株式投資の銘柄選び④…「参入障壁」に守られたビジネスか?

今回は、「参入障壁」に着目して銘柄を選ぶべき理由を説明します。※本連載は、スパークス・アセット・マネジメントが配信しているメルマガ「スパークス投資情報」と、代表取締役である阿部修平氏が出版した書籍『暴落を買え』をもとに、株式投資家が必ず知っておきたい「いい会社を選ぶ7つの基準」を説明します。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

「参入障壁が高い」=他への代替が効かない

1.「高い参入障壁」の意味

 

いい会社を選ぶ基準その4は、「高い参入障壁に守られたビジネスである」というものです。

 

[PR] <8/26(木)開催> 2021年、後半の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの
「絶対リターン」の獲得手法

 

「参入障壁が高い」と聞くと、強固な規制によって新規参入者を排除するというようなイメージを持たれるかもしれません。しかし、ここでいう参入障壁の高さとは、「提供している製品、サービスが唯一無二であり、他のものによる代替が効かない」ということを指しています。

 

要は「これがないと、世の中が困るだろう」と思えるサービスや商品を作り上げられること自体が、他社との差別化を促し、結果として「高い参入障壁」を作り出しているということなのです。

「この会社にしか頼めない状況」を作ったキーエンス

2.キーエンスという会社

 

キーエンスという会社をご存知でしょうか? 多くの方が、経済誌などで定期的に取り上げられる「平均年収の高い会社ランキング」で目にしたことがあるかと思います。

 

[PR] <8/26(木)開催> 2021年、後半の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの
「絶対リターン」の獲得手法

 

では、なぜこの会社の給料が高いのか。それは単純に、他の会社が実践できないことを実施している、つまり「参入障壁の高さ」を作り出しているからに他なりません。

 

同社はFA(ファクトリーオートメーション)用センサー等の各種センサー、測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究開発用解析機器などの電子応用機器の製造・販売を展開する企業ですが、同社のサービスが同業他社と異なるポイントは、製品販売において、顧客それぞれのニーズを把握・カスタマイズして販売していくという部分にあります。

 

こういったマーケットイン型のサービスを提供することによって、顧客にとって「キーエンスにしか頼めない」という状況を作り出しているのです。

 

このような高い参入障壁を持つ企業がいるマーケットに、他の企業が参入して結果を出すには、相当の工夫が必要です。

サービスの固有性で注目された「テルモ」

3.痛みを感じにくい注射針の「テルモ」

 

高い参入障壁を作り出している事例としてもう一つ挙げるべきが、テルモです。テルモは、東京都に本社を置く医療機器の製造・販売の最大手であり、プレフィルドシリンジ(薬剤充填済み注射器)などで大きな市場シェアを獲得しています。

 

[PR] <8/26(木)開催> 2021年、後半の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの
「絶対リターン」の獲得手法

 

テルモが一般の人にも注目されたのが「痛くない注射針」の開発です。人間が痛みを感じる「痛点」は1c㎡当たり100~200個、皮膚表面に高密度で分布していますが、テルモは、その痛点よりも小さな注射器である「ナノパスニードル」の開発に成功し、痛みを感じにくい注射針を作り出したのです。

 

注射は、病気によっては毎日のように打たなければならないこともあり、患者さんにとって、肉体的にも精神的にも大きな負担になります。テルモの注射器はまさにそんな患者さんにとって、なくてはならない存在であり、やはりそれが「参入障壁の高さ」を作り出しているのです。

 

高い参入障壁を作り出した企業は、そのサービスの固有性によって、やがて市場でブランド視され、なくてはならない存在になっていきます。投資家としては、そういった企業に投資すべきと考えます。

 

次回は、「持続可能な高ROEとそれに見合う利益成長があること」に関して説明していきます。

 

※上記の企業名はあくまでもご参考であり特定の有価証券等の取引を勧誘しているものではございません。

 

[PR] <8/26(木)開催> 2021年、後半の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの
「絶対リターン」の獲得手法

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託とは?

 

【7/27開催】個人でも活用が可能!小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【7/28開催】国際税務に精通した税理士が“投資家目線”で語る「アジア投資」の進め方

 

【7/28開催】今さら人には聞けない!これから始めたい方のための「太陽光発電」投資講座

 

【7/28開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべきオルタナティブ投資」

 

【7/28開催】セールスの餌食にならないための「生命保険」入門講座

 

【8/4開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【8/12開催】相続トラブルを回避する「遺言書」「遺産分割」「遺留分」関連の対応ポイント

 

【8/12開催】専門弁護士による「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ

 

【8/12開催】医師・歯科医師向け>業界のレジェンド講師が教える保険活用術

 

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載スパークス・アセット・マネジメントが語る――株式投資家のための「いい会社を選ぶ7つの基準」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧