税制の概要を見ていきます。

制度の活用で、株式の贈与税・相続税を100%免除可能

では、ここからは事業承継における最新のトピックである「特例事業承継税制」について解説していきます。親族内承継を考えている方は熟読をお勧めします。

 

平成30年度税制改正で、非上場株式等についての従来からある「贈与税・相続税の納税猶予制度」に加え、新たに「特例事業承継税制」が創設されました。ですから、現在は従来の納税猶予制度と今回新設された特例事業承継税制の2つの制度が存在しています。ここでは従来からあるものを「一般措置」、特例を「特例措置」と呼ぶことにします。この特例措置を活用すれば、主に中小企業の事業承継において後継者の税負担が軽くなり、承継がスムーズに進むとして注目されています。この制度を受けることができれば、株式にかかる贈与税や相続税が最終的に100%免除されます。

 

事業承継税制そのものは、平成21年の税制改正によって創設されました。このときすでに中小企業で社長の高齢化が問題視されており、このままでは廃業していく会社が増えるということで、政府は危機感を持っていました。

 

中小企業で事業承継が進まない理由の1つが、後継者への株の贈与・相続時にかかる税負担の大きさでした。そこで、後継者への株の贈与税・相続税を納税猶予する税制を作り、承継を後押ししようとしたのです。ところが、蓋を開けてみると細々とした取り決めが多くあり、適用を受けるための要件を維持し続けることが難しすぎました。また、平成29年改正以前は、贈与税の納税猶予を受ける際に、贈与税額を暦年課税で計算することになっており、なんらかの事情で納税猶予を取り消された場合に猶予されていた高額な贈与税を利子税とともに一括納付しなくてはなりませんでした。結局、ほとんどの会社は承継後5年間、平均8割の雇用を維持する要件を満たすことが難しく、適用を諦めるしかありませんでした。

 

その結果が、今です。本書(『オーナー社長のスゴい引退術』)第一章でもお話しましたが、中小企業では経営者の高齢化が進み、2025年までに70歳超の経営者が約245万人になるといわれています。にもかかわらず、半数以上が事業承継の準備を終えていません。このままでは多くの中小企業が廃業してしまうでしょう。そうなると、約650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる恐れがあります。

 

そこで、政府は中小企業の廃業の回避と雇用の確保を目的に、この制度を大幅に改善し、特例措置を創設しました。制度を使いやすくして、特例のメリットを拡大したのです。

 

今回の改正は、政府の大盤振る舞い、出血大サービスと言ってよいほどで、今まで高額な自社株対策に頭を悩ませていたオーナー経営者にとっては、まさに事業承継の救世主です。適用を受けられれば無税で承継が叶うのですから、検討しない手はありません。株価が数千万から億になる中小企業オーナーは、もう一度今までの事業承継対策を白紙にして検討しなおすことをお勧めします。

特例は期限付き…2023年3月末までに計画書の提出を

ただし、今回の特例事業承継税制(特例措置)には期限があります。

 

平成30年(2018年)1月1日から平成39年(2027年)12月31日までが特例措置の適用期間で、平成30年4月1日から平成35年(2023年)3月31日までの5年間に「特例承継計画」を都道府県に提出し、確認を受けた上で、平成39年12月31日までに株の移転を完了することが条件となっています。

 

つまり、今から5年のうちに承継計画を決めて、計画書を出しておかないと、10年以内に自社株を承継しても特例は受けられず、従来の「一般措置」しか適用できません。とにかく5年以内に計画書を提出し、事業承継の意思があることを示しておくことが大事なのです。

 

5年というと長い気がしますが、後継者を決めて計画を練って・・・としていると、意外に時間がありません。たとえば、後継者を息子にしようとは思っているものの、まだ経営者としては半人前だという場合、後継者育成には一般に約5年かかると言われています。

 

悠長に構えていると、せっかくのメリットを取り逃すことになってしまいます。当初、提出した計画に変更があったら5年の提出期間を過ぎても、変更届を出すことができます。また、たとえ計画通りに承継が進まなかったとしても罰則はありません。親族内承継をするなら、多少の見切り発車になったとしても、計画だけ出しておくとよいでしょう。

山田知広税理士事務所 代表
株式会社八事財産コンサルティング 代表
株式会社経営情報センター 代表
株式会社中日本エム・アンド・エー・センター 代表
名古屋税理士会所属、愛知県行政書士会所属、
TKC全国会所属
日本M&A協会理事会員、青年経営者研修塾所属 税理士・行政書士
経済産業省 認定経営革新等支援機関
M&Aシニアエキスパート
家族信託専門士

1971年生まれ、愛知県名古屋市出身。2002年税理士登録。これまで150件以上の相続申告を経験。個人・法人の事業承継対策や相続税対策を行い“モメない相続対策”コンサルティングを行なう。中小企業のM&Aサポートや、若手経営者の勉強会「ATMビジネスラボ」を主宰し後継者教育にも力を入れる。2018年で事務所創立60周年。

著者紹介

連載オーナー社長のスゴい引退術…期間限定!「特例事業承継税制」の活用法

 

オーナー社長のスゴい引退術

オーナー社長のスゴい引退術

山田 知広

幻冬舎

引退の先延ばしは様々な問題を引き起こす。事業の競争力が低下し、結果として休廃業を選択する企業が多い。また事業承継を行う場合、その多くは計画的に準備がされていないため、トラブルや失敗を招きがちだ。後ろ向きに捉えが…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧