バフェットも実践する「アクティブ運用」の基礎知識

今回は、「アクティブ運用」の基礎知識を見ていきましょう。※本連載は、スパークス・アセット・マネジメントが配信しているメルマガ「スパークス投資情報」と、代表取締役である阿部修平氏が出版した書籍『暴落を買え』をもとに、株式投資家が必ず知っておきたい「いい会社を選ぶ7つの基準」を説明します。

銘柄を厳選し、リターンを最大化するアクティブ運用

1.「アクティブ運用」とは何か?

 

「いい会社に投資するための7つの基準」をご説明する前に、ファンドの運用方法を整理しましょう。

 

[PR] 10月7日(水)無料セミナー@幻冬舎(東京)
新型コロナ・ショックの影響、今後のマーケットの見通しを徹底解説!
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

まずファンドには、「パッシブ(インデックス)運用」と「アクティブ運用」の2種類があります。パッシブ(インデックス)運用とは、日経平均やTOPIXなどの代表的なインデックスをベンチマークとし、それに連動した値動きをするように運用する方法です。

 

一方アクティブ運用は、日経平均やTOPIXなどのインデックスを上回るリターンの実現を目指す運用方法です。

 

インデックスファンドが、日経平均に含まれる225銘柄や東証一部市場に上場されている全銘柄を組み入れて運用するのに対し、アクティブファンドはより厳選した銘柄を選び、その組換比率などを調整することでリターンを最大化させます。

 

例えば、ファンドマネージャーがトヨタ自動車の将来について強気に見ている場合、インデックス運用が5%組み入れるところを10%に引き上げるなど、その比率や売買タイミング、銘柄の組合せ等を調節し、リターンの最大化を目指すということです。

インデックス運用をはるかに上回るリターンを出す例も

2.多くの投資家が持つ「インデックス信奉」

 

投資家の方々の間では、インデックスファンドに人気が集まりがちです。アクティブファンドに比べてコストが安いなどの理由のほかに「長期的に見れば、アクティブ運用はインデックス運用に勝てない」と考えられているようです。

 

[PR] 10月7日(水)無料セミナー@幻冬舎(東京)
新型コロナ・ショックの影響、今後のマーケットの見通しを徹底解説!
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

確かに、アクティブファンドの中でも、組入銘柄数が多すぎるためインデックス運用との差別化が図れていないものもあります。

 

そのようなファンドの場合、リターンもインデックスに近くなるため、そこから運用管理費用や売買手数料、監査費用といった各種コストを差し引くと、最終的に手数料負けしてしまうということはあります。

 

しかし、アクティブ運用のファンドは数多く存在します。当社のファンドを含め、事実として、インデックス運用をはるかに凌駕するリターンを出しているアクティブ運用も多く存在するのです。

 

3.「サルのダーツ投げ」ではアクティブファンドを成功に導けない

 

「サルのダーツ投げ」という表現をご存知でしょうか?

 

新聞の相場欄に向けてサルにダーツを投げさせ、ダーツが刺さった銘柄でポートフォリオを構築したのと、プロが銘柄を選んだそれとでも、リターンに大差がないという一種の皮肉です。

 

つまり、よいファンドマネージャーを選ぶのは、それほど難しいということを言っているわけです。

 

当社は、一般的なアクティブファンドと比較しても、厳選した銘柄を選定し、アクティブファンドを組成しています。その考えの基本になっているのが、世界でも有数の投資ファンド「バークシャー・ハサウェイ」の創業者であり、世界的に著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏なのです。

 

次回は、アクティブ運用で、インデックスを大きく上回るリターンを実現しているバフェット氏に関してご紹介いたします。

 

※上記の企業名はあくまでもご参考であり特定の有価証券等の取引を勧誘しているものではございません。

 

[PR] 10月7日(水)無料セミナー@幻冬舎(東京)
新型コロナ・ショックの影響、今後のマーケットの見通しを徹底解説!
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

投資家ご本人が、自ら考え、選び、投資をするプロセスを徹底サポート!
幻冬舎グループのIFAによる
「資産運用」個別相談会

 

 

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…
この現実から抜け出すには?

 こちらへ 

 

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載スパークス・アセット・マネジメントが語る――株式投資家のための「いい会社を選ぶ7つの基準」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧