値動き分析の勝率を高める「相場ストーリー」の読み方

今回は、値動き分析の勝率を高める「相場ストーリー」の読み方を見ていきます。※本連載は、バーニャマーケットフォーカスト代表で、外国為替ストラテジストとして活躍する、水上紀行氏の著書、『FX戦略投資 実践編』(扶桑社)の中から一部を抜粋し、FXの値動き分析の基本や、自動売買について解説します。

数値化が難しい「値動き分析」

この章(※書籍参照)では、値動き分析の基礎的な部分を紹介してきましたが、実践で使えるようになるには、ある程度の経験を積む必要があります。理由のひとつは、数値化するのが難しいからです。テクニカル分析のように過去のデータ数値を使う方法であれば、売買サインを明確に判断することができますが、値動き分析は数値化ができません。為替ディーラーが感覚的に使っているものなので、人によって判断が違うケースもあります。自分で経験を積みながら肌感覚でマスターするしかないのです。

 

しかし、値動き分析をマスターすれば、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析では説明のつかない相場の変動も理解できるようになります。

 

利益に対して貪欲なロンドン勢の手法

第3の分析法として値動き分析を取り入れることでFXの勝率を格段にアップさせることができるでしょう。値動き分析が特に力を発揮するのが相場のストーリーを考えるときです。私の経験からすると、ロンドン市場のスタート時に暴れまわるロンドン勢も値動き分析を利用して莫大な利益を得ているとしか思えません。

 

彼らは東京市場で積み上がったポジションをつぶして儲けようとします。そのために値動き分析を使って損切り注文のラインを見極めます。また、東京市場での値動きを分析し、ポジションの偏りも判断します。それを判断したうえで仕掛けてきます。たとえば、買いのポジションに偏っていると判断すれば大量の資金で売ってきます。そして、損切り注文が入ったラインまで売り浴びせロスカットをさせます。逆に売りポジションに偏っている場合には、大きな買いを仕掛けて相場を高値に誘導し、損切りをさせます。

 

ロンドン勢の手法は多くの投資家をいらだたせることもありますが、それだけ利益に対して貪欲だとも言えます。その点は見習うべきかもしれません。値動き分析を理解することで彼らの手口も予測できるようになります。

 

[図表]

 

本連載は、水上紀行氏の著書『FX戦略投資 実践編』(扶桑社)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「外国為替」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載著名外国為替ストラテジストによる「FX」実践講座

バーニャ マーケット フォーカスト 代表

1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)に入行。1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中。

著者紹介

FX戦略投資 実践編

FX戦略投資 実践編

水上 紀行

扶桑社

為替のプロが利益を出している値動き分析! 急落も急騰も原因は損切り。狙い目はジリ安、ジリ高相場だ!iサイクル注文「トレンド機能」はテクニカルチャートのクロスで反転売買! だからサラリーマンでも任せて稼げる!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧