増加する高齢者の自己破産…老後資金の不足に備えるには?

前回は、人口が世界で最も多い都市である東京の再開発の最新事情を取り上げました。今回は、老後の生活資金の不足に備える方法を見ていきます。

年金生活になると、可処分所得は現役時代の半分に…

【い】インカムが 老後の不安を 解決へ

 

最近流行したワードである「老後破産」。現在、日本人の16人に1人が、老後破産状態にあるとも言われています。残念なことではありますが、今後、医療の進歩により平均寿命が延びれば、さらに多くの人が老後破産に陥ることも予想できるでしょう。長寿は、金銭面において間違いなくリスクなのです。

 

それでは、「なぜ? 老後に生活が破たんする」のでしょうか。その答えは、銀行カードローンの利用状況から推測できます。近年の銀行カードローン残高は右肩上がりで、直近3年間で毎年6万件ほどの自己破産が発生しているのです(図表1参照)。

 

※出典:最高裁と日銀の資料から。自己破産の16年以降は速報価。カードローン残高は17年が3月末時点、他は各年末時点。
[図表1]カードローン残高と自己破産件数の推移
 
※出典:最高裁と日銀の資料から。自己破産の16年以降は速報価。カードローン残高は17年が3月末時点、他は各年末時点。

 

金融庁調べの【借金をしたきっかけ】アンケート(図表2参照)によりますと一番多い借り入れ理由は、「定収入・収入の減少」になります。つまり、収入減により、生活がままならなくなる世帯は非常に多いのです。

 

※出典:平成25年度下半期及び平成26年度上半期相談状況調査結果(金融庁WEBサイトより引用
 
[図表2]借金をしたきっかけ
 
※出典:平成25年度下半期及び平成26年度上半期相談状況調査結果(金融庁WEBサイトより引用

 

これを老後に置き換えると、話は分かりやすくなります。国税庁「平成26年分民間給与実態統計調査」によると、2014年のサラリーマンの平均年収は「415万円」です。一方、総務省統計局「家計調査報告(平成28年平均速報結果)」によりますと2016年の60歳以上の世帯の可処分所得は、月額で17.9万円、年間に換算すると214.8万円になります。つまり、サラリーマン世帯は年金生活に突入すると、約半分の収入で生活しなければならないということなのです。

 

給料が半分になって、生活を維持できる世帯は多くありません。そのため、サラリーマンである現役時代と変わらぬ給料を確保することが、老後破産に陥るリスクを最も回避しやすい方法だと言えるのです。なぜなら、私たち日本人は、今まで給料をもらう生活に慣れすぎていました。それだけ、月に1度、生活できるだけの安定した収入が確保できることは重要なのです。その生活を「定年後も続けること」で、老後のリスクは大幅に回避できるのではないでしょうか。

安定収入となる「インカムゲイン」で不安を回避

資産運用の収益には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2種類があります。「キャピタルゲイン」は、「土地や有価証券など保有資産の値上がりによる利益」のことです。一方で、「インカムゲイン」は、「金融資産を一定期間運用したときに発生する利子所得」のことで、不動産を貸すことによって得られる家賃収入もここに該当します。「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」では、「キャピタルゲインは、購入時の資産価格と売却時の資産価格との差益であり、景気の変動により大きなリスクを伴う」一方、「インカムゲインは、景気変動に関係なく、ほぼ確実に獲得することができる収入である」という違いがあるのです。

 

老後に向けての資産運用は、毎月の安定収入を確保することが目的ですから、「キャピタルゲイン」を狙うより、安定収入を得る「インカムゲイン」の仕組みを定年までに作り上げることが、必要なことではないでしょうか。

 

老後の生活費は、貯金だけでは解決できません。なぜなら、貯金が減る不安に何十年も耐えきれる人は少ないからです。生命保険文化センターの調べ(図表3)によると、老後の生活に「不安感あり」と回答している人は、全体の85.7%もいます。つまり、日本人の約85%は、老後不安を解消する術を理解していません。まずは、不安を解消する術を、理解することが必要です。

 

※出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度
 
[図表3]老後生活に対する不安の有無
 
※出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度

 

そこで参考にしていただきたいデータがあります。私が代表を務めます和不動産が、ポータルサイト「CMサイト」の60歳以上の世帯の会員様を対象にしたアンケート(図表4)によりますと、「年金の他にいくらくらい収入があれば、ゆとりある生活ができますか?」という問いに対して、「10~20万円」と回答した方が多くいらっしゃいました。つまり、年金プラス「10~20万円」程度の金額が安定的に入れば、老後を安心して過ごすことができるようになります。

 

※和不動産が60歳以上の世帯に対し実施した生活に関するアンケートより
 
[図表4]実際にいくらくらいあれば生活できるのか
 
※和不動産が60歳以上の世帯に対し実施した生活に関するアンケートより

 

もちろん、この金額は人によって異なるため、自分の必要な金額を「インカムゲイン」により補てんしていくことが重要です。その「インカムゲイン」を得る方法として一般的な運用が、アパート経営やマンション投資などに代表される「大家業」になります。身近にいる老後に無理のない生活を送っている大家さんこそが、私たちが目指すべき見本なのかもしれません。

 

 

仲宗根 和徳

株式会社和不動産  代表取締役

株式会社和不動産  代表取締役

法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年より現職。
電話営業等のプッシュ型営業を一切行わない営業手法と、きめ細かなアフターフォローで、多くの顧客から支持を集めている。
『人が集まる会社』をコンセプトに掲げ、顧客・取引先・従業員の満足を高めるために、常に従来の不動産業界とは一線を画した新しい経営に挑戦。
その取り組みは、テレビ、新聞、雑誌など多くのメディアに取り上げられ、高い評価を得る。
座右の銘は「和を以て貴しとなす」、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。
著書は『不動産投資“購入後"の教科書』『不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法~投資初心者のための「マンション経営」~』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

株式会社和不動産ホームページ

著者紹介

連載五七五のリズムでやさしく学ぶ「不動産投資」の基礎知識

 

不動産投資初心者におくる 46のメッセージ

不動産投資初心者におくる 46のメッセージ

仲宗根 和徳

幻冬舎メディアコンサルティング

「たった○○で○億円」や「平凡サラリーマンが億万長者」・・・そんな話が溢れる不動産投資の世界。 とはいっても、いざ始めるとなると数字や計算、データなどの勉強で難しそう・・・と二の足を踏みがちなあなたにこそ本書は…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧