安定した賃貸経営に欠かせない「保証会社」への加入

前回は、オーナーによる空室対策の最終手段を取り上げました。今回は、安定した賃貸経営に欠かせない「保証会社」への加入を見ていきます。

入居者属性の低下に伴う「滞納リスク」も回避

家賃の値下げが招くデメリットには、「入居者の属性低下」もあります。入居時のハードルを下げて、入りやすい状況を作ると、確率的に問題のある入居者が混じる可能性が高まります。

 

なかには、フリーレント期間を渡り歩いてアパートを転々とする、オーナーからすると悪質極まりない入居者も存在します。

 

背景には非正規雇用の増加など、若者を取り巻く労働環境が悪化の一途を辿っていることもあります。オーナーにとっては、なんとも嬉しくない話です。

 

入居者が引き起こす、こういった短期解約トラブルを予防するには、短期解約のペナルティとして違約金を取るなど、特約を契約内容に明記することが有効です。

 

このほか、入居者の属性は、家賃滞納リスクと表裏一体の関係です。入居者属性の低下に伴う滞納リスクを回避するには、入居時に「保証会社」への加入を必須とするのが有効です。

 

滞納時の補償・督促も行ってくれる「保証会社」

保証会社とは、賃借人が家賃債務の不履行に陥った場合、賃借人に代わって賃貸人への代位弁済をしてくれる会社のことです。簡単にいうと、入居者が家賃を払えない場合に未払い家賃を立て替えて、オーナーに払ってくれる会社です。

 

[図表]

 

立て替え分の家賃は保証会社が入居者へ督促を行い、回収することになります。当然、保証会社もリスクを取って滞納時の賃料保証をする以上、むやみに保証することはできません。

 

そこで加入審査時に賃借人の属性や、信用について調査を行っています。家賃滞納履歴やカード事故の有無を調べることで、滞納発生の可能性を極力排除して、入居者属性を担保します。

 

つまり、賃貸経営で大きなリスクとなる家賃滞納を補償してくれたうえに、できれば誰もやりたくない督促業務を引き受けてくれるのです。安定した賃貸経営を目指すうえで、入居者の保証会社への加入は不可欠です。

T・Wealth Management 株式会社 代表取締役CEO

1979年生まれ、千葉県出身。金融業界を7年間経験した後、美容関連ビジネスで独立。
しかし、マーケットの価格破壊の煽りを受け、美容関連店舗を全て売却。
その後中堅デベロッパーに入社し、2年間用地の仕入れを行ったうえ、1棟収益不動産に特化したビジネスに転向し、仕入れ・販売共に相当な実績を積む。
2016年、T・Wealth Management 株式会社を創業、代表取締役CEOに就任。また同年、1棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も設立し、1棟収益不動産のマーケットで更なるシェア拡大を狙う。

著者紹介

株式会社T&Tハッピネス 代表取締役社長

1976年生まれ、神奈川県出身。BBT大学院にてMBA(Master of Business Administration)取得。デザイン業界、飲食業界を経験した後、不動産業界のデベロッパーに入社し、分譲マンションの販売・用地仕入れを行う。デベロッパーを2社経験した後、一棟収益不動産を専門に扱う会社に入り仕入れ・販売業務に携わる。2012年、株式会社T&Tハッピネス創業、代表取締役社長に就任。2016年3月には一棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も立ち上げた。

著者紹介

連載神速!億万長者計画――長期満室経営を実現する「管理運営」の極意

本連載は、2017年8月刊行の書籍『区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

田中 竜太,太田 将司

幻冬舎メディアコンサルティング

不労所得を得るための方法として注目されている不動産投資。 中でも「少額から始められてリスクが低い」という理由から、投資用区分マンションを選択する人が増えています。しかし実際には、始めてみたはいいものの「毎月の収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧