▲トップへ戻る
雇用する愛人への「プレゼント」を経費で落とす美人女医

<あらすじ> 歯科医の雪江は、「美人女医」としてテレビに取り上げられ、家事をこなす時間がなくなってしまう。夫の提案もあり、ハウスキーパーを雇うことになった雪江のもとに、派遣会社を経営している友人・望の紹介で現れたのは、若く美しい青年(佐藤巧)だった…。一部の富裕層しか知らない、「愛人」を持つことの金銭的な損得勘定に真剣に迫るリアル小説、女編〜第2回。  

 

「望のせいだからね」

 

初夏の日差しが眩しい昼下がり、雪江は望に文句を言った。

 

「巧くん、可愛いでしょ」

 

「そうね。私の周囲にはいないタイプ」

 

「つまみ食いしたくなっちゃった?」

 

「やめてよ」

 

望に心の中を見透かされたような気がして、雪江はひそかに動揺した。

 

仕事の合間に長めのランチをとれるのも、家庭との両立のために週3日出勤というスタイルで働くことができるのも、院長である先輩が配慮してくれるおかげだ。

 

「イケメンのハウスキーパーも入ったし、フルタイム復活?」

 

「一応ね。早くお金貯めて独立したいし」

 

「バリバリ仕事をして、可愛い男の子に家事をやってもらって、これで開業できたら人生すべて思い通りじゃない」

 

(思い通り……か)

 

表面上はそう見えるかもしれない。

 

だが雪江の胸中は違っていた。

 

「どうしたの? 黙っちゃって」

 

「ううん、何でもない」

 

巧と出会うまでは気づいていなかった。

 

ううん、考えることを避けていたのかもしれない。

 

──満たされない自分がいることを。

 

***

 

望は現在、ホストクラブにお気に入りの子がいるという。

 

巧もホストクラブから引き抜いた子だったことを聞き、合点がいった。

 

巧は女心を刺激する術に長けている。

 

あいさつにきた日も、出勤初日に雪江から仕事の指示を受けたときも、巧はさり気なく触れたり見つめたりしてくる。

 

どこまで偶然なのか、それとも全部わざとなのか、遊び慣れていない雪江にわかるはずがない。

 

若い子相手にときめくなんて、どうかしてる。

 

だけど出勤の際に入れ違いで訪問する巧とたった数分会話するだけで、雪江はその日一日機嫌がよくなる。

 

(中学生じゃないんだから)

 

忘れかけていたときめきは、悪い感じじゃない。むしろ「もっと、もっと」と麻薬のように欲してしまう。

 

胸の高揚とは裏腹に、夫への愛情は冷え切っている。

 

実はもう数年前から冷めていたのかもしれない。皮肉にも、巧を雇ったせいで対照的な自身の感情に気づいてしまうこととなった。

 

「……雪江さん?」

 

巧に呼ばれ、雪江は我に返った。

 

最初は「奥さん」と呼ばれていたが、慣れない呼び方が気持ち悪く、雪江のほうから名前で呼ぶよう指示をした。

 

たぶんそれも一因だ。

 

「雪江さん」と呼ばれるたび、体の中心が熱くなるのを感じる。

 

***

 

(何やってんのかしら、私ってば……)

 

プレゼント用(※)に包装された財布の入った紙袋を手に、雪江はため息をついた。

 

あの後買い物を頼んだ雪江は、使い込んだ巧の財布を目にした。

 

「以前お客さんに買ってもらったんです」と巧は答えた。

 

モヤモヤした気持ちが収まらない。

 

巧をお金で彼を繋ぎ止めていた女たち。

 

昔のことと知りつつも、なぜか負けたくない気持ちが雪江の中で渦巻く。

 

遊ぶなら、恋愛的にありえない「若くて美しい男子」がいいと望は言っていた。金で解決し割り切って楽しめるほうが、仕事に支障が出なくていいらしい。

 

財布を買った時点で、雪江の意志は固まった。

 

巧がもっと私を喜ばせてくれるよう、仕事ではなく彼に「投資」しよう。

 

「投資」というからには「見返り」も求めている。

 

巧に触れたい。巧に触れられたい。

 

望む見返りは「女としての自分」を受け止めてもらうことだ。

 

元ホストならば、割り切った関係にも理解があるに違いない。

 

財布をプレゼントし、その反応次第で「新たな仕事」を持ち掛けようと雪江は画策した。

 

〜監修税理士のコメント〜

※愛人へのプレゼントは経費にできる?

編集N 巧は雪江と(派遣会社を通じ)雇用関係にあるので、プレゼントではなく「仕事に必要なものの支給」とすれば、雑費として計上して問題ないですか?

税理士 財布は「業務とは無関係」ですよね。残念ながらアウトです。

編集N 業務と関係があればOKですか? それなら、巧を運転手として雇って、高級自動車を「社用車」扱いで与えるのはアリですか?

税理士 会社(クリニック)が巧を従業員として雇用し、雪江や他のスタッフが仕事で移動する際の車の運転を任せるということであればアリでしょうが、あくまでも業務上の運転ということが大前提です。税務署に指摘されないためには、毎日の業務日報や運転記録といった書類の作成も不可欠ですね。休日の旅行やプライベートの買い物だけの運転手では完全にアウトです。

 

***
 

エリートの女はプライドが高い。

 

雪江は小柄で女らしい外見をしている。声も高めで優しい話し方をするせいか、およそ気が強そうにもプライドが高そうにも見えない。

 

夫はきっと、今でも気づいていないだろう。

 

女のほうから誘って断られたときに、どれほど傷つくか。

 

あの日以来「二度と夫とは寝ない」と決意してから数年経つ。

 

だが夫からの誘いもない以上、もしかすると「このままでいい」と思われているのかもしれない。

 

夫婦が男と女でなくなれば、妻だって外に「男」を求めても罪ではないと雪江は自分に言い聞かせた。

 

だけど夫婦のルールは守ろう。胸の中に芽生えた情熱は、絶対夫に知られないようにしなくては。

 

クローゼットの奥に紙袋をしまい、雪江は次に巧がやってくる日をカレンダーで確認した。

 

身体の中心が熱くなるのは、単なる欲求不満だからか。

 

それとも、巧に火をつけられてしまったからか……。

 

(つづく)

 

 

 

監修税理士:服部 誠

税理士法人レガート 代表社員・税理士

プロフィールはこちら

 

作家/コラムニスト

1969年4月3日生まれ。東京都出身。跡見学園大学短期大学部生活芸術家中退。
2006年デビュー。『人のオトコを奪(と)る方法』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』『アラフォー独女の生きる道』他、著作多数。
豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。浮気や不倫といった「大人の恋愛」に造詣が深い。
富裕層の家庭で育ち、自身も自営業として節税に励んでいる。
「AllAbout」「ハウコレ」等、連載多数。

著者紹介

連載連載小説・愛人節税

この物語はフィクションです。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧