▲トップへ戻る
バリ島の不動産市場に、時々「格安物件」が出る理由

前回は、バリ島のヴィラを「高い価格設定」で運営するには何が必要なのか、事例とともにお伝えしました。今回は、バリ島の不動産市場に、時々「格安」の物件が出る理由を見ていきます。

多いのは、移住者による「投げ売り」

バリ島の不動産市場では、時として格安な物件が出ることがあります。単なる投資用物件の投げ売りなら、他の新興国でも起こりえますが、バリ島の場合は「移住者」によるものが多いのです。

 

私は投資目的で、中国、フィリピン、タイ、マレーシア、ミャンマー、ハワイなど、複数の国・エリアを見てきましたが、バリ島ほど外国人が住みやすい場所はないように思います。もちろん、個人的な好みもありますが・・・。

 

収益性に魅力のあるエリアは複数あると思いますが、外国人が居住しやすいという点では、バリ島が一番ではないでしょうか。

 

それなりに発展していて、多国籍感があって、それなりに物価が安くて、収益が取れそうで、金利が高く、それなりに治安がよくて、外国人慣れしていて、それなりに食べ物が美味しくて、種類もあって・・・。

 

そう考えると、バリ島は外国人が住みやすい場所。それは日本人だけではなく、欧米人にとっても同じなのです。

 

 

移住するつもりが、やむをえない事情で帰国することも

住みやすいバリ島へ、将来の計画を立てて移住してくるわけですが、人生は計画通りにいかないもの。

 

●本国で高齢の親が寝たきりになる

●バリ島で本人が病気になり、帰国して病院にかかりたい

●本国の事業が傾き、帰国して立て直したい

 

などの理由で、急ぎ帰国を余儀なくされることがあります。移住者が何らかの理由で急ぎ帰国する場合、特にそれが欧米人だと、移動距離の長さも影響するのか、バリ島での資産をすべて売却して帰国することが多いのです。

 

単なる投資物件であれば、本国に居住して資金だけを投資しますし、資金も余裕資金が多いですから、その場合、相場から大きく乖離した売却をすることは多くありません。しかし、移住の場合は別です。「安くしてでも急いで売却」します。

 

これは外国人移住者が多い、バリ島特有の現象なのです。

株式会社IIN Indonesia Investment Net 代表

国内ではホテル11軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃのECビジネスなど8社を経営し、バリ島では不動産事業を行っている。投資においては、ホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。

大学卒業後、野村證券に入社。24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの会社を乗っ取りで失う。その後、政治家を目指し、衆議院議員秘書になるが、議員の選挙落選で無職になる。再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、不動産投資、ネットビジネスなどで、グループ年商40億円となる。しかし、保証人となった友人の会社の倒産、さらに詐欺に遭い、すべてを失い、数億円の借金を負う。
それから8年、バリ島での不動産とホテル事業で復活する。将来は、数え切れない失敗をしながら復活した経験を元に、若者の起業や事業再生のお手伝い、また子ども好きなことから、子どものための事業をやりたいと考えている。

「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、単純に楽しいです。
リスクが取れる人、遊び心がある人には向いています。きっと若い頃のワクワク感を味わっていただけるでしょう」

著者紹介

連載日本人のためのインドネシア「バリ島」不動産投資入門

本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ(https://ameblo.jp/baliclub/)から転載・再編集したものです。
その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧