▲トップへ戻る
バリ島の「ヴィラ管理者」との間で起きたトラブル事例

前回は、独特のセンスで作られた珍しいヴィラを紹介しました。今回は、バリ島のヴィラ管理者との間に起きたトラブル事例を見ていきます。

オーナーから、収支報告も入金もないと泣きつかれ・・・

バリ島には多くのヴィラの管理者がいます。

 

「管理会社」ではなく、「管理者」としたのは、法人組織ではなく、個人事業レベルで管理をしている人が多いからです。

 

ヴィラの所有者(オーナー)には、自己使用を目的としている人と、賃貸収益を目的としている人がいて、それぞれ管理の内容が異なります。

 

自己使用が目的の物件なら、日々の清掃、建物・設備の修繕、庭・プールの手入れなど、快適に生活できる状況を維持することが管理となります。

 

賃貸収益が目的の物件ならば、上記の他に、ヴィラ利用者の集客、接客、賃貸金の管理が加わります。

 

先日、あるヴィラのオーナーから、管理会社について相談を受けました。

 

この物件は以前、弊社の現地法人による仲介でご購入いただいたものです。同じ敷地に複数のヴィラがあり、ヴィラの開発者が販売・管理を一括して行っていたことから、その会社にそのまま管理を依頼していました。管理会社の代表者は、インドネシア人です。

 

オーナーからの相談は、

 

「今年に入り、収支報告書が一度も来ません。賃貸料の入金もありません。催促のメールをしても返事がありません。どうしたらよいでしょうか? 調べていただけませんか?」

 

というものでした。

「あと5日以内に振り込まないと警察に行きます!」

こちらとしては、管理物件ではないものの、弊社の仲介で購入していただいていることもあり、放っておくわけにもいきませんので、管理会社の社長に電話を入れてみました。

 

出ません。

 

何度電話しても、出ません。

 

まさかオーナーに「電話しても出ません」などと、子どもの使いみたいなことは言えませんから、現地にある管理会社に行ってみました。

 

社長はいません。スタッフに管理報告、賃貸料の未払いについて聞くと、

 

「自分たちは分からない。社長に聞いてくれ」と・・・。

 

「その社長が捕まらないから、わざわざ来てるんですよ。じゃあ、電話して社長を捕まえてくださいよ!」

 

現場でスタッフが電話を入れたら、社長が出ました。

 

「どうなってるんですか? なんで出ないんですか!? 何度も電話したでしょう!」

 

「すみません。遠くにいるものですから・・・」

 

「何いってるんですか、電話は遠くにいる人と話す道具でしょう! ところで今回の件、一体どうなってるんです?」

 

「実は、経理が辞めたので・・・」

 

「いつ辞めたっていうんですか? もう半年も経つじゃないですか!」

 

言い訳ばかりして、まったく埒が明きません。

 

「とにかく、明日、ウチの会社に来てください!」

 

翌日、社長がやってきました。

 

すぐに言い訳が始まります。売上が悪かっただの、ヴィラの工事にお金がかかっただの・・・とどのつまり、本人がお金を使い込んだのです。

 

「犯罪ですよ。すぐに振り込んでください!」

 

「すみません、今はありません・・・」

 

「すみませんじゃないでしょう! 今日中に振り込んでください!!」

 

「では、今月中には、、」

 

「ダメです。あと5日以内に振り込まないと警察に行きます!!!」

 

「・・・・・」

 

一体どうなることやら、です。

 

実際、こういうトラブルは少なくありません。

 

最終的には、ウチが管理を引き受けることになるのでしょうか・・・。

株式会社IIN Indonesia Investment Net 代表

国内ではホテル11軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃのECビジネスなど8社を経営し、バリ島では不動産事業を行っている。投資においては、ホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。

大学卒業後、野村證券に入社。24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの会社を乗っ取りで失う。その後、政治家を目指し、衆議院議員秘書になるが、議員の選挙落選で無職になる。再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、不動産投資、ネットビジネスなどで、グループ年商40億円となる。しかし、保証人となった友人の会社の倒産、さらに詐欺に遭い、すべてを失い、数億円の借金を負う。
それから8年、バリ島での不動産とホテル事業で復活する。将来は、数え切れない失敗をしながら復活した経験を元に、若者の起業や事業再生のお手伝い、また子ども好きなことから、子どものための事業をやりたいと考えている。

「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、単純に楽しいです。
リスクが取れる人、遊び心がある人には向いています。きっと若い頃のワクワク感を味わっていただけるでしょう」

著者紹介

連載日本人のためのインドネシア「バリ島」不動産投資入門

本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ(https://ameblo.jp/baliclub/)から転載・再編集したものです。
その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧