留学先レポート――カナダ・バンクーバー③

前回は、カナダ・バンクーバーの地域情報を紹介しました。今回は、カナダ・バンクーバー周辺の観光情報を紹介します。

渓谷に吊り橋・・・カナダの自然を感じられる観光名所

前回の続きです。

 

 Tour guide 

 

●バンクーバーおよびその周辺の観光ガイド

 

⑤一帯がアトラクションパーク キャピラノ吊り橋

キャピラノ川の美しい渓谷に架かる吊り橋。長さは約137m、高さは約70m。入口付近では、トーテムポールの収集品が展示されているほか、周辺には崖に沿った遊歩道やキャニオン展望台も。そのほかツリートップアドベンチャーやネーチャーズエッジなど見所も満載。

 

 

大自然の景観を楽しみながら様々な活動が可能

⑥バンクーバーを見下ろす景観は圧巻 グラウス・マウンテン

標高約1250mの、バンクーバーでは最高峰の山。頂上付近では木こりのショーが1日3回あり、カナディアンジョークと観客の笑いで盛り上がる。頂上付近で楽しめるアクティビティとしては、本格的なジップラインやパラグライディング、ヘリーツアーなども。

 

 

⑦バンクーバーでいちばんの夜景 スタンレーパーク

ダウンタウンの西にある巨大な公園。敷地内にはトーテムポールパーク、バンクーバー水族館、プロスペクトポイントなどを有する。トーテムポールパーク付近から眺める摩天楼が広がるダウンタウンの夜景は、バンクーバーでいちばんと評判。

 

 

 

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

 

 

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧