再開発によってさらに高まる!? 東京の賃貸需要の実態

前回は、東京の物件を選ぶべき理由として「活発な再開発」について触れるとともに、2つのエリアを紹介しました。今回は、さらに2つのエリアの再開発について見ていきます。

まだまだ変わる渋谷、空港から開発が広がる大田区

前回の続きです。

 

(3)渋谷エリアの再開発

渋谷では東急東横線の地下化、地下鉄副都心線との相互直通運転が数年前に実現されましたが、現在も、渋谷駅の機能更新と再編、駅ビルの再開発が進行中です。

 

駅前広場や道路などの公共施設の再編・拡充も同時に進められており、2018年秋には、「渋谷ストリーム」と呼ばれる高さ約180メートルの地上35階、地下4階建ての超高層ビルも開業されることが予定されています。

 

1~3階には商業施設が入り、4階にはクリエイター向けのコワーキングスペースとスモールオフィスのほか、自転車通勤をサポートするサイクルカフェ、フットサルコートとしても使える多目的広場などが配置されます。

 

(4)大田区の再開発

大田区では羽田空港を中心とした再開発プロジェクトが展開されています。2010年に整備された4本目の滑走路に続き、新たに5本目の滑走路の造設が予定されています。

 

また、羽田空港の沖合移転によって生じた跡地に、ものづくり企業の集積地と国際空港の双方に近い立地を活かした「新産業創造・発信拠点」を新たに形作ることも計画されています。

 

さらに、約800メートル離れているJR・東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ新たな鉄道路線の整備も進められているところです。

企業が増えて雇用が生まれ、賃貸ニーズが高まる

これらの再開発プロジェクトの結果、ビジネスや生活面における東京の利便性がより一層増すことは間違いありません。

 

企業が増えればそこに雇用が生まれ、賃貸のニーズもぐんと高まり、結果として新たな賃貸需要の喚起につながることは確実です。不動産投資のチャンスはさらに大きく広がることになるでしょう。

宅地建物取引士
2級ファイナンシャルプランニング技能士

1980年千葉県生まれ。2004年駒澤大学経済学部卒業後大手不動産デベロッパーに入社し、新築投資用ワンルームマンションの販売に従事。その後アメリカ最大手の金融機関へ入行し、リスクマネジメント担当の経験を積む。2008年に大手投資用不動産会社に入社。築浅マンションから築40年のマンションまで様々なブランド物件の、仕入れ専門の売買仲介を経験する。不動産業界の現場最前線で日々、数多くの不動産投資に関する顧客相談を受けつつトップセールスとして活躍し、数々のタイトルを獲得。

2011年、東日本大震災のボランティアで被災者との交流から「自分には何ができるか」を考えた末、「今まで培ってきた経験を活かして、不動産投資にお困りの方、またはこれから不動産投資をお考えの方にプロとして最低限のアドバイス。これならできる!」と、強い思い入れのあった起業を決意。同年9月に投資用不動産専門の株式会社パートナーズを設立。物件の仕入れから販売、賃貸管理などのプロパティ面、アフターサービス、出口戦略まですべてサポート可能な投資用不動産のエキスパート集団を率いる。

著者紹介

連載勝てる不動産投資・・・都内中古ワンルームマンションの選び方

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

吉村 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

いつ? どうやって? なにを? 興味があってもなにから始めればいいのかわからない人が大半。 そんな方に読んでほしい、不動産投資のメリットと勝つためのノウハウが十二分に詰まった一冊。 不動産会社探しのプロセスから…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧