▲トップへ戻る
留学先レポート――英国・ロンドン②

前回は、英国・ロンドンの留学先情報を解説しました。今回は、英国・ロンドンの地域情報を紹介します。

世界中で愛される、ミュージカル「レミゼ」の本場

前回の続きです。

 

 Activity 

 

●歴史と伝統をいまに伝える遺物・建築・演劇に出会う

 

①英国版タイムズスクウェア ピカデリーサーカス

常に多くの人で賑わう広場。中心にあるアンテロス像が目印です。トラファルガー広場やレスター広場、チャイナタウン、ソーホーなどの名所とつながっている場所でもあります。ショッピングならリージェント・ストリートやカーナビー・ストリートなどが人気。

 

 

②世界40ヵ国以上で上演された不朽の名作 ミュージカル「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」は1985年にロンドンで初演されて以来、現在まで愛され続けるロングランミュージカル。フランス革命後のフランスが舞台。本場ロンドンの「レミゼ」はクイーンズ・シアターで鑑賞できる。ピカデリーサーカス駅より徒歩約5分。日曜日は休演日。

 

世界最大級の博物館「大英博物館」は必見!

③見渡せる範囲・・・360度! ロンドン・アイ

テムズ川沿いのサウスバンクと呼ばれるエリアにある巨大観覧車。1つのカプセルに25人が乗れる。ゆっくり30分かけてロンドンの素晴らしい眺めを楽しむことができる。事前ネット予約可。長い列に並びたくない方のためにファストチケット(優先入場券)もある。

 

 

④約800万点の文化遺産を収蔵 大英博物館

世界中から集められた美術工芸品のコレクションを保存・展示している世界最大級の博物館。石碑「ロゼッタストーン」や古代エジプトのミイラ、パルテノン神殿を飾っていた彫刻群などが有名。特別展を除いて入場料が無料なのもうれしい。

 

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

 

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧