▲トップへ戻る
留学先レポート――英国・ロンドン①

前回は、おすすめの世界遺産について解説しました。今回は、英国・ロンドンの留学先情報を紹介します。

小規模校ながらも国際色豊かな「EXCEL ENGLISH」

「世界のすべてがある街」と表現されるロンドンは、経済、金融、芸術、ファッション、メディアなどの一大中心地として常に世界中に影響を与え続けている。

 

数多くの言語が話されているとも言われており、多様性を受け入れる懐も深い。

 

 

 

留学概要

EXCEL ENGLISHは、ロンドン北部のマスウェル・ヒル、都会の喧騒を忘れられる閑静な住宅街にあります。小規模校ながら生徒は国際色豊か。観光客はほとんどいない地域なので、地元の人との触れ合いを楽しみましょう。クオリティ・イングリッシュの認定校。

 

 

 

ロンドンの魅力がわかる、観光ツアーさながらの街歩き

●First day

オリエンテーションで教えてくれた携帯電話のFree SIM Cardやお役立ちアプリといった情報はとても参考になりました。午後に行うレスター・スクウェアやピカデリーサーカスなど数カ所の名所を巡る「街歩き」は観光ツアーさながら! ロンドンの魅力がよくわかる内容になっています。クラスはテスト結果によって5段階に分けられます。

 

 

生徒一人一人に目が行き届いたアットホームな雰囲気

EXCEL ENGLISHの常勤講師は6名と少数精鋭。隔週木曜日に個人面談があるのはいいフォロー制度だと思います。私は弱点を克服するための勉強法についてアドバイスをいただきました。私が留学した時期は週2日だけ放課後のアクティビティがありました。

 

ロンドンの語学学校は大部分が中小規模で、観光スポットもふんだんにあるため、生徒の自主性に任せているところも多いのでしょう。ただ一つ一つのアクティビティの質が高く、特にハロウィンに向けた「ジャック・オ・ランタン」づくりでは仲間との共同制作を通して楽しく英語を話すことができました。

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

 

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧