一般の人でも買える「個人向け国債」の特徴とメリット

今回は、「個人向け国債」の特徴とメリットを見ていきます。※本連載は、株式会社小宮経営コンサルタンツの代表・小宮一慶氏の著書、『知っているようで知らない、お金の貯め方・増やし方』(PHPエディターズ・グループ)より一部を抜粋し、知っているようで知らない「お金の守り方」をご紹介します。

個人向け国債は「変動10・固定5・固定3」の三種類

日本国債とひと口に言っても、多くの種類がありますが、一般の人が買える代表的な国債は「個人向け国債」です

 

個人向け国債は現在、「変動金利型10年満期(以下、変動10)」「固定金利型5年満期(以下、固定5)」「固定金利型3年満期(以下、固定3)」の三種類があります。

 

どれも1万円から、1万円単位で買うことができます。毎月発行されていて、発行から1年たてば、いつでも中途換金することができます。ただし、中途換金の場合には、そのときの市場価格で売ることになりますので、価格が上がっていればお金が増えますが、下がっていればお金は減ってしまいます。

 

満期で売れば元本が保証されておりリスクはありませんが、中途換金の場合には「価格変動リスク」があるのです

 

変動10は、金利が半年ごとに変わり、10年後に満期となる国債です。

 

固定5は、金利が変わらず、5年後に満期となる国債です。5年間決められた利子を受け取ることができます。

 

固定3は、金利が変わらず、3年後に満期となる国債です。3年間決められた利子を受け取ることができます。

守るお金の一部を「変動10」で運用するのはいい方法

では、それぞれの金利は、マイナス金利政策下でどうなっているでしょうか。

 

2016年6月15日に発行された第74回変動10では、発行の基準となる金利がマイナス0.1%のため、最低適用利率の0.05%が適用され、税金を引かれると0.0398425%です。

 

同じ日に発行される固定五、固定三も基準金利がマイナスのため、最低利率の0.05%、税引き後0.0398425%です。

 

同じ利率なら、将来、基準金利が上がったら適用利率も上がる可能性のある変動10のほうが有利なのは間違いありません。

 

預金の利子も、国債の利子も、かかる税金は同じ20.315%です。税引き前0.05%以下の金利の定期預金なら、変動10のほうが若干ですが、お得ということになります。

 

1年たてば元本を割る可能性はありますが、中途換金できますし、満期まで保有すれば元本も保証されていますから、お金が減る心配はありません。

 

銀行の預金は、仮にその銀行が破綻しても1000万円までは預金保険機構によって保証されています。ただ、1000万円を超える部分は戻ってこない可能性があります。

 

国と銀行のどちらの破綻の可能性が高いかといえば、それは現状では銀行です。ですから、「守るお金」の一部を、個人向け国債の変動10で運用するのは悪くない方法だと思います。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役
    経営コンサルタント 

    1957年、大阪府堺市生まれ。1981年、京都大学法学部卒業。東京銀行に入行。1984年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。MBA取得。
    帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間の1993年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。1996年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。

    著者紹介

    連載元本を減らさず確実に増やす!お金を「守って」「育てる」方法

    知っているようで知らない、お金の貯め方×増やし方

    知っているようで知らない、お金の貯め方×増やし方

    小宮 一慶

    PHPエディターズ・グループ

    お金がなかなか貯まらない人やお金の増やし方がわからない人、これから株や投資信託を始めたい人のための、貯蓄と投資の入門書決定版! 必要な保険、投資の原則、金融商品の見極め方、年金の未来など、お金を着実に貯め、増や…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ