「貿易収支」の動向を活用したFXの値動き分析

今回は、「貿易収支」の動向を活用したFXの値動き分析を紹介します。※本連載は、バーニャマーケットフォーカスト代表で、外国為替ストラテジストとして活躍する、水上紀行氏の著書、『FX戦略投資 実践編』(扶桑社)の中から一部を抜粋し、FXの値動き分析の基本や、自動売買について解説します。

中長期の売買にも活用できる「値動き分析」

ここまで値動き分析の特徴をお話ししてきましたが、おそらく「値動き分析は短期売買には使えるが、中長期の売買には向かない」と感じているのではないでしょうか。とすれば、それは誤解です。長期の値動きを判断する方法としても、十分に活用できます。例として、貿易収支を値動き分析に活用する方法を紹介しましょう。

 

貿易収支とは、日本が海外に輸出した金額と海外から輸入した金額の差額のことです。輸出の額よりも輸入の額が少なければ貿易黒字といい、多ければ貿易赤字といいます。

「円安圧力」になる日本の貿易黒字

貿易収支は為替にどのような影響を与えるのでしょうか。たとえば、貿易黒字になると、海外から受け取る外貨よりも支払う外貨のほうが多くなり、日本企業はそれを円に交換しなければなりません。ドル/円の「売り」になるので、為替市場に円高圧力をかけることになります。これが貿易統計に値動き分析を適用したときの相場予測です。

 

日本は長い間、貿易黒字が続いていました。ところが2011年に東日本大震災が起きて、貿易赤字に転じました。震災で原子力発電がストップし、火力発電のための液化天然ガスが大量に輸入されたからです。実際、貿易黒字の間は円高に、貿易赤字に転換後は円安になっています。

 

[図表]

バーニャ マーケット フォーカスト 代表

1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)に入行。1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中。

著者紹介

連載著名外国為替ストラテジストによる「FX」実践講座

本連載は、水上紀行氏の著書『FX戦略投資 実践編』(扶桑社)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

FX戦略投資 実践編

FX戦略投資 実践編

水上 紀行

扶桑社

為替のプロが利益を出している値動き分析! 急落も急騰も原因は損切り。狙い目はジリ安、ジリ高相場だ! サイクル注文「トレンド機能」はテクニカルチャートのクロスで反転売買! だからサラリーマンでも任せて稼げる!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧