理解しておきたい「信用取引」の仕組み・・・その特徴とメリット

今回は、「信用取引」の特徴とメリットを説明します。※本連載では、フェアトレード株式会社・調査本部アナリストの田村祐一氏の監修による書籍、『5万円→1000万円!詳細!株入門』(スタンダーズ)より一部を抜粋し、株式投資で「資産をさらに増やす方法」「損を減らす方法」を紹介します。

非常にリスクが高く、初心者にはおすすめできないが・・・

株式投資では、手持ちの資金を超える大きな投資ができる取引があります。これが信用取引です。

 

信用取引は非常にリスクが高いので、初心者におすすめできる取引ではありません。それでも仕組みを知っておくと通常の株取引に役立つので、基礎的な知識は持っておくのがおすすめです。

 

一般的な株式投資は「現物株(げんぶつかぶ)」投資と呼ばれ、手持ちの資金の範囲内でのみ株を買います。これに対し、信用取引では現金や株式を担保(証拠金)として証券会社に差し入れることで、資金の3倍程度の取引をすることができます。

 

資金が10万円あれば、最大で約30万円の投資ができることになります。その30万円で買った株が40万円に値上がりすれば、事実上は10万円の資金で10万円の利益を出したことになるわけです。少ない元手で効率の高い取引が可能になり、利益を上げるチャンスが大きく広がります。

「空売り」を使えば下落局面でも利益を出せる

加えて、信用取引にはもうひとつ大きな特徴があります、それは、下落局面でも利益を出せることです。

 

現物株投資は、値上がりしそうな株を安く買って、高く売ることで利益をあげるので、下落相場では投資チャンスがほとんど訪れません。

 

しかし信用取引なら、「売り」からスタートすることができます。「下がりそう」と思う銘柄があれば、証券会社から株を借りて高値で「売り」から始め、安くなったら買い戻すことでその差額が利益になるのです。これを「空売り(からうり)」と言います。

 

たとえば、A社の株価が200円のときに2万円で100株空売りし、150円まで下落したタイミングで1万5000円で買い戻せば、差額の5000円が利益になるわけです。

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

フェアトレード株式会社 調査本部アナリスト

統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。

著者紹介

連載株式投資で「資産をさらに増やす方法」「損を減らす方法」

本連載は、一般的な株式投資の仕組みなどを紹介することを目的にしています。特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、スタンダーズ株式会社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

5万円→1000万円! 詳細! 株入門

5万円→1000万円! 詳細! 株入門

田村 祐一

スタンダーズ

株式アナリストであるフェアトレードの田村祐一氏監修の元、株式投資を始めるために必要な知識、取引の仕方などをわかりやすく教え、さらに株で儲けるために注意したい意点やワンポイントアドバイスを細かく抑えることで、株で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧