病を患う母に「マンション購入」を報告した後、須藤は・・・

エリートサラリーマン・須藤を通して「不動産投資」について学ぶ本連載。今回は、病を患う母に「マンション購入」を報告した後の須藤について見ていきます。

魔法少女の世界は、働く女性たちの心象風景の写し

ここからようやく、オレ自身のターンだ。


パソコンを開いて、録画しておいた深夜アニメを視聴する。観終わったところで、SNSを開いて、みんなの感想をチェックする。今期のオレのいちおしアニメは『魔法少女マジョカナ』だ。


「魔法少女」というと、一般人はすぐに、ロリコンだなんだと騒ぐかもしれないが、そういうものではない。60年代の『魔法使いサリー』や『ひみつのアッコちゃん』から始まって、魔法少女ものは、男性の性的視線にさらされる少女というよりも、女性の自己実現を描いてきた。観ている人も女性だし、女性のためのヒロインものなのだ。


特に『美少女戦士セーラームーン』や『ふたりはプリキュア』といった作品は、従来であれば男性ヒーローの独どく擅せん場だった勧善懲悪のバトルを、女性ヒロインのものにしてしまった。魔法少女の世界では、男性は戦わず、戦う少女たちを癒す存在だ。それは90年代以降の働く女性たちの心象風景の写しでもある。

 

「お休みなさい、明日もよいドリームに…」

そんな論考をネットに書き込んだのは『魔法少女マジョカナ』の主人公、マジョカナの設定が、従来の基準からすると、明らかに一線を越えていたからだ。マジョカナは単なる少女ではなく、不老不死を約束された吸血一族の少女だった。その年齢は、およそ1万歳―中世には、娼婦だったこともあるし、文字どおり魔女だったこともある。


マジョカナは、酸いも甘いも噛みわける大人の女性であるにもかかわらず、魔法を使って敵を倒すたびにそれまでの記憶を失うという特性もあって、処女の無垢さも備えていた。深夜という枠を活かして、魔法少女ものを逸脱した大人のアニメ―それがオレの『魔法少女マジョカナ』評だった。

 

ひととおりネットをチェックして、おれはため息をついた。明日も仕事だ。もう寝なければ。


オレは、パソコンを閉じて、ベッドサイドに飾ったマジョカナのフィギュアに目をやった。今思えば、マジョカナの顔は、元カノの綾乃に似ている。オレの好みのタイプということだろうか。


「お休みなさい、明日もよいドリームに、めくるめくるくる、くるりんぱー!」


オレは何気なく呟いた。


一応言っておくと、今のはマジョカナの呪文であって、オレが創作したわけじゃない。

マネー総合研究所 所長

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資など、マネーに関する専門家。
大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。
儲からない新築区分マンション投資で失敗したサラリーマンや公務員からの相談に対して、独自のリカバリー理論で数多くの人を救った経験を持つ。

著者紹介

連載〈ノベル〉40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

本連載は、2017年11月2日刊行の書籍『40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

杉田 卓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

大手上場企業に勤めるサラリーマン、須藤。40歳独身。将来への不安から、副収入を求めて「新築区分マンション投資」に手を出すが・・・。可愛い声の女性担当者がテレアポでおびき寄せ、イカつい営業マンが強引にクロージング!…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧