不動産投資で利用できる「アパートローン」の基礎知識

前回は、収益不動産のローン返済時に必ず確認すべき「金利」と「返済期間」について説明しました。今回は、不動産投資で利用できる「アパートローン」の基礎知識を紹介します。

不動産投資に利用できるローンは限られるが・・・

不動産を購入する際に利用できるローンには、大きくいえば、①住宅ローンと②セカンドハウスローン、③アパートローンの3種類があります。

 

①住宅ローンは、本人とその家族が住むための住宅とそれに付随する土地などを購入する際に借り入れるローンのことです。新築だけではなく中古住宅の購入にも使うことが可能であり、住宅ローン減税などその利用を促す税制上の優遇措置も用意されています。

 

②セカンドハウスローンは、別荘などのセカンドハウスを購入するための資金を融資するローンです。

 

③アパートローンは、アパートやマンションなどの投資用不動産の購入・建築のための資金を貸し出すローンを指します。「不動産投資ローン」や「マンションローン」などという名称で呼ばれることもあります。

 

これら3つのローンのうち、不動産投資で利用することができるのは、③アパートローンに限られます。①住宅ローン、②セカンドハウスローンは、投資用不動産を購入する目的では一般的には使えないので注意してください。

「非常に低い水準」にある、現在のアパートローン金利

また①、②、③の順位で借り入れ金利は高くなるのが一般的です。①で買うのは家族で住むための家。賃貸で家賃を支払い続けることを考えるとその費用で住宅ローンを組んで返済に回したほうが得なケースが多くあります。

 

②で買うのは完全なる贅沢品です。ゆとりがないとまず手を出さないでしょう。

 

③はあくまで投資。①や②と比べると、借りる側も貸し出す側も少なからず「リスク」が発生します。そのため③は①、②と比べると、金利としては高くなる傾向がとても強いです。

 

とはいえバブル経済がピークに達した1990年は住宅金融公庫の固定金利が5.5%、都市銀行ローンの変動金利が8%強だったので、それに比べれば現在の③の金利1%台〜3%というのは非常に低い水準です。

宅地建物取引士
2級ファイナンシャルプランニング技能士

1980年千葉県生まれ。2004年駒澤大学経済学部卒業後大手不動産デベロッパーに入社し、新築投資用ワンルームマンションの販売に従事。その後アメリカ最大手の金融機関へ入行し、リスクマネジメント担当の経験を積む。2008年に大手投資用不動産会社に入社。築浅マンションから築40年のマンションまで様々なブランド物件の、仕入れ専門の売買仲介を経験する。不動産業界の現場最前線で日々、数多くの不動産投資に関する顧客相談を受けつつトップセールスとして活躍し、数々のタイトルを獲得。

2011年、東日本大震災のボランティアで被災者との交流から「自分には何ができるか」を考えた末、「今まで培ってきた経験を活かして、不動産投資にお困りの方、またはこれから不動産投資をお考えの方にプロとして最低限のアドバイス。これならできる!」と、強い思い入れのあった起業を決意。同年9月に投資用不動産専門の株式会社パートナーズを設立。物件の仕入れから販売、賃貸管理などのプロパティ面、アフターサービス、出口戦略まですべてサポート可能な投資用不動産のエキスパート集団を率いる。

著者紹介

連載勝てる不動産投資・・・「投資指標」の読み方・「収支計画」の立て方

本連載は、2017年12月25日刊行の書籍『不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

不動産投資の「勝ち方」が1時間でわかる本

吉村 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

いつ? どうやって? なにを?  興味があってもなにから始めればいいのかわからない人が大半。そんな方に読んでほしい、不動産投資のメリットと勝つためのノウハウが十二分に詰まった一冊。不動産会社探しのプロセスから選…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧