▲トップへ戻る
フィリピン不動産の資産価値を「数倍にする」出口戦略②

前回に引き続き、フィリピン不動産の資産価値を「数倍にする」出口戦略を紹介します。今回は、手順をより詳しく見ていきましょう。

「現地法人」を設立すれば物件販売が可能に

前回の続きです。例えば、現在私たちがお勧めしているダバオ市の物件は、現地富裕者層向けの高級分譲住宅地です。人気の日本式のデザインや設計を取り入れ、高い収益性が見込めます。

 

ただし、現地の法律で外国人は土地を直接購入することができません。そのため現地法人を設立することでファンド化して販売を行います。

 

ファンド化のメリットは、立地の良し悪しに関係なく出資割合に応じて配当を受け取れることです。つまり同じ敷地面積でも、人気の南向きの土地を手に入れた人のほうが多く利益を得る、といったことがありません。

 

さらに、現地の優秀な法律や会計の専門家を社内に迎え入れるという独自のノウハウで万全の体制を作り上げています。

「3つの手順」を経て資産価値を数倍にすることも可能

これから急成長が見込めるダバオ市の不動産開発投資なら、次のような段階を経て、資産価値を数倍にすることも夢ではありません。

 

1.現地の緻密な情報収集によりJICA(国際協力機構)によるハイウェイの建設地付近といった、特に地価の上昇と需要拡大を見込める土地を発掘

 

2.地主から直接購入をすることでコストを抑えた上で種目変更(農地→宅地)。資産価値は2倍ほどに膨れ上がる

 

3.購入した土地に対してサブディビジョン(区分け)のプランニングと造成することで、さらに資産価値が一気に跳ね上がる

 

仮にコンドミニアムで得た3000万円を頭金に、融資を利用し1億円の土地を購入したとします。それが数年後、5倍の価値になれば5億円です。一気に資産10億円に近づきます。その間、皆さんはほとんど何もすることはありません。

 

これが私たちの描く出口戦略です。

 

[図表]ダバオシティー・サブディビジョン開発投資案件スキーム図

(分配金について)

Davao Future Asset Design Corporation では、毎年12 月末日で決算となり、
決算確定後(決算後3 か月)にレポート(決算上の数字含む)を作成致します。決
算上、黒字になった年度に関しましては、税引き後利益の20 ~ 30%程度を分
配金としてお支払いする予定です。余剰利益につきましては、翌年度に持ち越
しとなり、最終的に案件が終了する時点で全てお支払いすることになります。
なお、分配金の払い出し通貨は原則米ドルでシンガポールからの払い出しにな
りますが、本案件はフィリピンペソ建ての案件(為替ヘッジ無し)になりますの
で、フィリピンペソから米ドルに両替する際の為替手数料が掛かります。

JIFPA(S)PTE.LTD.の資料より
(分配金について)
Davao Future Asset Design Corporation では、毎年12月末日で決算となり、決算確定後(決算後3か月)にレポート(決算上の数字含む)を作成致します。決算上、黒字になった年度に関しましては、税引き後利益の20~30%程度を分配金としてお支払いする予定です。余剰利益につきましては、翌年度に持ち越しとなり、最終的に案件が終了する時点で全てお支払いすることになります。なお、分配金の払い出し通貨は原則米ドルでシンガポールからの払い出しになりますが、本案件はフィリピンペソ建ての案件(為替ヘッジ無し)になりますので、フィリピンペソから米ドルに両替する際の為替手数料が掛かります。
 
JIFPA(S)PTE.LTD.の資料より

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

一般社団法人日本IFP協会理事
日本IFP協会Singapore、JIFPA(S)PTE LTD代表取締役
 海外不動産コーディネーター

現在は家族と共にシンガポール在住。シンガポールの富裕層へのコンサルティングや世界の金融商品に対する研究・開発活動。国内の大手精密機械メーカー海外営業部にて東南アジア・オセアニア地区のセールスマネージャーとして国際ビジネス第一線で活躍。帰国後、国内証券会社にて超富裕層及び高収益企業の決算対策・事業承継・株価対策・資産運用などを行う傍ら、国内外の金融商品の証券化等の業務を従事。海外での資産運用の重要性、ならびにその方法として航空機を用いた資産運用・税効果の優位性に気づき、航空機専門商社に転職。病院向けのドクターヘリ設置サポートなども行う。その後、一般社団法人日本IFP協会の代表理事に。現在、来日時は税理士法人や医師会を対象に、事業承継・株価対策・税金対策・資産運用の講演やコンサルティングを行っている。

著者紹介

連載多忙な医師でも資産を数倍に! フィリピン不動産の最強投資術

本連載は、2016年8月24日刊行の書籍『海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

大山 一也,織田 耕平

幻冬舎メディアコンサルティング

これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリピ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧