▲トップへ戻る
投資用不動産の物件情報探し WEBサイトを活用するには?

前回は、物件選びで立地の良いエリアを探すポイントを解説しました。今回は、WEBサイトに掲載されている投資用不動産物件情報の見極め方を取り上げます。

投資用不動産の情報を提供するサイトは主に2種類

インターネット環境が整っている現在、不動産投資に関する情報収集も簡単にできるようになっています。投資用不動産を販売している会社のサイトでは実際に販売中の物件の詳細をチェックできますし、希望利回りなどの条件を設定して、それに合う物件を検索することもできます。

 

投資用不動産の情報を提供しているサイトには大きく分けて2種類があります。売主として情報を掲載している会社と、仲介会社として情報を掲載している会社です。それぞれに特徴がありますので、上手に使い分けるのがよいでしょう。

 

●売主が情報提供するサイトの特徴

 

売主が提供するサイトの情報は、情報が早い、正確などのメリットがあります。自社で販売する物件がいち早く掲載されていますので、最新の情報をチェックできます。また、情報元が自社内ですので内容も正確です。内容に誤りがあれば会社の信用に関わりますから、誤りがないように細心の注意が払われています。

 

逆に物件の情報が自社販売物件に限られるというデメリットもあります。販売中の物件は限られるので、同じような条件の物件を比較検討することは難しい場合もあります。

サイトの特徴を見極めて、上手に使い分け

●仲介会社が情報提供するサイトの特徴

 

一方、仲介会社のサイトは物件数が豊富であることが大きなメリットです。地域や物件のタイプ、価格帯などさまざまな物件をチェックできます。条件を決めて希望に合う複数の物件を横並びで比較することもできます。

 

ただし、情報のスピードは売主が提供するサイトよりも遅くなるケースもあります。仲介会社は売主から情報を得てサイトで紹介していますので、掲載されるまでにはある程度のタイムラグがあります。

 

これらの特徴を理解したうえで両者を使い分けながら、不動産の相場観をつかみ、投資する物件を絞り込んでいくといいでしょう。

株式会社レイシャス 代表取締役

不動産会社にて支店長、営業本部長執行役員を歴任し、2011年に株式会社レイシャスを設立。タックスプラン、リタイアメントプランを絡めた不動産コンサルティングに定評がある。AFP、宅地建物取引士。自身も投資不動産を所有している。

著者紹介

連載失敗しないワンルームマンション投資…物件選び・購入のポイント

本連載は、2018年1月23日刊行の書籍『決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

住吉 秀一

幻冬舎メディアコンサルティング

90分でまるわかり! 本当に本当の「初心者向けの不動産投資本」です! 世の中に数多く出版されている不動産投資本。初心者向けとうたっていても、その実は専門用語が多かったり、わかりにくい計算式が書かれていたり……。ぱ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧