▲トップへ戻る
最良の投資物件は「都内の中古IRマンション」といえる理由

前回は、投資物件として一棟ものよりIRマンションがお勧めの理由を取り上げました。今回は、「都内の中古ワンルームマンション」が最良の選択といえる理由を見ていきましょう。

人口が増え続ける東京、価格が安定している中古物件

前回までに述べてきたことを、本連載の冒頭で示した問いかけに沿って整理してみましょう。

 

①なぜ「地方」ではなく「東京都内」でなければならないのか?

東京は、現在、人口が最も多く、しかも今後も増え続ける。都市圏世界一のGDPであり、再開発プロジェクトも多数。2020年の東京オリンピックがさらなる発展の起爆剤となることも期待され、東京の未来を明るくする材料が目白押し。

 

②なぜ「新築」よりも「中古」を選ぶべきなのか?

そもそもの購入価格を抑えることができ、物件の質と価格のバランスを考えた場合、中古物件のほうが投資として有利になる。また、収支計画も策定しやすく、賃料も新築に比べて下がりにくい。

 

③なぜ「一棟アパート」「一棟マンション」ではなく「ワンルームマンション」なのか?

一棟ものの物件はリスクが顕在化したとき、そのダメージを受けやすい。それに対してワンルームマンションの複数所有は資金捻出のための売却や相続など様々なリスクを分散でき、その影響を最小限にとどめることができる。

 

このような理由から、長期スパンでインカムを得続けようと考えた場合に現在、私が考える最も理想的な不動産投資のあり方は「東京都内の中古ワンルームマンションで運用を行う」ことです。

地方の一棟アパートへの投資は「ハイリスク」!?

あくまでも個人的な意見になりますが、地方の不動産、ことに地方の一棟アパートへの投資はこの上なくリスクが高く、失敗する危険性が非常に高いといえるでしょう。その理由についても触れておきます。

 

東京とは対照的に地方では人口が減少し続けており、将来的にも回復する見込みはありません。にもかかわらず、昨今の相続税対策をうたった一棟アパート業者の熱心な営業活動が功を奏してなのか、地方の住宅地を中心に一棟アパートの数は急速な勢いで増加し続けています。

 

なかには「30年間家賃保証します!」という会社もありますが、私は個人的に甘い話とうまい話には裏しかないと思っています。そうした話を聞くと怖すぎますが、皆さんはどうでしょうか?

 

大切なのは30年間家賃が保証されることではなく、30年以上経ってもしっかりとした入居者が見つかり、家賃を得られることです。また、それを実現できるような、賃貸需要が高くて資産価値のあるエリアの物件を持つことだと私は思っています。

 

想像してみてください。人がほとんどいないような場所に、ラーメン屋が3店舗、4店舗・・・10店舗、20店舗と増えていく、しかもどのラーメン屋も提供するラーメンの味と価値はほとんど変わらないとしたら――。おそらく、どの店も経営を続けていくのに十分な客数を確保することは難しくなるはずです。

 

いくら相続税対策といえども、仮に客足の途絶えた先行きのないラーメン屋を相続した人は、その負の遺産を一体どうすればいいのでしょうか。もし相続人が「いらない」と判断して相続放棄をすれば、一体なんのための相続税対策だったかすらわからなくなります。

 

今、地方で起こっている“アパートの急増現象”はこれとまったく同じです。ライバルが周りにどんどん増えているのに、入居対象者となるはずの人の数はどんどん減っている。このような状況では、借り手がつかないため、家賃を下げざるを得なくなるのは目に見えています。

 

そして家賃を下げるだけでなく、そもそもの入居がなく、空室続きになってしまう事態にもなりかねません。月々の収支が赤字になり、ローンを抱えている場合には、その返済が行き詰まるおそれもあるでしょう。

 

そのため、巷でうわさのアパート経営のカリスマ大家さんなど、成功している投資家はすごいと思います。しかしセミプロを超えたプロと、そうでない素人が同じことしても、同じ成功を勝ち取れるかといわれると、それは疑問です。なぜならどこの世界にもカリスマはたった一握りだからです。

 

あくまでも私が提案するのは、カリスマが行う本業に近い高度な不動産投資ではなく、プロではない本業のある一般の方が、忙しくても成功できる不動産投資です。

宅地建物取引士
2級ファイナンシャルプランニング技能士

1980年千葉県生まれ。2004年駒澤大学経済学部卒業後大手不動産デベロッパーに入社し、新築投資用ワンルームマンションの販売に従事。その後アメリカ最大手の金融機関へ入行し、リスクマネジメント担当の経験を積む。2008年に大手投資用不動産会社に入社。築浅マンションから築40年のマンションまで様々なブランド物件の、仕入れ専門の売買仲介を経験する。不動産業界の現場最前線で日々、数多くの不動産投資に関する顧客相談を受けつつトップセールスとして活躍し、数々のタイトルを獲得。

2011年、東日本大震災のボランティアで被災者との交流から「自分には何ができるか」を考えた末、「今まで培ってきた経験を活かして、不動産投資にお困りの方、またはこれから不動産投資をお考えの方にプロとして最低限のアドバイス。これならできる!」と、強い思い入れのあった起業を決意。同年9月に投資用不動産専門の株式会社パートナーズを設立。物件の仕入れから販売、賃貸管理などのプロパティ面、アフターサービス、出口戦略まですべてサポート可能な投資用不動産のエキスパート集団を率いる。

著者紹介

連載勝てる不動産投資・・・都内中古ワンルームマンションの選び方

 

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

吉村 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

いつ? どうやって? なにを?  興味があってもなにから始めればいいのかわからない人が大半。そんな方に読んでほしい、不動産投資のメリットと勝つためのノウハウが十二分に詰まった一冊。不動産会社探しのプロセスから選…

 

事業投資セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

本気で投資を検討している買い手20名限定!スモールM&Aの「売り案件」説明会

~投資金額は数百万円程度からラインアップ。事前に業種や規模などの案件リクエストも可能。

講師 齋藤由紀夫 氏
日時 2018年08月29日(水)
内容

・投資家別、スモールM&A取組み事例

・成功するM&A、失敗するM&Aのポイントとは

・投資案件の説明(予定)

 紹介件数 :10件前後

 投資サイズ:数百万円~300百万円

 業 種  :旅館業、飲食業、製造業、ITなど

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧