▲トップへ戻る
スリランカの環境配慮型グリーンビルに84億ドルの投資機会

国際金融公社(IFC)が、2018年から2030年までのスリランカの環境配慮型建物市場に約84億ドルの投資機会があると発表しました。当該発表について、現地スリランカの報道をお伝えします。

2020年までに「総エネルギー需要」を10%削減

アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く国際金融公社(IFC)は、2018年から2030年までのスリランカの環境配慮型建物市場に約84億ドルの投資機会があると試算した。このうち、68億ドルは住宅部門、16億ドルは商業部門からなると世界銀行グループのメンバーであるIFCは、南アジアの環境投資機会を調査したレポートで発表した。

 

レポートでは、「2020年までに総エネルギー需要を10%削減という、スリランカのエネルギーセクター開発計画の目標のために、スマートシティと環境配慮型建物は重要な柱である」と述べている。

 

2014年に建設業は、建築部門が大きく寄与し前年比で20%増加した。「5万から10万にも及ぶ住宅の年間需要は、毎年3分の2程度しか満たされておらず、環境配慮型建物により過去需要を解消するために、建物の建築を調整するチャンスがある」とIFCは述べている。

商業ビルの空室率が5%を下回る首都コロンボ

2050年までに人口の30%が都市に居住すると予測され、2017年時点での首都コロンボの商業ビルの空室率は5%未満である。建物部門はスリランカの発展と共に成長を続け、 国の建物を環境配慮型に移行する絶好のタイミングである。

 

政府はこの目標を達成し民間投資を促すために、グリーンビルディング評価システム、建築物の環境ラベルシステム、及び340万平方フィートのLEED認証プロジェクト等の必要な施策の多くをすでに実施している。

GTACと提携するスリランカのオンライン・ニュース・サイト。独自の取材網を築き、スリランカの経済、金融を中心とした幅広いニュースを報じている。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

連載現地経済メディアの記事を独占翻訳! スリランカ金融経済&ビジネスの最新事情

この記事は、GTAC提携のスリランカのニュースサイト「EconomyNext」が2017年12月6日に掲載した記事「$8.4bn investment opportunity in Sri Lanka ‘green buildings’」を、翻訳・編集したものです。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧