貯蓄の基本「社内預金・財形貯蓄・自動積立定期預金」の概要

今回は、貯蓄の基本である「社内預金・財形貯蓄・自動積立定期預金」の概要を見ていきます。※本連載は、株式会社小宮経営コンサルタンツの代表・小宮一慶氏の著書、『知っているようで知らない、お金の貯め方・増やし方』(PHPエディターズ・グループ)より一部を抜粋し、知っているようで知らない「お金の守り方」をご紹介します。

安易に引き出すことができない「社内預金・財形貯蓄」

銀行の普通預金口座のお金で生活していき、強制的にお金を貯める方法として「社内預金」「財形貯蓄」「自動積立定期預金」にお金が貯まっていくのが理想です。さらに、普通預金口座の残額が増えていけば、「言うことなし」です。

 

しかし、現実には、普通預金口座のお金だけでは足りなくなるタイミングもあるかもしれません。そのときには、社内預金か財形貯蓄、自動積立定期預金のどれかからお金を引き出して生活費を補うことになります。

 

社内預金は、会社でしかお金を引き出せませんが、手続きをすれば比較的かんたんに引き出せるはずです。だからと言って、いつも引き出していたらお金が貯まりません。金利も銀行預金よりは高いですからね。銀行の普通預金口座のお金だけでは、「どうしても足りなくなった」ときに、「不足する金額だけ」、ここから引き出します。

 

目的のない財形貯蓄も、手続きをすれば引き出せますが、住宅購入など、ある目的のための財形貯蓄は、目的以外のためには安易には引き出せないか、引き出すと予定金利を受け取れなくなります。財形貯蓄はその名の通り、「財産を形成するための貯蓄」なので、よほどのことがない限りは引き出さないようにしたほうがいいでしょう。

 

社内預金や財形貯蓄は企業によって制度が違うので、詳しく知りたい人は、会社の規定を読むか、担当者に問い合わせてください。

 

定期預金を担保に借り入れできる「総合口座」

自動積立定期預金も、定期満期後に引き出すことができますし、「いざ!」というときには期間の途中でも、定期預金金利は受け取れませんが、お金を引き出すことはできます。

 

また、一般的な銀行で「総合口座」にしておけば、定期預金口座に、例えば100万円預けていれば、同じ銀行の普通預金口座でマイナス80万円とか、90万円までは引き出せます。

 

これは、定期預金を担保に、定期預金金額の一定の限度額まで自動的に借り入れることができる制度があるからです。ただし、借入利息を取られます。0.5%程度の銀行が多いようですが、現在は定期預金の金利が0.0いくつですから、短期間の場合は別として、自動借り入れ制度を利用するより定期を解約してお金をおろしたほうがいいかもしれません。

株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役
経営コンサルタント 

1957年、大阪府堺市生まれ。1981年、京都大学法学部卒業。東京銀行に入行。1984年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。MBA取得。
帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間の1993年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。1996年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。

著者紹介

連載元本を減らさず確実に増やす!お金を「守って」「育てる」方法

 

 

知っているようで知らない、お金の貯め方×増やし方

知っているようで知らない、お金の貯め方×増やし方

小宮 一慶

PHPエディターズ・グループ

お金がなかなか貯まらない人やお金の増やし方がわからない人、これから株や投資信託を始めたい人のための、貯蓄と投資の入門書決定版! 必要な保険、投資の原則、金融商品の見極め方、年金の未来など、お金を着実に貯め、増や…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧