家計にのしかかる医療費・介護費・・・負担を軽減する公的制度①

前回は、所得によって介護負担限度額を設ける、「補足給付」の概要を紹介しました。今回は、家計の負担になる医療・介護費用について、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分があとで払い戻される、高額療養費制度と高額療養費制度について説明します。

高額な医療費の払い戻しも受けられる高額療養費制度

■高額療養費制度

 

1カ月(1日から月末まで)の医療費の自己負担額が一定の上限に達した場合、超過分が申請によって払い戻される制度です。多額の医療費がかかっても払い戻しが受けられるので、対象になる世帯はぜひ申請してください。

 

負担の上限額は「保険の加入者が70歳以上かどうか」や「加入者の所得水準」に応じて分けられます。70歳以上の人には、外来だけの上限額も設けられています。

 

なお、2015年1月から制度が改正され、70歳未満だと上位所得者(年収770万円以上)は自己負担額が増えた一方で、一般所得者(年収370万円未満)は自己負担額が軽減されています。

 

高額療養費制度では、複数の受診や同じ世帯にいるほかの人の受診について、窓口でそれぞれ支払った自己負担額を1カ月単位で合算できます。ただし、たとえば健康保険の被保険者(50代の会社員など)と、後期高齢者医療制度の被保険者(80代の高齢者など)が同居している場合、それぞれの医療費は合算の対象とはなりません。

 

また、直近の12カ月間に、すでに3回(3カ月)以上高額療養費の支給を受けている場合、さらに最終的な自己負担額が軽減されます。

 

[図表1]高額療養費制度の自己負担限度額

※多数回該当:直近の12カ月間に、既に3回以上高額療養費の支給を受けている場合
厚生労働省保険局「高額療養費制度を利用される皆さまへ」より作表
※多数回該当:直近の12カ月間に、既に3回以上高額療養費の支給を受けている場合 厚生労働省保険局「高額療養費制度を利用される皆さまへ」より作表

 

上限を超えた介護費を払い戻す高額介護サービス費制度

■高額介護サービス費制度

 

介護保険は、所得に応じて1~2割の利用者負担になります。しかし、介護保険を利用して支払った自己負担額が一定の金額を超えた時に、申請すればその分の金額が後日自治体から払い戻されます。この仕組みを「高額介護サービス費制度」といいます。

 

「一定の金額」は、介護保険負担限度額認定の段階によって異なります。

 

高額療養費と同じ負担軽減の制度ですが、こちらのほうはあまり知られていません。申請しなければすべての利用者が「現役並み所得者」の上限に設定されてしまいますので、対象になる場合は必ず申請しておきましょう。

 

手続きは自治体の窓口で行います。介護サービス利用時の領収書が必要になるので、捨てずに保管しておきましょう。払い戻しは手続きの約3カ月後に行われます。

 

あくまで「介護保険の対象費用の利用者負担額」が対象になるので、食事代・居住費・施設サービスにおける日常生活に要する費用(教養娯楽費など)は対象になりません。

 

[図表2]高額介護サービス費の自己負担上限額

注1世帯内の65歳以上の被保険者の収入およびその他の合計所得金額の合計額が346万円未満(世帯内の65歳以上
の被保険者が1人の場合は280万円未満)の場合も含む
注2世帯内の65歳以上の被保険者の収入の合計額が520万円未満(世帯内の65歳以上の被保険者が1人の場合は
383万円未満)の場合も含む
介護保険の現役並み所得は、世帯に課税所得145万円以上の第1号被保険者がいる場合であって、世帯内の第1
号被保険者の収入の合計が520万円(世帯内の第1号被保険者が1人のみの場合は383万円)以上である場合
厚生労働省「高額介護合算療養費制度について」より作表
(2017年6月時点)
注1世帯内の65歳以上の被保険者の収入およびその他の合計所得金額の合計額が346万円未満(世帯内の65歳以上 の被保険者が1人の場合は280万円未満)の場合も含む 注2世帯内の65歳以上の被保険者の収入の合計額が520万円未満(世帯内の65歳以上の被保険者が1人の場合は 383万円未満)の場合も含む 介護保険の現役並み所得は、世帯に課税所得145万円以上の第1号被保険者がいる場合であって、世帯内の第1 号被保険者の収入の合計が520万円(世帯内の第1号被保険者が1人のみの場合は383万円)以上である場合 厚生労働省「高額介護合算療養費制度について」より作表 (2017年6月時点)

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載介護破産を回避する「公的制度」活用術

社会福祉法人サンライフ/サン・ビジョン 理事・最高顧問

設計監理事務所経営後、1984年都市住宅研究所を設立。1987年社会福祉法人サンライフ、1996年社会福祉法人サン・ビジョン創設を経て、介護、住宅、医療、児童福祉事業を愛知県、岐阜県、長野県にて展開。

1995年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ジョン・F・ケネディ大学より名誉博士号授与。2004年、米国International Leadership Foundationより2004年Leadership賞を授与。2006年、愛知県老人保健施設協会監事就任。2007年、アメリカ合衆国連邦政府保険省高齢者庁より表彰状授与。2009年より全国個室ユニット型施設推進協議会副会長。2010年、介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣賞受賞。2014年、全国ノーリフト施設協議会代表理事就任。同年春の藍綬褒章受章。2015年、一般社団法人愛知・名古屋ふくしネットワーク代表理事、一般社団法人国際介護士協会代表理事就任。2016年、一般社団法人名北労働基準協会理事就任。

著者紹介

人生を破滅に導く「介護破産」

人生を破滅に導く「介護破産」

杢野 暉尚

幻冬舎メディアコンサルティング

介護が原因となって、親のみならず子の世帯までが貧困化し、やがて破産に至る――といういわゆる「介護破産」は、もはや社会問題の一つになっています。 親の介護には相応のお金がかかります。入居施設の中でも利用料が安い特…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧