離婚、介護・・・住宅ローンを組む際に考慮すべきリスクとは?

前回は、住宅ローン破綻した人の末路を取り上げました。今回は、住宅ローンを組む際に考慮すべきリスクについて見ていきます。

かつてマイホーム購入は「資産形成」の手段だったが・・・

マイホームの購入は、かつて「人生の安定」を象徴するものでした。結婚し、家庭を持ち、家族が幸福に暮らす場としてマイホームを手に入れることは、人生を安泰なものとするプロセスと考えられていたのです。

 

実際、収入が安定する30代以降にローンを組んで、終の棲家を手に入れることで、生涯における経済的な安心感は大きく高まりました。ローンの支払いが終わる老後は住居費がなくなる上、土地価格が右肩上がりで上昇していた時代には、「資産の形成」という意味でもマイホームは家計を支える礎となってくれたのです。

 

しかし近年、住まいの購入をめぐる事情は様変わりしています。特に住宅ローンの利用には大きなリスクが伴う──それどころかもはや「ギャンブルと化している」といっても決して過言ではありません。企業の終身雇用はとっくに崩壊、給与も上がる保証はありません。

 

ローン返済が滞り、売却、自己破産へと至るケースも

一方で将来の不確定要素(=リスク)は増えています。離婚件数は少なくなく、子どもの教育費も上がり続けています。さらには親の介護など、家計に大きな負担をかける要素は年々増えているのです。つまり住宅ローンは非常に不安定な将来に対して、イチかバチかに近い賭けのようになっているのです。

 

にもかかわらず、35年などといった長期にわたるローンが利用されています。無事に返済を続けられればよいものの、もし少しでもローンの支払いに影響するような事態が発生すれば、たちまち家計は破綻してしまいます。そのような認識を持たずにローンを組み、無自覚のままイチかバチかの賭けをしているのです。

 

結果、何らかの原因で住宅ローンの返済に困り、せっかく苦労して手に入れたマイホームが競売にかけられ、ついには自己破産というルートをたどって住む家を失い、家財の大半を失う人が後を絶ちません。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載もし住宅ローンが払えなくなったら…マイホームの「差押え」「競売」の現状

烏丸リアルマネジメント株式会社 代表取締役

1974年生まれ。大阪府出身。
大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶たない。
任意売却コンサルタント、宅地建物取引士、日本アドラー心理学会会員。

著者紹介

住宅ローンが払えなくなったら読む本

住宅ローンが払えなくなったら読む本

著者 矢田 倫基   監修 矢田 明日香

幻冬舎メディアコンサルティング

夢のマイホームを購入する際、多くの人が利用する住宅ローン。ローンを組む際は、通常、専門家のアドバイスを受けながら無理のない返済計画を立てますが、長い返済期間では何が起こるかわかりません。思わぬトラブルによって返…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧