前回は、バリの不動産投資において、海外の業者とのトラブルを遠ざけるポイントを解説しました。今回は、バリ島の王族からヴィラを購入するまでのエピソードを紹介します。

スミニャックの王族が所有しているヴィラを契約

先日、スミニャックの王族が所有しているヴィラを契約しました。

 

インドネシアは、18世紀頃にオランダが統治するまで王国が支配していたところです。バリ島には現在、下記の9つの県があるのですが、昔はそれぞれに王国がありました。

 

1.バドゥン県   Kabupaten Badung

2.バンリ県    Kabupaten Bangli

3.ブレレン県   Kabupaten Buleleng

4.デンパサール市 Kabupaten Denpasar

5.ギャニャール県 Kabupaten Gianyar

6.ジュンブラナ県 Kabupaten Jembrana

7.カランガスム県 Kabupaten Karangasem

8.クルンクン県  Kabupaten Klungkung

9.タバナン県   Kabupaten Tabanan

 

 

県は郡に分かれていて、それぞれ王家が治めていたのです。スミニャックがあるバドゥン県は、下記のように分かれています。

 

クタ郡

メグウィ郡

アビアンスマル郡

ペタン郡

南クタ郡

北クタ郡

プライドが高く、交渉も一筋縄ではいかないが・・・

さて、バリの王族ですが、今でも身分は高く、多くの土地を所有しています。しかし、非常に裕福かというと、必ずしもそうではないようです。土地はそれだけではお金を生みませんし、立場上、やたらに売るわけにもいかないからです。

 

また、王族の人たちはプライドが高く、話し合いも一筋縄ではいかないケースが少なくありません。

 

不動産の売買にしろ、本来であれば、売り主側(王族)のエージェントが調整をするのが道理ではありますが、バリ人のエージェントはいつもこちら任せ・・・。

 

 

今回の契約では、売主が早く手付けをいれてほしいというので、買主に無理を言ってバリに来てもらい、打ち合わせを重ね、なんとか契約の運びとなりました。

 

 

契約当日は、買主が日本からバリに来て、空港から直接売主のところに行き、契約をする段取りになっていました。

 

予定通り売主の家に行き、契約書を見せたのですが、

 

 「今日は日曜日でノタリスもいない。サインはしないよ」

 

というのです。

 

「先日打ち合わせて、内容も日にちも決めたのに! お客さんにわざわざ日本から来てもらったのに、なにをいまさら!!」

 

・・・しかし、ここで怒っても仕方ありません。

 

「わかりました。では、話が潰れてもいいんですね? こっちは構いませんが、本当に、本当にいいんですね?」

 

と、優しく丁寧に交渉します。そして、

 

「サインをすれば、明日にはお金を入金しますよ」

 

と、用意しておいた現金を見せ、交渉を重ねるのです。

 

このようなやり取りを経て、無事、売買は成立しました。

 

以前、バブル期の地上げ業者に聞いたことがあります。

 

「人間、現金を見ると、心が動くものなんだよ」

 

この点に関しては、日本もバリも同じということなのでしょうか・・・。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ「バリ島海外不動産投資入門」から転載・再編集したものです。
    その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ