特例事業承継税制活用術…贈与前に行うべき「株価対策」の方法

前回は、特例事業承継税制の活用にあたって、後継者への株式贈与の留意点を取り上げました。今回は、贈与前に行う株価対策を見ていきます。

まず「特例認定承継会社」の要件を満たすかを確認

前回に引き続き、特例事業承継税制における最大限のメリットを享受するために、承継前にやっておきたい対策を紹介していきます。

 

特例を使う際の注意点⑤

特例認定承継会社の要件を満たす

 

特例が受けられる会社にも要件があります。まず、「中小企業に該当すること」「上場会社等に該当しないこと」です。資本金や従業員の数が規定より上回っていると、中小企業とは認められないので要注意です。

 

また、「資産管理型会社に該当しないこと」というのもあります。「資産管理会社」とは、有価証券、自ら使用していない賃貸用不動産、現金・預金等の特定の資産の保有割合が総額の70%以上の会社(資産保有型会社)や、これらの特定の資産からの運用収入が総収入金額の75%以上の会社(資産運用型会社)をいいます。

 

つまり、自分で事業活動により収入を得るよりも、株式や不動産などの投資を行って利益を得ている割合が高い会社が該当します。常にこの割合を把握しておく必要があります。決算申告後に決算書をもとに継続届出書を作成することになると思いますが、その作成時に資産管理会社に該当していたことが判明した場合は、納税猶予の取消事由になってしまいます。

 

資産管理会社に該当しない「基準」を紹介します。①常時使用従業員数(後継者と生計一の親族を除く)5名以上。②事務所・店舗・工場その他の施設を所有又は賃貸している。

 

③贈与・相続時において商品販売、資産の貸付等を3年以上継続している。これら3つの条件を全て満たせば、事業の実態があるとして資産管理会社に該当しないとみなされます。

贈与前に退職金を受け取り、株価をしっかり下げておく

特例を使う際の注意点⑥

贈与前に株価を引き下げておく

 

株を贈与する前には、株価をしっかり下げておくことがポイントです。「5億円で株を贈与」する場合と、「3億円に引き下げてから贈与」する場合を比べてみましょう。

 

贈与税の納税猶予は、特例を使えば100%の株に対して適用になります。ということは、5億円だろうが3億円だろうがゼロ円、つまり納税はしなくて済むわけです。それなら、いくらで贈与しようが構わないと思ってしまいがちですが、実はそれが落とし穴なのです。

 

贈与のときはそれでよいですが、いざ相続になったらどうなるでしょうか? 

 

贈与税は猶予されているだけなので、相続が発生すれば、自社株をその他の財産に加えて、全部一緒に相続税を計算することになります。相続税の納税猶予を使うことになっても、猶予されるのは、自社株の部分の相続税だけなので、自社株以外の財産には相続税がかかります。自社株を相続しない他の兄弟がいる場合には、その相続税の負担額に大きな差が生まれてしまいます。

 

ですから、目先の贈与税がゼロ円だからと急いで贈与してしまうと、相続のときに相続財産が膨らんでビックリすることになりかねません。

 

今できる株価対策を行い、株価をできるだけ引き下げておいてから、贈与することが大事なのです。

 

特例を使う際の注意点⑦

贈与前に退職金を受け取る

 

特例を使って贈与をする場合、後継者を代表者にして、自分は代表取締役を引退する必要があります。しかし、このタイミングで退職金を受け取ることを考えるならば、事前に代表を譲り、退職金を受け取った後で後継者に贈与してください。できれば決算を挟んでから贈与することをお勧めします。

 

これは退職金を吐き出すことによって、株価を下げる効果があるためです。

 

退職金をしっかりもらうためには、生命保険などを活用して退職金の原資を積み立てることを、引退準備の期間で行いたいものです。

 

注意すべきことは、引退後の会社との関わり方です。退職金を税務署に否認されないためにも、引退前と後ではしっかり線を引いて後継者に任せましょう。「取締役会長」でもよいですが、経営にはタッチせず、役員報酬もできれば無給かそれに近い金額にすることがお勧めです。

 

役員退職金の支給金額の目安は、「最終報酬月額×勤続年数×功績倍率」とされています。

 

報酬額により多額の退職金を支給することが可能で、法人は高額の経費を計上することができます。

 

[図表]退職所得控除額の計算式

 

退職金を受け取った役員は、その退職金は退職所得となって課税の対象になりますが、退職金には税の優遇措置があって、収入金額から勤続年数に応じた退職所得控除額を差し引いて、さらにそれを2分の1にした金額となります。つまり、高額を受け取っても、そこから控除がされたうえに半額になりますから、他の所得と比べて大幅に圧縮されます。また、退職所得の課税は他の所得とは別にして計算する分離課税となっていますので、所得税を押し上げるようなこともありません。退職金は引退後の生活をスタートするうえで大事な資金ですので、準備には時間をかけたいものです。

山田知広税理士事務所 代表
株式会社八事財産コンサルティング 代表
株式会社経営情報センター 代表
株式会社中日本エム・アンド・エー・センター 代表
名古屋税理士会所属、愛知県行政書士会所属、
TKC全国会所属
日本M&A協会理事会員、青年経営者研修塾所属 税理士・行政書士
経済産業省 認定経営革新等支援機関
M&Aシニアエキスパート
家族信託専門士

1971年生まれ、愛知県名古屋市出身。2002年税理士登録。これまで150件以上の相続申告を経験。個人・法人の事業承継対策や相続税対策を行い“モメない相続対策”コンサルティングを行なう。中小企業のM&Aサポートや、若手経営者の勉強会「ATMビジネスラボ」を主宰し後継者教育にも力を入れる。2018年で事務所創立60周年。

著者紹介

連載オーナー社長のスゴい引退術…期間限定!「特例事業承継税制」の活用法

 

オーナー社長のスゴい引退術

オーナー社長のスゴい引退術

山田 知広

幻冬舎

引退の先延ばしは様々な問題を引き起こす。事業の競争力が低下し、結果として休廃業を選択する企業が多い。また事業承継を行う場合、その多くは計画的に準備がされていないため、トラブルや失敗を招きがちだ。後ろ向きに捉えが…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧