▲トップへ戻る
契約自体を忘却⁉ 典型的な「隠れ生命保険」のケースとは?

今回は、「隠れ生命保険」について見ていきます。※本連載は、南青山M’s法律事務所代表・弁護士・公認会計士の眞鍋淳也氏の共著『今すぐ取りかかりたい 最高の終活』(青月社)の中から一部を抜粋し、本人も存在を忘れているなど意図しない場合も含む「隠れ資産」について、その上手な残し方を紹介します。

「相続対策に」と加入した海外の生命保険も…

日本での営業について非免許の外国の生命保険会社との間で結ばれた生命保険の保険金は、2007年の税制改正まで、相続税の対象となりませんでした(みなし財産)。相続財産ではなく、所得税と住民税の対象になる一時所得とされていたのです。一時所得ならば相続税よりも納税額を抑えられるので、節税対策として外国の生命保険に入る富裕層が多くいました。

 

そうした保険で、しかもそれが終身保険であれば、ほったらかしになっていることも容易に考えられますし、ひと昔前に外国の保険のディーラーから「相続対策に」と誘われて加入したといった場合は、その契約自体を忘れてしまっているかもしれません。

 

また、外国の保険に入る際には外国の金融機関に口座を開くので、そこから保険料が引き落とされているはずです。日本の金融機関の口座からは引き落とされていないので、相続人が把握できていない可能性はきわめて高くなります。

 

しかも一時払いの保険であれば、長期の引き落としはされません。まさに「隠れ生命保険」となり、その存在を知ることは困難です。

「申告漏れ」にも注意したい「名義保険」のケース

生命保険の契約者(契約を結んだ人)と保険料を支払っている人が違っている場合はどうでしょうか。例を見てみましょう。

 

「仕事上のつきあいで、生命保険に入ることになった。でも、自分はもう生命保険にじゅうぶん加入しているので、被保険者(保険金の保障対象となる人)を妻、契約者を子どもの名義にして、保険料は自分が支払うようにしよう」

 

この場合、夫が死亡しても、被保険者が死亡したわけではないので、保険契約はそのまま継続されます。

 

ただし、契約者と保険料を実際に負担している人が異なる「名義保険」は、途中解約したときに払い戻されるお金(解約返戻金)に相当する額が相続財産となるため、保険料負担者が亡くなったときには申告が必要になります。

 

生命保険は契約の形態によって課税関係が変わってくるので、うっかりしていると、あとで税務署に申告漏れを指摘される場合もあるので注意が必要です。

 

以前、この種の経緯で加入した生命保険があり、しかも保険料が一時払いならば、その存在を忘れていることも多いので確認が必要です。

 

 

眞鍋 淳也

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員

一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士/公認会計士

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員
一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』『老後の財産は「任意後見」で守りなさい』(幻冬舎)、『今すぐ取りかかりたい 最高の終活』(青月社、共著)。

著者紹介

株式会社ローツェ・コンサルティング、山本祐紀税理士事務所代表
税理士
一般社団法人社長の終活研究会 理事 

昭和46年、愛知県出身。税理士資格を取得後、税理士法人や大手保険会社での勤務・業務参画を経て、平成19年、ローツェ・コンサルティング、山本祐紀税理士事務所を設立。

著者紹介

プルデンシャル生命保険株式会社エグゼクティブ・ライフプラニンナー
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定)
宅地建物取引士 

昭和46年、滋賀県出身。平成6年に丸紅株式会社入社。平成13年にプルデンシャル生命保険株式会社に入社。平成14年以降15年連続で生保業界の優秀業績資格であるMDRT(Milion Dollar Round Table)会員資格に。

著者紹介

連載あなたしか知らない「隠れ資産」の上手な残し方

 

今すぐ取りかかりたい 最高の終活

今すぐ取りかかりたい 最高の終活

眞鍋 淳也 山本 祐紀 吉田 泰久 

青月社

あなたの死後、残された大切な人たちが困らないように。あなたの尊厳が守られるように。 そのために本書では、これまでの終活関連本では取り上げられることの少なかったテーマをカバーし、トラブルを未然に防ぐためのポイント…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧