前回は、フィリピン不動産投資で警戒したい、「マニラ首都圏」の状況を取り上げました。今回は、不動産投資先として、フィリピンの「マリンリゾートエリア」の評価を探ります。

開発が進み、不動産投資のうまみが薄い「セブ島」

投資対象として様々な条件が整っているフィリピン。しかし、その首都圏であるメトロ・マニラは治安、立地、価格、この3点であと一歩及ばずといったところです。

 

ならば本命のエリアはどこか――。日本に限らず世界的に注目されているフィリピンへの入国は、2014年で外国人が470万人、そのうち43万人が日本人となっています。大小合わせて7000以上の島々からなるフィリピンは、美しい海と自然環境があり、多くの歴史的な遺産もあるため、リゾート地としても有名です。

 

多くの人は、観光地として有名なセブ島を思い浮かべるかもしれません。南北に長いセブ本島の中心部にあるセブ市は、近代的なリゾート施設がたくさんあり、日本人観光客も非常に多い、フィリピン屈指の避暑地として知られています。

 

確かにセブ市を含むメトロ・セブはメトロ・マニラに次ぐ第二経済圏です。しかし、それゆえすでに開発が進み、2018年を目途に落ち着く見込みとなっています。こちらもマニラ同様にうまみは薄れつつあるのです。

 

ボホール島、ボラカイ島なども投資対象にはいまひとつ

それ以外にもセブ島のすぐ南にあるボホール島はダイビングスポットとしても知られています。「チョコレート・ヒル」では、円錐形の小さな山々が連なり、その幻想的な風景が観光スポットして注目を浴びています。

 

さらに世界のベストビーチに2年連続で選ばれたボラカイ島は、真っ白な砂浜が広がる美しいマリンエリアで、プライベートビーチもあり、お洒落な高級リゾートホテルやレストランが立ち並びます。

 

しかし、いずれのエリアも投資対象として見た場合には、いまひとつです。観光需要は一定程度ありますが、「将来性」という点で今後も急速に成長していくかというと疑問符がつくのです。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年8月24日刊行の書籍『海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

    海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

    大山 一也,織田 耕平

    幻冬舎メディアコンサルティング

    これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。 近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ