▲トップへ戻る
隠れ資産になりがちな「インターネット口座」の留意点とは?

今回は、「インターネット口座」の留意点について見ていきます。※本連載は、南青山M’s法律事務所代表・弁護士・公認会計士の眞鍋淳也氏の共著『今すぐ取りかかりたい 最高の終活』(青月社)の中から一部を抜粋し、本人も存在を忘れているなど意図しない場合も含む「隠れ資産」について、その上手な残し方を紹介します。

口座の存在を家族に内緒にするためネットバンクに⁉

すでに触れたように、海外の口座の注意点は、ネット上でのやりとりにかぎられることが多く、通帳もなければ郵送物も届かないという点でした。

 

海外の口座以外にも「ネット上のやりとりのみで管理する」性格の資産がいくつかあります。最たるものが、ネットバンクやネット証券の口座です。

 

ネットバンクやネット証券のサービスは、手数料が安価もしくは無料で、ネットがつながる環境にいれば24時間いつでもどこでも利用できるので、とても便利です。

 

なかには定期的に郵便で明細を送ってくれる会社もありますが、連絡手段をメールに一本化していたり、メール連絡をデフォルト(標準設定)にしていて、希望者だけに郵便で通知しているところが多いようです。

 

このようにペーパーレス化・効率化をはかることで、これらのサービスは、従来よりも手数料を抑えることができています。そのため、郵便での通知には手数料が別途必要となるケースもあり、結局、連絡方法はメールに絞られてしまいます。

 

また、口座の存在を家族に内緒にしたいため、あえて郵便での連絡を断り、メール連絡のみに設定していることもあるでしょう。

 

メールでしか連絡が来ないのであれば、いうまでもなく、そのメールアドレスに届くメールをチェックできなければ、口座の存在を知るすべはありません。チェックできる状態にあったとしても、メールの見落としや、迷惑メールへの誤った振り分けによって、口座の存在自体を忘れていることも考えられます。

 

IDやパスワードを忘れてしまった場合、その旨を問い合わせれば対処法を教えてもらえますが、本人でない場合、セキュリティの面から手間がかかってしまうこともあります。

ネット上のFX取引を行ったまま亡くなったら…

資産運用の手段として、FX(外国為替保証金取引)投資を行っている方もいらっしゃるでしょう。

 

FXも、やはりネット上を取引の中心としています。FXの市場は、月曜日の朝から土曜日の朝までずっと動いています。少し見逃していると、その間に為替相場が大きく変動していることがあり、驚かされます。

 

ご経験のある方ならばよくご存知と思いますが、投資をしている最中、ちょっと目を離したすきに大きくもうけていた、逆に、大損したことをあとから知る羽目になったという事例は、FXにおいてはけっしてめずらしくありません。

 

FX投資をやっているということを家族が知らないままあなたが亡くなったら、しかも、取引を行ったままだったら・・・せっかくのお金がどんどん目減りしていくことになりかねませんね。気づいたときには、元本の何分の一かになっている恐れもあります。

 

もちろん、儲けが出ている可能性もありますが、そもそも、口座の存在を知らなければ、その利益を遺族が手にすることすらできません。

 

 

眞鍋 淳也

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員
一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士/公認会計士

 

山本 祐紀

株式会社ローツェ・コンサルティング、山本祐紀税理士事務所代表
税理士
一般社団法人社長の終活研究会 理事

 

吉田 泰久

プルデンシャル生命保険株式会社エグゼクティブ・ライフプラニンナー
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定)
宅地建物取引士

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員
一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』『老後の財産は「任意後見」で守りなさい』(幻冬舎)、『今すぐ取りかかりたい 最高の終活』(青月社、共著)。

著者紹介

株式会社ローツェ・コンサルティング、山本祐紀税理士事務所代表
税理士
一般社団法人社長の終活研究会 理事 

昭和46年、愛知県出身。税理士資格を取得後、税理士法人や大手保険会社での勤務・業務参画を経て、平成19年、ローツェ・コンサルティング、山本祐紀税理士事務所を設立。

著者紹介

プルデンシャル生命保険株式会社エグゼクティブ・ライフプラニンナー
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定)
宅地建物取引士 

昭和46年、滋賀県出身。平成6年に丸紅株式会社入社。平成13年にプルデンシャル生命保険株式会社に入社。平成14年以降15年連続で生保業界の優秀業績資格であるMDRT(Milion Dollar Round Table)会員資格に。

著者紹介

連載あなたしか知らない「隠れ資産」の上手な残し方

 

今すぐ取りかかりたい 最高の終活

今すぐ取りかかりたい 最高の終活

眞鍋 淳也 山本 祐紀 吉田 泰久 

青月社

あなたの死後、残された大切な人たちが困らないように。あなたの尊厳が守られるように。 そのために本書では、これまでの終活関連本では取り上げられることの少なかったテーマをカバーし、トラブルを未然に防ぐためのポイント…

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧