空き家を放置することで生じる「窃盗リスク」という問題

今回は、空き家を放置することで生じる「窃盗リスク」について詳しく説明します。※本連載は、NPO法人空き家サポートセンター理事長で、行政書士を務める水谷秀志氏の著書、『空き家大国ニッポン』(せせらぎ出版)の中から一部を抜粋し、「空き家」にまつわる諸問題や相続対策について探ります。

住宅に対する侵入窃盗は、1日あたり約126件

窃盗犯が家屋等に侵入して窃盗をした件数は、2003(平成15)年以降減少に転じ、2015(平成27)年には8万6373件、前年比マイナス7.7%と13年連続で減少しています。また、このうち住宅を対象とした侵入窃盗も2004(平成16)年以降減少しており、2015(平成27)年は4万6091件と前年比マイナス4.2%と、同じく減少をしています。

 

[図表]侵入窃盗の認知件数の推移

出典:警察庁
出典:警察庁

 

しかしながら、1日あたり約126件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しており、まだ多くの住宅が被害にあって治安を脅かされています。

 

泥棒にとっては捕まるリスクが低い「空き家窃盗」

これから心配になってくるのが、人の目が届かない無防備な空き家への窃盗事案ではないでしょうか。

 

一人暮らしをしていた人が老人ホームなどの施設へ入所したり、不幸にして亡くなった場合には、その人が生活で使用していた電化製品、家具類、洋服などがそのまま残ってしまい窃盗犯の格好の餌食となってしまいます。

 

家族や親せきの人が近所で住んでいる場合には何かと後片付けなどの管理もできますが、近所にいない場合には、いくら門扉や玄関の戸締りをしっかりしていたとしても、無人になった空き家に窃盗犯は容易に侵入してしまいます。

 

住人の居なくなった空き家には、簡単に盗むことができ、価値の高い置物や美術骨董品、ときには現金や貴金属類などが残されており、新聞報道によれば、九州で古い空き家を狙って忍び込み、刀剣や骨董品を専門に盗難していたグループが逮捕されていました。

 

窃盗被害にあって、空き家から何か物がなくなっていても、盗まれたことに気づかないこともあり、泥棒にとっては捕まるリスクが減ることになってしまいます。

 

2014(平成26)年に警察庁が発表した統計資料によると、犯人が「窓」から侵入したとされる空き巣被害は63.6%となり、次いで「出入り口」が36.4%となっていることから、まず窓の防犯対策を見直すことが大切になります。

 

防犯関連の資料を見てみると、空き巣犯が窓からの侵入に5分以上かかった場合、8割近くは犯行を諦めるという結果が出ています。したがって、空き巣犯の侵入時間を長引かせるように、窓に補助錠などを取り付けて防犯対策を強化することが有効になります。

 

また、「空き家巡回サービス」と呼ばれるサービスもありますが、原則として空き家に荷物や貴重品を置かないことです。

NPO法人空き家サポートセンター 理事長
行政書士 

1949年、香川県生まれ。日本大学文理学部卒業。卒業後は陸上自衛隊の幹部自衛官として平成16年に2等陸佐(陸軍中佐)で37年間の勤務を終えた。その後、行政書士として登録し、その中で相続が行われず放置され増え続けている空き家問題に強い関心を持ち空き家対策事業に関わる。

日本の空き家総数は約820万戸(平成25年総務省統計局発表)で具体的な問題解決には行政も民間も手つかずに近い状態が続いている。空き家という負の遺産を富の遺産として空き家問題解決に熱意をもって取り組み各地で講演会や相談会を行っている。空き家問題には法律の専門知識が必要なことから国家資格者を中心とし空き家に特化したNPO法人空き家サポートセンターを理事長として運営している。また、将来は大学などの教育科目として「空き家学」の確立を目指している。

著者紹介

連載管理は? 相続は? 困った「空き家」問題への対応術

 

 

空き家大国ニッポン

空き家大国ニッポン

水谷 秀志

せせらぎ出版

えっ! 住宅の7軒に1軒は空き家!? これだけは知っておきたい、空き家活用と除去の基礎知識。 はじめに―深刻化する空き家・空き地問題 第1章 日本の空き家は今… 第2章 なぜ空き家は増え続けるのか? 第3章 空き家がひき…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧