前回は、バリ島のヴィラ管理者との間に起きたトラブル事例を取り上げました。今回は、レンタル用のヴィラを改装する際のポイントを見ていきます。

改装の必要性は「お客目線」で判断を

レンタル用のヴィラを改装する場合、「どこまでやるか」がポイントになります。

 

主な個所は、以下の5つです。

 

躯体:造作、雨漏り、補強など

表層:床、壁、屋根などの目に見える部分

設備:キッチン、バス・トイレ、エアコン、井戸など

外装:屋根、外壁

外回り:庭、プール、駐車場

 

もちろん、「現状のままでいい」箇所はそのまま使いますが、「現状でいい」かどうかは、お客様の目線で判断する必要があるでしょう。つまり「使えるか、使えないか」ではなく、快適かどうか、という視点です。

 

そういう意味で言うと、下記のヴィラは全改装です。これくれいになると、壁、屋根、外装、床、設備、庭など全面的にやる必要があります。

 

 

豪邸だから、本気でやると800万円くらいかかるでしょう。それでも、日本の感覚からするとリーズナブルです。

「レビュー」「写真栄え」が稼働率向上のカギ

「このくらいなら、まだ使えるかな」と思っても、宿泊者の目線は違います。

 

特に短期の宿泊者の場合、ホテルと同じ感覚で利用するから、他人が汚したものについてのチェックは厳しいもの。特に、床、ソファ、テーブル、風呂、トイレなど、直接肌が触る箇所は、自分が汚したものであれば気にならなくても、他人が汚したものは気になるのです。その目線で「快適な状態」を保つ必要がある。

 

ヴィラの稼働率と料金は、お客のレビューと写真映え、立地で決まります。立地は変えられませんが、レビューと写真映えはどうにかできます。そのための改装です。

 

オーナーが改装を積極的にできるのは、購入直後のタイミングです。購入直後はヴィラへの愛着や関心が高く、気持ちが入っているからです。後々やろうと思っても、なかなかできることではありません。オーナーになったら、ぜひ、早い段階で手を付けたいものです。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ「バリ島海外不動産投資入門」から転載・再編集したものです。
    その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ